■Red Wharf Bay

2010/6の旅行記より。

宿のマダムに「シーフードが食べたい。どこか美味しい店は?」と聞いたら
「Anglesay島の東の海岸沿い、Red Wharf Bay辺りにレストランがあるわよ」
との答え。



ふむふむ。
わが相棒、TOMTOMのキヨシ氏に案内を頼む。

110227.jpg

距離は近いけれど、海岸へと下る細い道がよくわからない・・・。
ちょいちょい迷いつつ、Traeth Coch(Red Wharf Bay)に到着。

110227-2.jpg

天気は相変わらず、悪い。

110227-3.jpg

でもさほど寒くもないし、曇り空も嫌いじゃないのでこれはこれでOK。

110227-4.jpg

ところで、わが父方は代々海軍の家。
(父の名前は祖父の海軍時代の艦長の名前ってくらい。どんだけー
DNAに海軍エキスが入っているのか、海辺とか川辺が好きなんです。
海か山かと言われると山派(<あれ?)だけど。
基本的に水辺って大好き。

110227-5.jpg

船は何よりもまず、姿形が美しいと思うのです。

110227-6.jpg

水に浮いている姿も、陸に転がってる姿も風情がある。

110227-7.jpg

ヨット、いいですよねぇ・・・。うっとり
船体を洗ったり水抜きしたりするのはごめんだけど。←ぉぃ

しばし、海を眺めた後、いざ食事場所を決めましょう。

110227-8.jpg

う~~ん・・・困った!!
手前と奥に2軒の店が。
宿のマダムは「どちら」と言わなかった。「どっち」なの?!

一軒はパブっぽい感じ?
Ship Inn】という店で、1751年創建のお店。

110227-11.jpg

外から中はまったく見えません。ひと気もない。
玄関脇のメニューで類推するしかない。

110227-9.jpg

店先には看板代わりにこんな車が。

110227-10.jpg

形がかわいい。

もう一軒はけっこうにぎわっていて、【Boat House】という店。
こちらはカフェレストラン風。

しばし悩んだ挙句、ここに決めました!
中はすごく混んでいたので、一瞬「当たりか?!」と思いましたが・・・。

110227-12.jpg

黒板のそばの魚オブジェが海辺っぽい。

110227-13.jpg

インテリアもマリン調。

110227-14.jpg

スターターはJapanese prawns。えびふりゃー?
甘辛のチリソースで。

110227-15.jpg

メインはHalf lobster。まさに半分でバッサリやられてます。
でも食べるところ、少なし。
サラダとチップス付き。
ロブスター用バサミでえいっえいっとカットして食べます。

正直、味は今一歩でした。大味すぎ。茹ですぎ。

食後のコーヒーを飲んでいたら、隣の老人たちが席を立ち上がるのに
四苦八苦していたのでお手伝いしようとしたんですけど、これがまぁ、
難しい!!
介護にはちょっと慣れてる自分ですが、大柄な人の世話はまた別の話
なのねぇ・・・。

結局、ゆーーっくりゆーーっくり時間をかけて、自力でなんとか立ち
あがって帰られました。

この後は岬に回って、灯台を見て帰ります。

110228.jpg

なぜか、カナダを思い出す・・・。

110228-2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

willows66

Author:willows66
庭・旅行・美味しい料理・英文学・映画・ピアノ・猫・蛙フェチの女の日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ