PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

B&B(PEAK DISTRICT:Matlock近郊)

さて、早速2013年の宿1軒目のご紹介。

今回の前半んも旅程はこんな感じです。

初日:ヒースローより一路、ピークディストリクト近郊Matlock近くへ
2日目:ピークディストリクト内
3~4日目:York近郊へ移動・宿泊
5日目:naokoさんをCrewe駅にてピックアップ、Matlock近郊へ
6日目:ピークにてトレッキング
7日目:買い物をしつつ、ロンドン近郊へ南下。naokoさん宅にお邪魔

最初の4日間は1人旅。
ヒースローからの4時間ドライブ。
つ、疲れました・・・!!(@@;
思った以上に!!死ぬかと思ったヨ!!

My TomtomのキヨシはM1を使えと言うんです。
が、そのM1がすごーーーく渋滞してましてっ。
金曜の17時といえば、帰宅ラッシュもありましょうが・・・。
いやはや。
2時間30分の予定が、渋滞も含め、3時間半は掛かりましたね・・・。
12時間の長距離フライトの後ですから、もう、フラフラ。
いやー、しんどかった!!

そもそも、ヒースローから国内線でマンチェスター空港にでも飛べば
いいんじゃない?というご意見もありましょう。

しかし、レンタタカー料金って、ONEWAYレンタルがすごく高いんです。
借りた場所と返す場所が違うだけで、2万円近く高いんですよ!!
だったら、ヒースローで借りてヒースローで返したいですよね??
ふぅ・・・。

長くなったので、宿の話は下で!



130710-2.jpg

こちらのB&Bは元々は農家とのこと。
広い敷地内には家畜小屋やファームショップ跡などがあります。
旦那様が足を悪くするまで、現役の農家だったんですって。
今も細々と馬やら鶏やらを飼ってるそうですが、大好きな豚はもう
飼ってないそうです。

130710.jpg

裏庭から。

130710-22.jpg

今年は春が本当に遅かった&時ならぬ雪や霜で、お庭はどこも
いまひとつ。
黄色いポピーの足元も土がもろだしですね・・・。

130710-21.jpg

コーンフラワーにオダマキ。

130710-20.jpg

花も好きですが、私は葉っぱも大好物。

130710-18.jpg

これ、なんですっけ?
青花は初めて見たかも・・・。

130710-17.jpg

石楠花。
私の趣味ではないんですが、とにかく例年よりも1ヶ月遅れくらいの気候
なので、石楠花大全盛!

130710-16.jpg

クレマチスさんも。

130710-14.jpg

ライラックのいい香り。

130710-15.jpg

すーはー。

130710-19.jpg

前庭には謎の仏陀が。
なんでも娘ムコがバンコックだかどこかにおられるとか。。。

130710-3.jpg

わたくしのお部屋。
壁の石がゴツゴツとしていて、北部っぽい感じ。

130710-4.jpg

お風呂も広いです。
お湯を溜めて、疲れを取るのに最適でした。

130710-5.jpg

ここがゲスト用の居間。
寛ぐ時間、Nothing!

130710-6.jpg

ダイニング。
壁に掛かっている動物の絵は・・・

130710-8.jpg
130710-9.jpg

わかります?
Pollyanna Pickering
さんという有名な画家さんです。
娘さんのお友達だとか・・・。

130710-7.jpg

食器棚のカップ。
かわいいお花型。

130710-10.jpg

窓の脇に開いた空間のところ。
この家の一番古い時代の部分のようです。

130710-11.jpg

ここに泊まってる間、他のゲスト2組とごいっしょでした。
一組は年配のご夫婦、もう一組は若いカップル。
この若者の英語が1ミリもわかりませんでした・・・・・・・。
バーミンガム訛り?
女性の英語はとても聞き取りやすかったんですけどねぇ。
彼女はとても絵に興味があって、おうちに飾る絵を探して歩いていて、
宿のマダムにもどこかいいギャラリーはないかどうか、壁のワンコ絵は
P女史のでしょ?すてきね、いいわね~!と大絶賛。

130710-12.jpg

超ハイスピードな英会話に付いていけないのでわしわし、食べてました。

130710-13.jpg

量は少なめにしてもらったもの。
他のみなさんはこの2倍をペロリ、でした。すげぇ。さすが!(@@;

| UK_2013 | 01:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

わーい、待ってました!いよいよ移動開始(笑)ですね^^
このあたりはまったく行った事がないので、興味津々です。
とっても素敵なB&Bですね。こんなところ泊まってみたい!
魅力的な旅程で、この続きもすごく楽しみにしています。
フルーツたっぷり、朝食がおいしそう、、、^^

| Saori | 2013/07/10 00:53 | URL | ≫ EDIT

えへ。

たぶん、イギリス人よりもイギリスを西へ東へ北へ南へと
旅行しまくっておりますわたくしでございます。v-398

在英の友人たちは皆、旅行というと知人や友人宅へ
寄せてもらうというパターンが多いみたいで、案外と
B&Bに泊まる機会が少ないそうです。
Saoriさんもきっとそうなんでしょうね。
B&Bはいろいろな意味でバクチ的要素が高い(笑)ので
たいへん楽しいですよ~!

| 真木 | 2013/07/10 10:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/6-030feadc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。