PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Salisbury近郊のすてきB&B

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、ねちねちと見学した[Mottisfont Abbey Garden]から一路、西へ。
今夜からはSalisburyにほど近い宿に泊まります。
ほそ~い、ほそ~~いNarrow roadの右手にいきなり、

170407.jpg

    ホビットの家

みたいな、メルヘンチックな茅葺屋根の絵に描いたようなコテージが。

170407-2.jpg

かわいすぎる・・・。
後に私の部屋になるのは増設された左手の2階部分です。
手前の車が、例の繊細なハイテクカーです・・・。

170407-3.jpg

この小道を上ると、家の裏手の高台につながっています。

170407-4.jpg

この日は降ったり止んだりのイギリスらしい天気。

170407-5.jpg

レディズ・マントル(アルケミラ)には雨の滴が美しく載っています。

170407-6.jpg

裏庭には物置小屋や肥料や貯蔵小屋、温室があります。

170407-7.jpg

おお~!!これは!!

イギリスの田舎を旅行すると、よく庭先にオブジェとして置かれている
ネズミ返しの石です。
実際に高床式の石として使われているのを見るのは初めて。

170407-8.jpg

あ・・・歩きたいなぁ・・・・。
こういう広々とした道、いいなぁ。
パブリックフットパスなら後で歩きたいなぁ。(と思ったものの、そのまま忘れました・・・)

170407-9.jpg

このB&Bのポタジェです。
かなり、本格的に野菜を育てていてどれもおいしそうです。
多種類だし。

170407-10.jpg

振り返ると、私のお部屋のテラス。

170407-11.jpg

テラスを背に右に回って下へ降りていくと、バックヤードに繋がります。

170407-12.jpg

ここから見ると私の部屋は1階っぽく見えますが、ここは実は2階相当の
高さにあります。

170407-13.jpg

部屋から庭へすぐ出れるって素敵。

170407-14.jpg

ゼラニウムってどうにも好きになれないお花なんですけど、これはいいな~。
イギリスで見るとゼラニウムでさえも素敵に見えるのはなぜ?笑

170407-15.jpg

テラスから部屋に入るとすぐ左手にバスルーム。

170407-16.jpg

トイレに、

170407-17.jpg

シャワーブース。
写真で見える倍の広さ、奥まで広くて、いっぺんに5人は入れそうな。
・・・入らないけど。^^;
お湯もパワーがあって、すばらしいです。

洗面台には女性が必要とするあらゆるこまごましたものがすでに揃ってて、
なんというか、「ここ、絶対に娘さんの使っていた部屋に違いない!」という
気がしました。笑

170407-18.jpg

この窓からはバックヤードの白薔薇が見えます。

170407-19.jpg

デヴァン(昼用の寝椅子)の横の窓からは通り側が見えます。

170407-20.jpg

クラシカルなベッドに、清潔かつゴージャスなベッドリネン。
なんかもう・・・。
足りないものは何にもありませんよ・・・。

そうこうするうちに、階下からお茶が入ったとの呼び声。

170407-21.jpg

居間です。

170407-23.jpg

たーっぷりのコーヒーにマダムお手製のレモンケーキ。

170407-24.jpg

ボリューミィ。
しかし、全然甘ったるくないのでぺろりと食べ切れます。
美味しい!

170407-22.jpg

マダムご夫婦、近所にお住いの伯母様(84)の家で食事会があり、
悪いけど出てしまうわねと。
ちょうどこの日、女王陛下の公式お誕生日でもあり、TVを点けてくれました。
うわ、なんて派手なフーシャピンク・・・!(@@;お似合いですけどっ!笑

170407-26.jpg

TVはもちろん、日本製でございます。

わたくし的見解では、イギリスにおいて余裕があって知識があって趣味がよく、
教養がある層はL●だのSAMS●NGだのをお選びにならない。
TVのメーカーでその人の選択眼というか審美眼というかポリシーが
見えるといいますか。。。←言い過ぎ?

170407-25.jpg

マダムたちは出かけてしまいましたが、おうちにはとてもおとなしくて
賢いBellaちゃんもいます。

170407-27.jpg

大好きなベイウィンドウシートに腰かけて道を眺めるもよし。

170407-28.jpg

とりあえず、今夜は外食しないつもりでしたので、購入したサンドイッチと
スコーンをいただきました。

すると、奥からニャンが・・・!!

170407-29.jpg

        のしっ

170407-30.jpg

        のしのしのしっ!

ぎゃーーーーっ(@@;
いきなり登ってきた~~!!
(紫のギンガムチェック、私のブラウスです)

170407-31.jpg

         Grrrrrgrrrrr..... Grrrrrrgrrrrrrrr....

170407-32.jpg

しまいにはヨダレまでっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

なんなの、この子。この並外れた甘えぶりは・・・。
うちの飼い猫だって私にこんなことしないのにっ。←それはそれでどうなの?

170407-33.jpg

ひとしきり甘え倒した後、私を蹴って飛び降りました。猫って・・・。(--;
そして、このシルエット。
なんてぽっちゃり。
なんか、わがやのタヌコにそっくり・・・。

後でマダムにこの子のことを聞いたら、「あらあの子、人に懐かない、
外にばかり出てるワイルドキャットなのよ~!珍しいわねぇ」だって。
とにかく、猫を撫でてると、足元でわんこのBellaが「私もかまって!」と
嫉妬するし、わんこを撫でると、にゃんが怒るという・・・モテ期?!

猫エキスを補充して、おうち探検!

170407-34.jpg

こちらがダイニングです。
朝ごはんはここでって言ってました。

170407-35.jpg

暖炉はストーブに変えてあり、

170407-36.jpg

至る所にアートと生花。

170407-37.jpg

こちらのベイウィンドウシートには蘭の花。
胡蝶蘭は苦手だけど、こういう小さい花がつくのはきれいね。

170407-38.jpg

外はまた雨がざざっと。

170407-39.jpg

コーンフラワーに紅白のゼラニウム。

170407-40.jpg

ランドリーコーナー(兼、簡易温室?)に、

170407-41.jpg

キッチン。

170407-43.jpg

軽自動車一台買えるという、AGAさまが鎮座ましましてます。
時刻は夜の8時!この明るさ!

170407-44.jpg

雨が降ってるから出られないけど、ここからバックヤードへ出られます。

170407-45.jpg

階段脇には家族のポートレートがたくさん。
こちら、マダムのお母さんの子供の頃のお写真。

170407-46.jpg

お母さま。
アガサ・クリスティの登場人物みたい。

170407-50.jpg

戦争中かな?

170407-47.jpg

お父様かな。。。

170407-48.jpg

テディベアといっしょなのが、イギリスっぽいです。

170407-49.jpg

こちらはマダムかな?
こちらもテディベアと。

170407-51.jpg

かわいいお洋服!
女の子のあがってる気分まで映ってる。(^^)

170407-52.jpg

ぐんと時代が下がって、こちらはマダムと旦那様のブイブイ言わせていた
頃のお写真。笑
70年代か80年代初めかなぁ??
マダムは19で結婚したんだって。
旦那様は10歳上の海軍士官。

170407-53.jpg

さて、2階の私の部屋へどうぞ!

170407-54.jpg

もう、自分の部屋みたいな気がする。笑

170407-55.jpg

雨は止んだけど、ベンチは濡れて座れないのが残念。

170407-56.jpg

美しい薔薇が咲き、

170407-58.jpg

さすがのイギリスでも徐々に日が陰り、

170407-57.jpg

聞こえるのは背の高い梢を揺らす風の音だけ。

170407-59.jpg

いや、本当に今回は宿選びが全部当たりでした!
このすてきなB&Bに3泊できる幸せ。
私は本当に運がいいなぁ。(^^)

| UK_2016 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/435-711349da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT