PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Chirk Castle(4)

Chirk Castle】の続き。終らない・・・。

今回は庭。

100828.jpg

庭への入口から入ると不思議なトピアリー。
これってちょっと、「アポロチョコ」みたいですねー。
遠足の定番だったなぁ・・・。

100828-2.jpg

庭・・・というか、城をぐるりと牧草地が取り囲んでます。
いや、むしろ「牧草地の真ん中に城がある」というべきか。

100828-3.jpg

ガンを飛ばす黒いアイツ。

100828-4.jpg

正直今年(2010/06初旬)は庭巡り的には不発。
いつになく春が遅く、お目当ての花(薔薇とか!)はほっとんど咲いておらず。
一月前の花(藤とかキングサリ、ロードデンドロン、菖蒲など)が盛りを少し
超えた辺りなんですもん。イヤになるわぁ。←庭が観光の主目的の人

100828-5.jpg

あ、友人Miriam(仮名)が大好きなLamb's ear(ワタチョロギ)だわ。
さわさわ。なでなで。
本当にウサギの耳っぽい肉厚な感じ!

この日はとにかくお天気がいいのが慰め。

100828-6.jpg

意味不明に巨大なチェス盤。
駒が私の腰高。でかっ

100828-7.jpg

しかし、青空は良いものです。
何もかもが、何割かマシですてきに見えるわ。
日差しがきつくて閉口するけれど。

100828-8.jpg

トピアリーの正体が掴めない・・・。
いったい、何を表現してるのかしら?

100828-9.jpg

このトピアリーも謎だわー。手前の彫像のポーズも謎!(胸に手?)
と、そこへ騒音公害発生!

      うぃぃ~~~~~ヴぃ~~~~~~んっ!!

100828-10.jpg

芝刈り機のおにーさん。
ちょっとしたトラクターだわね、こりゃ。

この庭は現在、3人の庭師と10人のヴォランティアの助力で成り立ってる
そうです。こーーーーんなに広いのに、たったそれだけ?!

この庭では20世紀初頭までは20人の庭師とその弟子、および下働きの少年たち
がいたそうです。
機械化された現在と、草刈さえナタで人力だった時代を単純に比べることは
できないけれど、やっぱり広さに比すと少ないんじゃないのかな~?

100828-11.jpg

てなことを考えると、芝刈りの騒音も気になりません・・・。(嘘だけど)
大いにやってくれたまえよ、にーさん!<たぶん、ヴォランティア

100828-12.jpg

さて、この木は何の木でしょ?
通りかかる人みんな、不思議そうに眺めていましたが。
私は他の庭でも見たことある・・・。

100828-13.jpg

後で調べたら、南米産の【Chilean Fire Bush】って言うものらしい。
「チリの炎の木」。
なるへそ。
言いえて妙なネーミングセンスね。
説明によるとbushもしくはsmall treeなんて書いてあるのですが、どうして
なかなか大木なんですけど?!5mはあるよ?
これで低木だと言うのかしら?

100828-14.jpg

そこへ突然、日本昔話の古民家発見!!
手前の赤い木はモミジだし。

100828-15.jpg

・・・と思ったら、これは【Hawk House(鷹小屋)】なんですって。
葡萄蔓が絡まる東屋風。
いにしえにはこちらで鷹でも飼ってたんですかねぇ。
金持ちは狩がお好きだからのぅ。

100828-16.jpg

何にせよ、日陰がありがたいのでしばし憩う。ふぅ。

100828-17.jpg

いい匂いがするな~と思ったら、日本の藤。満開。

100828-18.jpg

ホッとするわ、この和テイスト。
このハウスをぐるりと取り囲む雰囲気もまたなんとなく和風・・・。

100828-19.jpg

奥へ続く石の感じ、羊歯、

100828-20.jpg

儚げなフウロウソウ、山野草の数々。

100829-3.jpg

う・・・この花の名前もいつも忘れるぜ・・・なんだっけなんだっけ??
ブンブン丸ががんばって蜜を集めてる姿にしばし見とれる。。。カワイイ

100829-4.jpg

菖蒲も盛りを少し超えたところ。
うーむ。さしづめ、5月初旬~中旬といった感じかな?!

100829.jpg

キングサリも今が盛り。

100829-2.jpg

ロードデンドロンやアザレアも実にスクスク育ってます。

100829-5.jpg

「ハンカチの木」でしたっけ、これ。
もっといい名前はないものか?
ハンカチというより・・・洟をかんだ後のティッシュ風・・・。

100829-6.jpg

満開の巨大ロードデンドロン。
人影もまばらなこの辺りにて。

100829-7.jpg

ふっふっふっ。
ここで、自分撮りのテクニック(<と言うほどでもない)を会得したわたくし!!

上手に撮れてませんか~?
まるで人に撮ってもらったみたいでしょ。
うーーーんと手だけ伸ばして撮ってるのさ。
(ハタから見ると、【変な人】以外の何者でもない・・・
これでもう、「あなたの写真は退屈!変わり映えしない庭ばかりで人間が
写ってないんだもの」とは言わせねぇ。( ̄ー ̄ )フッ

100829-50.jpg

どうです、後姿だって撮れるんだぜぃ!!
すごーい!パチパチ。←自画自賛

100829-9.jpg

と、ひとしきりカメラで遊んでいると足元にヒマラヤン・ブルー・ポピーを
発見。
一時は幻の名花と言われましたが、いまどきどこの庭園でも咲いてますね。

100829-10.jpg

私は苦手だなぁ。
なんていうか・・・青すぎ!
小さな庭では間違いなく、浮きます・・・。寒冷地でないと栽培には
不向きですしね。他の植物と合わせにくい花だと思う。

100829-11.jpg

ところで、またまたブルーベル群落、発見。

100829-12.jpg

これもイギリスの春の花のイメージなんですが・・・。

100829-13.jpg

思いっきり、咲いてますねぇ。
もう6月だってのに。
もしかして、最近は意外にもフツーに6月でも咲いてるものなのかな?
今まで例えどこかで見かけても頭で「・・・咲いてるわけないし!」と
否定してたのかなぁ?うーん、思い出せない・・・。
いつも同じ時期にイギリスにいるので、見かけてたら気付くと思うの
だけれど。

100828-27.jpg

あれこれ考えつつ、庭の端へ到着。
これは羊の放牧地との境目のHa-ha

100828-26.jpg

下を覗き込むとネトル(イラクサ)がたっぷり咲いていて、ここから
落っこちたら痛いわ、這い上がれそうもないわで大惨事必至です!

100828-28.jpg

遠くに目をやると、煙が2本立ってますね。
あれ、Kronospan社の木材工場がある所で、その右手がChirk村、更に右には
Cadburyの工場があるらしいですよ。

100828-21.jpg

牧草地に背を向けて振り返ると、城が見えます。

100828-22.jpg

このヌーディスト。何の彫像でしょうねぇ?

100828-23.jpg

ごめんなさい、私には彫像男子のお尻を激写する趣味があります・・・。

100828-24.jpg

ここで、牧草地を振り向くとこんな感じ。

とにかく広いです。
とてもじゃないけど、全部周りきれない・・・。

| UK_2010 | 01:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ブンブン丸....
ふふふ
気に入った、この名前。
いつかネコ飼ったらつけたい
鴨。

| naoko | 2010/08/27 06:33 | URL | ≫ EDIT

ブンブン丸、にゃんこに?!v-12
い、いいのかな・・・?
ま、いっか!(naoko's catなら)

| 真木 | 2010/08/27 14:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT