PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Dolgellauで購入した本類(2)

Louis Gaussenの"Parables of Spring"。

101021.jpg

これはジャケ買いですね。
アールヌーヴォ的な雰囲気が好き。

101021-2.jpg

中はこんな感じで・・・。

101021-3.jpg

挿絵も変にファンシーではなく、ヨーロッパ的写実性でかわいくない(?)
ところもお気に入り。
内容は少し読んでみたところ、つまらないけど、まぁいいの。

101021-4.jpg

お次はHenry Austin Dobsonの2冊。

      Time goes, you say? Ah, no!
      時が過ぎ行くと汝はのたまうか?否や!

      Alas, Time stays, we go.
      あわれ、時はとどまり、我らが過ぎ去るのだ

という詩で有名な人です。
"The Story of Rosina, and Other Verses"(1895)と
"Proverbs in porcelain, and other verses"(1877)。
私が買ったのは1893年版ですけど。

101021-5.jpg

ネイヴィブルーの皮表紙に箔押し。

101021-6.jpg

"Proverbs in porcelain, and other verses"の表紙。

101021-13.jpg

"The Story of Rosina, and Other Verses"の表紙。

101021-8.jpg
101021-12.jpg

二つともVioletさんへ献呈されてますね。
筆跡も同じなので、誕生日の贈り物とかだったのかしら?

19世紀末、まだまだ本は高嶺の花でしたから。
折に触れて、記念として贈られたものでしょうね。

101021-7.jpg

こちらは中身。

101021-10.jpg

101021-11.jpg

挿絵のもくじ。
指の大きさと比べてみてくらさい。手すりの小鳥がかわいいー

101021-9.jpg

本の天辺と側面には箔で保護されています。


お次は児童書。
Robert Louis Stevensonの"A Child's Garden of Verses"。
これも今でも書店で普通に売ってますね。
ロングセラー?
作者は『宝島』や『バラントレーの若殿』などで有名な小説家です。

101022.jpg

最初は"Garden"という単語と、表紙の少女が熊手で掻いてたので、

        「・・・庭仕事の本?」

なーんて思って手に取りました。
中身は著者自身の詩や、ナーサリーライム、聖書、他の詩人の詩など。

101022-2.jpg

この表紙、よく見ると  がっ!!

101022-3.jpg

内表紙の少女。ぷっくぷくでちょっと毒があって、かわいい。
漫画家の波津彬子さんが描く唐子みたい。
この子が、最終見返りで、

101022-6.jpg

とんずら。
シーツのマントをなびかせて。
かわいすぎるっ!

101022-5.jpg
101022-4.jpg

他のページもいちいち、挿絵が細かくてすてき。
これは買いだったなぁ。
安かったし。

| UK_2010 | 00:28 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

真木ちゃんの本の好み、私も好き!
>内容は少し読んでみたところ、つまらないけど、まぁいいの。

とんずらする後ろ姿、いいっすね~
見てて楽しいわ。

| naoko | 2010/10/22 07:29 | URL | ≫ EDIT

v-535あ~~~~、これはいいわぁ~~~~。
もっと買いたかった気持ちわかります。
刺し絵がたまりません。背表紙まで隙なく素敵。
いや、ほんとイイ。はんこの参考にさせてもらいます^^

| ケロ | 2010/10/22 22:47 | URL | ≫ EDIT

本の好み

なんででしょう?
気が合う人や好きな人って、本の好みが近い!
naokoさんもv-535さんもこの本たち、お気に入ったようで嬉しいですi-237

| 真木 | 2010/10/24 21:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。