PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆Pen y Fan登頂!

2012/9月の英国旅行記より。



この日は誰が言い出したか・・・山登り!!
南Walesで一番標高が高い山(といってもたったの886m!)、
Pen y Fan】へとレッツラゴ!です。
高尾山(599m)に毛が生えた程度だろ、「初心者向きコース」って書いてあるし。

     ・・・それは大きな間違いッ

ということに気付いたのは、登り始めて10分もしない頃だったでしょうか。
思いのほか、難儀な山でした。
いま思い出してもガクブル((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
1人で登ってたら、ぜったいに途中棄権してましたね・・・。←根性ナシ

まず、10時半くらいに登山口にたどり着いたときには時すでに遅し。
駐車場には車がいっぱいで、スペースなんてまったくありません。
しかたなく、路側帯に路駐。

いやーそれにしてもすごい人出ですこと!!
こんなに大勢の人間、老若男女、ワンコ、イギリスの地方ではほとんど
みないような大人数ですよ。
さすがアウトドアーな国だわ。


Walesってイギリスの中でも雨の多い地域です。
天気予報の最高気温などをにらめっこして、防寒対策を怠らないように
用意してきた私たちですが・・・。
逆にピーカンすぎて、暑かったです・・・。ううう。
N子さんなんて、山仕様のブルゾンまで購入したのに!!
その上、ラップトップ対応(?)という不思議ナップサックまで買ってるし!

121020-3.jpg

とっかかりは確かにハイキング気分でした。
こんな小川をまたいで、いざ山登り開始♪
最初はまだ、景色を見る余裕もありましたよ。
子供も老人もワンコも歩いてるし。

121020-4.jpg

・・・歩いて・・・んん?

121020-5.jpg

なんか、傾斜がきついんですけど!!!
ふくらはぎが尋常じゃないくらい、ピキーーーンってなるんですけど!!

121020.jpg

ふつう、日本の山道ってこんな感じじゃないですか?
頂上までの道は傾斜はそんなにきつくない、距離はかかるけど・・・。

121020-2.jpg

でもこの山道はこんな感じ。
ふもとから頂上まで尾根を一直線に登る感じ。(わかります?)
距離は短いかもしれないけど、信じられない傾斜道。
10歩も進むと、はぁはぁ、ぜいぜい、はぁはぁ、と立ち止まらずには
いられないほどです。

正直何度か心が折れそうになりました・・・。
心の中で、「もうダメ!」「もう死ぬ!」と繰り返す感じ。
それが、naokoさんのスティックを借りたら、ものすごい楽に登れて!
びっくり。
なるほど、登山にはやはりスティックが必要なのねぇ。
しかも両手にあったらなお良かったでしょうね。
今後のスティック購入を真剣に考えました。

インドアボーイのはずのRさんが我々よりも10mくらいいつも先行する
のが信じられません。さすがはイギリス産!<そういう問題?
暑いわ、汗はかくわ、喉は渇くわ、しんどいわ。
心臓が破けるかと思いました・・・。

121020-10.jpg

頂上一歩手前です。

砂岩っていうのかな。
岩と砂と砂利でできた山なので、歩きにくいです。

121020-12.jpg

ここで道は奥の山へ行くか手前の頂上へ行くか分かれます。
我々は手前の頂上に。(登りは2時間超くらい)

121020-13.jpg

これが奥の山。

121020-11.jpg

最後の10mくらい。
岩が大きい・・・。よじ登る勢いで。
がんばれっ!!

121020-9.jpg

いかなる苦しみにも終わりあり。

121020-8.jpg

頂上!!
おおー、雄大な景色!!
この辺りは最後の氷河期の爪あとだそうです。

高所が苦手なのに崖っぷちでたそがれるnaokoさん。お、落ちないでねっ!

121020-6.jpg

引くとこんな感じ。

121020-7.jpg
日本とは違い、柵も注意書きもありません。
すべては自己責任。
ここで子供が走り回ってるのが他人事ながら、こわーい!!

帰り道は登りとは別のルートを選択することもできましたが、
無難に同じルートにしました。くたびれ果ててたので。

下りには登りとは別の苦労が・・・。
砂利道なので、とにかく滑るのです!!
半端なく滑ります!!何度滑ったことか!!No受験生!!

だから、下半身を落とし、前のめりで一歩一歩踏みしめて降りないと
危険。

翌日の筋肉痛がこわ~い!!

行きより下りの方が楽だけど、危険度は高い・・・・。

ひーひー言って下山し、屋台でアイスを食べました。
美味しかったぁ。甘露ですね。


頂上手前での崖の上のジャンプ写真。
N子さん、naokoさんの炸裂っぷり。
UPされるのが楽しみ!!

| UK_2012 | 19:38 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■UskのB&B(4)

2012/9月の英国旅行記より。

えーっと。
いったいいつまで宿記事を・・・笑。

121019.jpg

結局ろっきょく、このB&Bの猫のHudsonは私とN子さんの部屋で
寝ました。
だって、夜中にやってきて「入れろ~!」と鳴くので。。。
「客室に入れてもいいのか?」と疑問に思うものの、宿の人は誰も
いないし。

それにヤツの寛ぎぶりから察するに、どーも、私たちゲストの方が
彼の部屋にお邪魔」してるみたいな雰囲気です・・・。
その証拠にヤツが落ち着いた椅子には猫毛がいっぱい。
おい・・・。(--;

とにかく、一晩眠って朝起きたら。
外はすごく幻想的な、

         朝もや。

121019-2.jpg

夜中に雨が降ったみたいで、緑は露にしっとりと濡れてます。
そんなわけで散歩する前に、長靴を取りに駐車場へ。

121019-3.jpg

うわー。
絵になる~!!

121019-4.jpg

小さなMaze。

121019-5.jpg

私たちが長靴でスクロールした跡が、ナメクジのように・・・。

121019-6.jpg

屋敷の裏側。

121019-7.jpg

実用的なキッチン・ガーデンでさえも、靄で幻想的。

121019-8.jpg

そして、さむーーーい!

121019-9.jpg

バケツにクローバーを植えただけなのに、なんでかっこいのさ?

121019-10.jpg

この深遠なる幻想を打ち破る、Hudsonという現実が・・・!

121019-11.jpg

柳で編んだ生垣に飛び乗る!

121019-12.jpg

サルみたい!

121019-13.jpg

前から後ろから激写するジャポネ・ガールズ!!

121019-14.jpg

見て。
このつっや艶の背中を!

121019-15.jpg

クモの巣でさえ、露が落ちてレースのよう。

121019-20.jpg

もはや、ゲージツの域。

121019-17.jpg

このガラスで出来た霜よけ、いいよねぇ。
ほしいなぁ・・・。

121019-16.jpg

花壇の脇の薔薇もシックな紫色。

121019-24.jpg

うっとり。

121019-23.jpg

ラブリーな薔薇も。

121019-21.jpg

葉ですら、美しいわ・・・。

121019-22.jpg
121019-18.jpg

チョコレートコスモス。
朝より夜の方が香ったな。

121019-19.jpg

これ、何でしたっけ?
名前が思い出せない。

そうこうする内にPatがやって来て、朝ごはんの時間。

121019-25.jpg

お茶と地元のリンゴジュース。

121019-26.jpg

ヨールグトとベリーのソース。

121019-27.jpg

朝ごはんもフツー。

さーて。
今日は南Walesで一番高い山で山登りの予定(無謀?)です!!
いざ出陣!!

| UK_2012 | 19:01 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■UskのB&B(3)

2012/9月の英国旅行記より。

さて、今夜は初日のsupper(夜食)をご紹介。

旅に出る前に調べた結果、このB&Bは辺鄙な場所にありそうだし、道も
狭そう。
真っ暗の夜道を車で食事に出かけるのは(私が)イヤだ!!
・・・というわけで。

1日目の夜は宿の人に用意をお願いしていました。
某記者のサイトの写真を見ると、こちらのオーナーはGayな方だけ
あって(<偏見?)食事にはこだわりがあるように感じたものだから、
きっと美味しい食事を出してくれるに違いない!!・・・ともくろんだ
わけです。

当ては・・・・

≫ Read More

| UK_2012 | 19:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■UskのB&B(2)

2012/9月の英国旅行記より。

B&Bの中のご紹介。

121014.jpg

まずは我々専用の居間。

121014-2.jpg

その隣が正式のダイニング。
でもいかにも中世のマナーハウス風で、薄ら寒い。温かみに欠ける。

121014-3.jpg

暖炉は大きいんですけどね・・・。
火が入ってないし!!

121014-4.jpg

オーナーがいれば、「この辺はお好きにどうぞ!」的な発言があったことと
思われます。

121014-5.jpg
121014-6.jpg

雰囲気はあります。

121014-7.jpg

ダイニングを出てすぐ正面下がったところに小部屋。
こちらは客室ではなく、オーナーの友人知人用だそうです。

121014-8.jpg

1人で泊まるなら、このサイズがいいなー。
広すぎる部屋は落ち着かないもので・・・。

121014-9.jpg

古い屋敷の壁は厚いです。

121014-10.jpg

2階へ続く階段は螺旋階段。

121014-11.jpg

扉のサイズも小さめ。
これは何の部屋の扉か不明。

121014-12.jpg

ここはRさんたちのお部屋の居間です。

121014-13.jpg

このハイバックチェア、年代モノ!!

121014-15.jpg

卓上には古い時代の手紙の束。

121014-14.jpg

こちらの窓から庭を見下ろすと、Mazeが見えます。

121014-16.jpg

さて、こちらがnaokoさんとRさんのお部屋。

121014-17.jpg

うーん、ユーレイでも出そうな雰囲気。
右手ドアの先にバスルームがあります。
左手のドアを開けると、用具入れをはさんで、我々の部屋へと繋がります。

こちらの部屋のバスルームにはバスタブの他にシャワー室があり、目ざとい
Rさんはそれを見込んでこの部屋を選択したとはN子嬢のうがったご意見。笑

ここから下が、私とN子さんのお部屋。

121014-18.jpg

広いです、とにかく!

121014-19.jpg
121014-21.jpg

そして薄暗い。笑
も少し、照明があればいいんですけど~~。
夜は読書も出来ないくらい、暗い!

121014-20.jpg

この窓は正面入り口の真上です。

121014-23.jpg

踊場を挟んで反対にバスルーム。

121014-24.jpg

かわいい旧式の洗面台。
使いづらいのが難点・・・。←根本的な問題では?

121014-25.jpg

お風呂の窓からも良い景色。

121014-22.jpg

この茶色い壁が、naokoさんたちのお部屋と行き来できる扉です。
ただし、向こう側からしか開きません。

私たちのバスルームにはシャワーがない(!)ので、結果的にお隣まで
遠征して使わせてもらうことに・・・。
ぬ、抜け目がないな、Rさん!!( ̄Д ̄)

| UK_2012 | 01:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■UskのB&B(1)

2012/9月の英国旅行記より。

本日から二泊するB&Bは某有名ガーデンデザイナーArne Maynard氏のもの。
(この前、Fネコちゃんと見に行った映画『ジェイン・エア』の舞台となった
邸宅【Haddon Hall】の庭の一部も彼が手がけてるそうな)

宿の場所は南東WalesのMonmouthshireはUsk近くです。
宿情報に「非常に細い道を抜けた先の、ハムレットにあります」とあるので
おっかなびっくりで進みますが、意外とアッサリたどり着けました!!

121013-5.jpg

こんな細道の先のどん詰まりに宿がありますので、車の音もしない、
とても静かな環境です。

121012.jpg

印象的な壁の色。
塗り替えたそうです。

121012-2.jpg

入り口。
我々が滞在中は残念ながら、オーナーのMaynard氏とそのパートナー氏は
不在。(ふたりはカップル♪)
代わりにPatという女性がお世話係(?)をしてくれたのですが・・・。

121012-17.jpg

なんというか、シャイなのかなー、あんまり積極的なお世話は
してくれませんでした。基本姿勢、放置。
この日は夕食もお願いしていました。(その話は後日!)

121013-3.jpg

彼女の愛国心溢れる(?)お車。
これでぴゅーっと来て、我々の世話をし終わったら、ぴゅーっと帰って
行く感じです。
常駐している人がいないという、B&Bには珍しい物件。

121012-10.jpg

とりあえず、出来合いのウェルシュパンケーキと紅茶を出してくれたので
まったりんぐ。

121012-11.jpg

パイン材のカップボード。

121012-13.jpg

本来はディナーはダイニングで取るのですが、今夜はキッチンで
お願いすることに。

121012-12.jpg

古いルネサンス様式のマナーハウスをうまい具合に現代式に
改築しています。いい感じ。
AGAだよー。憧れのっ。

121012-15.jpg

この廊下は我々の居間やダイニングへ続く廊下。

121012-14.jpg

建物の裏側の、パントリーやローンドリールームに続く廊下の壁には
ジャムがずらーり。

さて、お茶を飲んだ後は探検です!!

121012-3.jpg
121012-16.jpg
121012-4.jpg

屋敷の正面にはEspalier仕立てのリンゴの木。

121012-5.jpg

屋敷の裏手。
小高い丘に連なっていて、その先には菜園があります。・・・おっと。

121012-6.jpg

             ねこ、発見!!

121012-7.jpg

    ぼく、Hudson。ハドちゃんって呼んでいーよ。

121012-8.jpg

きれいで人懐こいオスネコです。
呼ぶと来る。

121012-9.jpg

なんか、毛並みがつっや艶です!!

ここには他にも住民がいて・・・。

121013-2.jpg

こんなのや、

121013.jpg

こんなのが菜園といわず、あちこち好き勝手に歩き回ってます。

121013-4.jpg

彼らの小屋はハイテク仕様で、タイマー制で扉が開閉する仕組み。
夜閉まったら、翌朝10時まで開きません。
門限に遅れたらキツネの餌食?!

長くなったので、次に続きます。

| UK_2012 | 19:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。