◆Mottisfont Abbey Garden in 2016

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、この日はナショナルトラストの中でも大人気のプロパティ、
薔薇好きの聖地、[Mottisfont Abbey Garden]へ参りますよ。

170303.jpg

こちらはTest川が敷地に流れています。

170303-2.jpg

イギリスの川って、流れが緩やかなところが多いけれど、Test川は
水量も豊かな方だし、流れが速い。

170303-5.jpg

屋敷は正面奥にあります。

170303-3.jpg

Test川へ流れ込む小川。
この辺りの遊歩道は新しく整備されたもの。
以前にはありませんでした。

170303-4.jpg

この上流に何があるかというと・・・。

170303-6.jpg

泉です。

170303-7.jpg

今でもここから滾々と清水が湧き出しています。
ここが、[Mottisfont]の語源にも繋がってると思われます。
このプロパティはもともとは13世紀に小修道院(priory)として建造された
ものです。
だから、"Abbey"(大修道院)というのはまったくの誤用です。
というか、元々はただの[Mottisfont]だったものを、後世の所有者が格を
上げようと(?)[Mottisfont Abbey]と変更したんです。人間って・・・。(--;

1530年代に行われたHenry8世の[Dissolution of the Monasteries]
(修道院解散令)で、修道院は取り上げられ、貴族らに売り払われました。
このプロパティはHenry8世のお気に入りの政治家であった、
Sir William Sandys(初代Sandys男爵)に与えられました。

彼は修道院を取り壊すのではなく、その後に改修したテューダー様式の
建物とフィットさせました。
その後、18世紀に屋敷を所有したMill家は修道院の柱廊とテューダー様式
の中庭を壊し、モダンなファサードに変えました。
例の、"Abbey"を屋敷の名前に付け加えた見栄っ張りな連中はこの人たち
です。(-_-)

それはともかく、いざや薔薇園へ参りましょう!

170303-8.jpg

この辺りはナショナルトラストのカフェ・キオスクや、薔薇の苗の直売
コーナー、それにトイレなどがあるところです。
薔薇園の手前だというのに、この見事な咲きっぷりを観よ!です。

170303-9.jpg

手前の黄色い薔薇は、有名なDavid Austin社の[Graham Thomas]です。

170303-10.jpg

おや、この子は・・・・!

170303-11.jpg

この微妙なモーヴ・ピンク。そして特徴的なあの匂い。
そう、こいつは[Ayreshire Splendens]です。
Lewes近くのB&Bにあったペンキの匂いの薔薇。。。

170303-12.jpg

ここへ来て、雨が・・・!!
かなりの本降り。

170303-13.jpg

雨宿りしつつ、だましだまし、撮影。

170303-14.jpg

うわぁ~・・・。
うちの派手好きなママンが好きそうな(つまり、私が苦手な)薔薇だ~。

170303-15.jpg

これは好き。
上品でデリケートな色合い。

170303-16.jpg

きれいです。

170303-17.jpg

雨の滴もまた、絵になりますね。

170303-18.jpg

Graham Thomasはかなり、黄色の強い薔薇なのですが、こちらは
優しいレモンイエロー。
こちらの方が私は好き。名前はわからないけれど。

170303-20.jpg

絞りの入ったゲラニウム。これもいいなぁ。

170303-21.jpg

雨で濡れて、ややもっさり感が・・・。

170303-22.jpg

イングリッシュローズですね。

170303-23.jpg

[Thisbe]。モダン・シュラブ。

170304.jpg

雨もほぼ上がったので、中へ入りましょう!
ここからもう、薔薇のいい匂いがしてますよ~!

170304-2.jpg

逸る心を抑えつけ、まずは俯瞰。

170304-3.jpg

そうだなぁ・・・。

170304-4.jpg

     10日、早かったかな・・・。(--;

・・・と。
まぁ、いつものことですけどね。

私がここを訪れたのは、日付で言いますと、2016年6月12日。
イギリスの薔薇の最盛期はだいたい、6月の3週目か4週目。
なので、いつも少しばかり早いんですよね。
仕事の都合で仕方ないのですが、毎回、やっぱり悔しいです。笑

170304-5.jpg

でも、この庭はよくある薔薇園のように、「薔薇しか植えられてない」のでは
なく、コンパニオン・プランツも豊富。
ですから、薔薇には少し早くても他にも見どころは満載過ぎるほど満載。

170304-6.jpg

手前はニゲラ、奥は芍薬。

170304-7.jpg

桜の散った後みたい。

170304-8.jpg

かわいい、小さめの一重の薔薇。

170304-9.jpg

[Hibernica]の変わり種?

170304-10.jpg

壁で囲まれた薔薇園は外からの冷たい風を防ぎます。

170304-11.jpg

白いジギタリス(園芸種)と、ジャーマンアイリス。

170304-12.jpg

[Adélaïde d'Orléans]のアーチは見事に満開!

170304-24.jpg

この子は早咲きの品種なのよね。
薔薇は咲く時期が品種によって異なるので、面白いです。

170304-26.jpg

蕾は薄いピンクで、咲くと真っ白なクリームホワイト。

170304-13.jpg

こちらはこの庭のフォーカル・ポイント、白いペンチと[Constance Spry]。

170304-14.jpg

うーん。
十分、絵になる景色ではありますけど・・・やはり、近年だいぶ薔薇の株が
弱ってると言わざるを得ませんね。

170304-15.jpg

薔薇のひと花ひと花は立派!だけど、枝ぶりが弱ってる。

170304-16.jpg

10~20年くらい前はすごく見事でした。

170304-17.jpg

それにしてもすごい花付きだなぁ。

170304-18.jpg

わが家にあるものとは別人、いえ、別花のようです。。。(^^;

170304-19.jpg

香りは一緒だから、うちの子もコンスタンス・スプライには違いないんだけど、

170304-20.jpg

花の大きさが全く違います。

170304-21.jpg

うちのが10cm弱なら、こちらのは15cmくらいはありそう。。。

170304-22.jpg

ピンク・ピンク・ピンク!!(@@;

170304-23.jpg

・・・若干、きわどい境界にあるかな。
地味好きの私には派手すぎる・・。
でも嫌いではないです。

170304-25.jpg

うろうろしてたら、おじさまが写真を撮ってくれました。
いや、ありがとう。・・・って、曲がってるねん!!(--;

170304-28.jpg

ここ、ベスト・ショットじゃないですか?

170304-29.jpg

赤いのは芍薬。

170304-30.jpg

手前は紫色の薔薇ですね。

170304-31.jpg

興奮して疲れたので、真ん中の池の周りで休憩。

170304-32.jpg

この薔薇は[Raubritter]。
わが家にもあります。こんなに茂ってないけど。

170304-33.jpg

この子も、数年前は死ぬんじゃないだろうか?!というほど弱ってました。
無事、復活を遂げたのか、それとも新しく株を入れ替えたのか。

170304-34.jpg

神ならぬ、ガーデナーのみ知る。ちーん☆彡

疲れたので、以下続く。

コメントの投稿

非公開コメント

す。す。す。すごい数のバラっ! あまりにびっくりして、お弁当を食べる手をとめて写真に見入ってしまいました~。 これだけ咲いていたら、本当に辺り一面にバラの香りが広がっているんでしょうねー。いやぁ、お見事っ。このうす~いオレンジ色っぽいのがすんごいかわいい♪ それに、やっぱり煉瓦の壁に伝っているバラさんは絵になる~。
それから、この泉! いまでもこんこんと湧き出ているのですね。飲めるかなぁー。お水、柔らかそう。

あぁ、英国ガーデン、いつか絶対に本物を見に行きたいです。(真木さん、連れてってー!)

いいですね♪

papricaさん、じゃ、来年待ち合わせましょ。
ヒースローでっ。笑

なんてね。

でもまじめに、イギリスの庭園は一見の価値ありです。
イタリアやフランスとはまったく違う。
日本人が好きな、ロマンティックで自然で、魅力的な
庭が多いんです。

不肖わたくし、ドライバー兼ガイドとして女子会を
主催いたしますから。ぜひ機会を見つけて落ち合い
ましょ〜!(*´ω`*)
会ったことなくても、papricaさんとなら数年来の
友達以上に馴染みそうです。笑
naokoさんともいきなり馴染んだし。
わたし、人見知りするのに。笑

こんにちは~
バラがとっても綺麗に咲いてる素敵な写真ばかりで見とれましたよ。
バラのシーズンにはまだまだですが、ここ1週間ほどでいきなりあちこち花がぶわーっと咲きだした英国です。
春も、ホントにすぐそこまでって感じですよ。
今年の英国旅行時にも丁度良いお花の見頃になるといいですね。
せっかくの記念撮影、真木さんあの素敵なベンチに座って撮ってもらったら良かったのに~(*'ω'*)
乙女気分に浸れそうな場所ですよね♪

おお、イギリスにも春が来ましたか!

こちら、日本でも春が来てます。
ええ、花粉でね・・・わかるの。(;_;)

乙女ベンチ。
なかなか、どいてくれない巨漢の二人組がいましてねぇ・・・。
空気読まないでしょ、こちらの人って。
ここのベンチ、みんなが写真に収めたいのにね。(;´Д`)
プロフィール

willows66

Author:willows66
庭・旅行・美味しい料理・英文学・映画・ピアノ・猫・蛙フェチの女の日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ