PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◆Dalemain

2017年6月の旅行記より。

3日間お世話になった、居心地のいいコテージをチェックアウトして、
我々はいったん、湖水地方を離れ北東方面へ移動します。

毎日焼き菓子を焼いてくれたり、観光の助言などもいただきつつ、
自由にもさせてもらって、すごく良い宿でした。
とても清潔で、広々としたスペース。
後で考えると最初のこの宿が一番、よかったかもねぇ・・・。

さて、旦那さんと娘さん、2匹の犬にも見送られて一路、東へ!

本日のメインイベントは、Penrith近くの[The Dalemain House & Gardens]。

『魔法の庭 ダルメイン~イギリス湖水地方の田園ライフ~』(2016)、
『魔法の庭 ダルメイン~秋冬 そして 春~』(2017)という2本が
NHKで放映されて以来、行ってみたいな~と思ってました。

こちらのお屋敷の女主人、Jane Hasell-McCoshさんはNHKが現在
イチ推し(?)している、期待のマダムなのです。
今は亡きアメリカのTasha Tudor、京都のVenetia Stanley-Smith(死んでない!)
に続く、スター候補生です。

170809.jpg

あ・・・曲がってる・・・笑。
というのもですねー。
この日も残念ながら雨!!小雨そぼ降るお天気でした・・・。
傘差しながら写真を撮るというのは、かなり難しいものがあります。

まずは駐車場に車を停め、受付で入場料を払うのですが、スタッフは
村人かボランティアと思しき中高年女性陣。
おばあちゃまがもたもたと対応してくれるのですが、どうやら我々を
日本人と見抜いたみたいで、日本語の簡単な館内案内があったはずと
探してくれます。
そうこうする内に、女主人のJaneさんも登場!
とても低くてまろやかな知的で優しい声、気負わぬ普段通りの庭仕事
ファッション。

  「あなたがた、日本からいらしたの?」

  「はい、TV見ました!*^^*きゃっ」

  「第2弾の秋冬編、もう見られたかしら?私はまだ見てないのよ」

  「あっ、放映されました。息子さん、足骨折されてましたけど、もう
  大丈夫ですか?」

  「すっかり治りましたよ。ごめんなさいね、日本語のガイドはこれしか
  ないから、さしあげられないんだけど・・・。読んだら後で感想を聞かせてね」

と、渡されたのはA4のコピー用紙に書かれた案内。
ただ、誰かが(Google翻訳?)直訳したのか、内容は意味をなさない
ところも多々あり・・・。時間があれば直してあげたんですけど。

というか、Dalemain、屋敷自体のガイドブックすらありません。(2017年現在)

館内はガイドによるツアーのみで、贅沢なことに1-2組毎にガイドが
付いて案内してくれるのですが、我々のように語学に堪能じゃない
観光客にはこれはけっこう厳しい。笑
せめて後で学習できるようなガイドブックがあればねぇ・・・。

屋敷内は写真撮影が禁じられているし、ガイドブックはないしで、
もう見たものすらなかなか思い出せません(ぉぃ)けど、立派な中国製の
手書きの壁紙の部屋や、ハウスキーパーの部屋の奥の納戸と
1階のキッチンとを繋ぐ[Priest hole]なんぞも見せてもらいました。
ガイドさんが話してくれたこと、その場では覚えてるのに、すぐに
書き留めないとすべて忘れますね。(^^;

とりあえず、この屋敷の説明としては・・・。

少なくともSaxon時代にはすでにここには地所があり、Dalemainという
名前は"manor in the valley"を意味するそうです。
最初の記録としては、Henry 2世時代に遡り、野蛮なスコットランドの侵入と
戦う一大軍事要塞の一つでした。

その後、マナーハウス化し、末期チューダー朝の有力貴族女性であった
Lady Anne Cliffordの家令をしていたSir Edward Hasellが1679年に
屋敷を手に入れて以来、代々Hasell家のものとなりました。
現在の当主は12代目です。

ちなみに、このLady Anne Cliffordという人は自らの権利による女男爵で、
(つまり、「男爵夫人」ではないということ)
第3代Dorset伯爵Richard Sackvilleという放蕩者と結婚。
このRichardはかの有名な[Knole]を有する、南の権門。
たいして、Lady Anneは北の名門です。

Lady Anneは父親によって奪われ、叔父に与えられた自らの女男爵の
権利を取り戻す訴訟を戦っていました。
その後ろ盾として、夫の助力を頼みたかったのに、この夫、国王James1世に
よる仲裁で得られる、わずかばかりの補償金欲しさに和解に応じる始末。

Lady Anneはこの、女性には何の権利もないような時代に一人、孤軍奮闘し、
「従わない女」として世間から糾弾され、辱めを受けます。

しかし、神は彼女を見放さなかった。

結局、父親の企みで叔父に奪われた彼女の権利は、叔父と従兄弟の早世
により、彼女の手に帰します。
それは1649年のこと、彼女は59歳になっていました。
40年間叔父に奪われていた権利と爵位、数々の城や地所を取り戻します。

彼女は日記や書簡をまとめた本も出しています。
86歳で生涯を閉じた後、彼女の戦って得たタイトルや地所は長女Margaretと
その夫である第2代Thanet伯爵John Tuftonとの間の子供に引き継がれました。

Lady Anneが1676年に死去し、その家令であったSir Edward Hasellが
3年後の1679年にDalmainを手に入れてるわけです。
その費用の一部なりと、Lady Anneの遺産から出てるかもしれません。
というか、失礼ながら、家令ごとき身分の者でもこんなに立派な准貴族的な
屋敷を持てたことに驚きます。Sirってあるし、もともと騎士の家系だったのか?

屋敷中を拝見して、カフェでランチ。
外は雨風激しく、とても寒く。
中世の使用人の食事ホールだったというカフェには大きな暖炉に火が
入っています。
その前のテーブルには老夫婦。

寒そうな私たちが火から遠い席に座ろうとすると、老夫婦から
「ここは暖かいわよ」「こっちにお座りなさい」と。
遠慮せず火の前に同席させていただきました。

170818-2.jpg

さて、オーダー。
菜園から取れたての、野菜たっぷりポークパイ。
残念ながら、パイは冷たかった・・・。
野菜は武骨な、いにしえの日本の野菜のような強い味がしました。
特にトマトとキュウリ。玉ねぎも。

アルバイトも地元の高校生男女らしく、初々しい。
なんというか、地域一体型?と言うんでしょうか。
みなさん、和気あいあいとしていてとてもいい雰囲気です。
コーヒーはあまり美味しくはありませんでしたけど。笑

老夫婦はアイルランドからホリデーでやってきたそうです。
あいにくの天気で残念ですねー。
湖水地方だからねー。みたいな。笑

さーて、お次はいよいよお庭です!

| UK_2017 | 01:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/455-d6f6b4c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT