| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■帰路

2018年6月の旅行記より。

さて、【どたばた☆女だらけのやじきた道中記】もいよいよ、ラスト。
朝、借りていたコテージを片付け、一路ロンドンへ!!

今日のスケジュールとしては、ロンドンに住むN子さんをNaokoさんの
最寄り駅近くまで、夕方のラッシュ前に電車に乗れるように送ること。
それ以外は未定でした。

まだ何もお宝をゲットしていなかったN子さんを始め、もう少しお買い物したい
気分があり、途中どこかに寄ろうということになりました。
大昔の記憶で、「たしかMarlboroughには大きなアンティークセンターや
アンティークショップがたくさんあった気がする・・・」という、私のあやふやな
情報(?)により、寄ってみました。
Marlboroughの町に近付くと、その手前には立派なカレッジ(?なのか、
パブリック・スクールなのか?)の門がありました。
「アナザー・カントリー」か「モーリス」かという、育ちのよさそうな坊ちゃまや
お嬢さまたちがわらわらと出入りしています。
(後で調べたら、[Marlborough College]という名門校だそうでございます)
ピッパ・ミドルトンも卒業生だってよ!( ゚ω゚)

町を貫く、長いハイストリートがメインストリート。
さて、どうする?
ネットで検索するも、アンティークショップは散見するようなんですが・・・。

どうも、私の記憶となんか違う・・・。(あれれれ?)

私が大昔に寄った時は、たしか一軒丸ごとアンティークセンターで。
ジョージアンの屋敷だったよーな?
検索すると、それは少し川の方へ下ったところが該当。
行ってみると、そこは閉鎖されていました・・・。ショック!
後で調べたら、Newburyへ移転したようです。

オーナーのGary Wilkinson曰く、
「Marlboroughは死んでる!地価の上昇は売り上げに見合わない!高すぎる!」
とのこと。なるほどね・・・。
そういえば、ここのハイストリートはイギリスで2番目に長いと言われるほど
なんですが、店はどこにでもあるチェーン店ばかりなりけり。。。

結果的に、ほとんど得られるものもなく。時間も迫ってきたので
お昼を取って、帰ろうということに。
めぼしいお店をチェックしながら、一番奥のカレッジ寄りのカフェに
入ることにしました。←野性の勘

私たちは奥の中庭に席を取りました。
庭は奥へ上がって伸びて行く感じで、ちょうど昼時すぎということもあってか
たくさんのお客が座っていました。
奥の、てっぺんには鬱蒼とした木が茂り、たくさんのカレッジの青年や少年が
奥へ上っていきます。
(後で覗きに行ったら、木で囲まれた秘密基地みたいなテラス席でした)

私たちの近くのカップルは女性が喫煙者で最悪ー(@@;
屋内禁煙が進むと、外席は喫煙被害をこうむりがち・・・。

181011.jpg

私はカツにしたのだっけ?
付け合わせの惣菜3種も、コーヒーも美味しかった。
美味しくてしゃれた飲食店があるのは、やはり都会(ここはロンドンから
1時間圏内)の証拠。トイレも広かったー!
全体的におPosh感漂う町、でした。

時は水曜の夕方前。
そろそろ道路も電車も混み出す直前。
のんびりした田舎を回ってきたせいか、都会のゴミゴミした感じに四苦八苦
してなんとか駅へ辿り着き、N子さんとはこちらでお別れです。

     さ、寂しい・・・!!(;_;)

旅慣れたN子さんはケースを引っ張り、さっそうと駅へ向かいます。
お疲れ様、今日はよく休んでねーっ!

残されたわたくしとNaokoさんは一路、Sushi子とRさんの待つおうちへ帰り
ますが・・・。この日は運悪く、いつもの道路が工事のためか閉鎖されており、
手動の(?)Naokoナビで細い道をうねうね帰ることに。
道路の細さ、慣れない迂回路という緊張感で、へとへとになりながら
通常の倍以上かかって、やっと帰還。

     帰ったどーっ! ←人様のお宅です(^^;

クールなSushi子とそのマスターR(こちらもクール)の顔を見て、
「ああー、(前半の)旅も終わったのだなぁ」と感慨ひとしお。

181011-2.jpg

黒い毛玉にしかみえませんけど、Shushiさまです。
ほわっほわですが、身は細いです。。。うちのなっつんの半分くらい

181011-8.jpg

シェフR(←1人何役?)がチキンの丸焼きを用意してくれました♪
まだ日もあるし、お庭でいただくことに。

181011-3.jpg

チキンもポテトもソースも美味しかった~!
暑かったのかしら、シャンディだ。
お店でいただくのよりよほどリッチじゃないですか?!

181011-7.jpg

振り向くと、Sushi子さまもいて。

181011-9.jpg

私の手から、おやつを。
むっしゃむっしゃ。

181011-4.jpg

この時はまだ6月の2週目ということで、まさかあれほどの高温と乾燥が
イギリスを席巻するとは・・・でしたねぇ。
思い起こせば、いつもより芝が乾燥気味でしたけど・・・。

181011-5.jpg

お隣との垣根の上(数センチしかないのに!)を敏捷にキャットウォーク
するSushiさま。

181011-6.jpg

そして、

         撮れば?

と言わんがばかりに、ポーズ!(^^;
それでいて、撮ろうとすると視線がフイっと・・・。わーん!!

| UK_2018 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/478-675e6361

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。