PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◆Dalemain(2)

2017年6月の旅行記より。

[The Dalemain House & Gardens]の続き、お庭編。

170809.jpg

瀟洒なジョージアン・ハウスの中のお宝見学会を済ませた我々は、
小雨と風の吹き荒れる中、本日のメイン・イベントでもあるお庭見学へ
参ります。

170809-2.jpg

まずは建物の南側に面した[Terrace border]。

170809-3.jpg

この辺は強い風も吹きつけますし、乾燥するらしい。
(TVで女主人、Janeさんが言ってました)

170809-4.jpg

なので、乾燥に強い植物を植えているそうです。

170809-5.jpg

天気がイマイチなのが惜しいわー。

170809-6.jpg

渋い色味のジャーマン・アイリス。
銀葉と一緒だとよけに引き立ちますね。

170809-7.jpg

この奥はメイズになってます。

170809-59.jpg

斑入りの葉っぱもきれい。

170809-8.jpg

紫と黄色。
日本でだと派手すぎるけれど、ここは北の大地。
これくらいのビビッドさがないとやりきれない。

170809-9.jpg

テラスからの眺め。
手前には黄色のジャイアント・スカビオサ、丘には羊が点在し、奥は
靄でかすんで幽玄・・・。

170809-10.jpg

こちらは[Knot garden]です。

170809-11.jpg

この一角はハーブガーデンになっていて、

170809-12.jpg

とてもロマンティック。

170809-13.jpg

キャットニップの植え込みには猫の、

170809-14.jpg

リス草の植え込みにはリスのネームボード。
かわいい!
私たちは会えませんでしたが、この庭には今や絶滅危惧種の赤リスが
棲息してるらしいですよ。運が良ければ会えるかも?!

170809-15.jpg

イチイのノット・ガーデンの後ろの大木はギリシャモミ。

170809-16.jpg

何年か前、木の一部は枯れ落ちたそうですが、なんとか再生しています。

170809-17.jpg

この根の辺りの植え込みはJaneさんがされているそう。
木の根に植物を植えるのはなかなか大胆な・・・。

170809-18.jpg

アイリス系の花。

170809-19.jpg

[Apple walk]。
リンゴと薔薇、クレマチスなどのボーダーです。

170809-20.jpg

なかなか面白い柄です。
なんだろう、これ。

170809-21.jpg

控えめで、それでいて一つの統一されたセンスを感じさせる庭。

170809-22.jpg

・・・いいわ、好きだわ。このお庭。

170809-23.jpg

なんて長いボーダーでしょう。

170809-24.jpg

紅薔薇も美しい。

170809-25.jpg

ポロンとしたトピアリー。

170809-26.jpg

シダやホスタなど、葉が美しい一角。

170809-27.jpg

どこにでもある紫色のゲラニウム。それが奥床しい。

170809-28.jpg

デルフィニウム。

170809-29.jpg

雨のせいか、お庭は貸し切り状態でございます。笑

170809-30.jpg

このかわいい薔薇!
庭の主のJaneさんにぴったりな感じです。

170809-31.jpg

突き当りから、これまで来た道を振り返って。
長い・・・!

170809-32.jpg

藤は終わってました。何色の藤なのかなー?
この先は[Stump garden]です。
少し行ってみましたが、森林道みたいな感じ。

170809-33.jpg

ピンクのゲラニウムとルピナス。

170809-34.jpg

アストランティア。

170809-35.jpg

ボーダーの脇の芝庭。

170809-36.jpg

芍薬。

170809-37.jpg

ころんころん、トピアリー。

170809-38.jpg

ここで雨脚が激しくなったので、木の下ですこし待ちました・・・。
カメラが濡れちゃう!!

170809-39.jpg

おっ。
これは噂の、ヒマラヤン・ポピーでは?!

170809-40.jpg

さて、川沿いの[Wild garden]へ降りましょう。

170809-41.jpg

     お、お、お~~っ!!

こ、これは!!
ヒマラヤン・ポピーの群生です!

170809-42.jpg

普通のヒマラヤン・ポピーは青色一色なんですが、こちらのは紫と青の
混じったような、まるで熱帯魚のネオンテトラのような蛍光カラー。

170809-43.jpg

丈は1mくらいでしょうか。

170809-44.jpg

真ん中は青くて、端っこに紫が混じるようですね。

170809-45.jpg

すごーい!

170809-46.jpg

ヒマラヤン・ポピーの新種、その名もずばり、[Dalemain]です。

170809-47.jpg

ちょうど満開の時期に来られて感無量。
(参考までに。撮影は2017/6/11)

170809-48.jpg

藻でいっぱいですけど、ここは池。

170809-49.jpg

上の庭と下の庭の間の斜面に設けられていたのは、歴代ペットのお墓。

170809-50.jpg

   "忠実なるJOCK 1942-56"

170809-51.jpg

   "最愛のポニー Dalemain Nettle 1968-1989"

などなど・・・。
犬、猫、馬。
これまで屋敷で大切にされた四足たちの、最後の住処。

170809-52.jpg

そして、イギリス人の大好きな(?)、グンネラです。
M(162cm)と比べてこの大きさ!!
寒さに弱い植物なので、冬にはきっと毛布を被ることになると思います。。。

170809-53.jpg

そばを流れる川は、小さいながらもかなり水量もあり、流れも速い。

170809-54.jpg

この川が何年か前に氾濫して、先ほどのポピーの辺りまで水浸しに
なったそうです。
ポピーももはやこれまでか、と諦めたJaneさん。
しかし、川は養分を土に運んだようで、翌年ポピーは見事に再生したそうです。

170809-55.jpg

こ、これは[The Lost Gardens of Heligan]のパクリ・・・?!

170809-56.jpg

うむ・・・。ま、なんでもありよね。もともと個人の庭なんだし。笑

170809-57.jpg

さて、問題です。
このトピアリーはいったい、何を表しているでしょうか?

170809-58.jpg

私は「」だと思ったんです!!(実線参照)
Mにも偉そうにそう主張しました。←その自信はどこから・・・。
ところが・・・。

なんとこれ、公式にはドラゴンらしいんです。
ドラゴン?!(@@;
見えへんがな、どう見ても猫やろーーーっ?!

・・・というわけで、私の中では「猫」です。ハイ。

170809-60.jpg

庭巡りも終わり。
帰る頃に陽が射してきましたよぅ・・・・。(;_;)

売店でマーマレードを試食しまくりました。←マーマレード・フェスティヴァルで有名なので
マーマレードって奥深いのねぇ。

| UK_2017 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/457-64564d33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT