PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Alton

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、Selborneから戻り、今度はB&Bの近くのAltonへ。

170301.jpg

折しも町の広場ではFeteが。

170301-2.jpg

この一団はイギリスの村祭りには欠かせない、[Morris Dance]の面々。
オペラ『魔笛』の「パパゲーノ・パパゲーナ」みたいですね。(^ε^)

170301-3.jpg

広場の一角にはミニSLも!!
ちゃんと石炭焚いてます!

170301-4.jpg

さてさて。
まだショッピングアワー(たいていは17時まで)まで少し時間があります。
Sarahに教えてもらった古書店巡りを敢行。
まずはこちら、コレクタブルアイテム満載のお高め古書店。

170301-5.jpg

あらやだ。このぶさいくな猫の蔵書票(Exlibris)シール、かわいい。
[Provincial Booksellers Fairs Association]のメンバー店だそうです。

170301-6.jpg

うぉ、印象的な黄色い本棚・・・!(@@;
初めて見たわよ、こんな色。

うん、質はいいけれど値段はかなり高め。
店員もやる気も愛想もなく、すぐに撤退。

170301-7.jpg

お次は町外れに近い場所にある、Sarahお勧めのセコハンショップ。
こ・・・ここは・・・・・・!!(@@;

      お宝の山、ざくざく!!

安いっ!!種類が豊富っ!!児童書が・・・児童書が二束三文のお値段で
穴倉いっぱい売ってるーーーーっ!!!!!(バタッ) ←興奮のあまり、憤死

・・・ぜいぜい。
こちらで持てるだけの本を購入。
Lewesの15cブックショップより、ずっとずっと安い値段で売ってた・・・。
はぅううう。

170301-8.jpg

戦い済んで日が暮れて。
外へ出て出会ったのはコイツ。

170301-9.jpg

初対面だっていうのに、お腹まで見せて「撫でろ攻撃」。
うちの飼い猫よりフレンドリー。(^^;

170301-10.jpg

こんな清流も流れていて、

170301-11.jpg

ミレイの『オフェーリア』でも流れてきそうな・・・。

170301-12.jpg

これ、日本にもあればいいのにね?
不要な衣類や靴を寄付するBOXです。
今時の衣類って、なかなかゴミにまでならないから、これなら良心を傷めず、
断捨離もできるし、自治体はこれを回収してまた売れば市の副収入にもなるし
ゴミも減らせるし。いいことだらけではないですか。

170301-13.jpg

おお、「AGA」ショップやん!

170301-14.jpg

3くちオーブンで、1万ポンド(≒140万円)ですってよ・・・!!Σ( ̄ロ ̄lll)
車、買えますやん、新車で!!!
さすが、AGA。
さすが、お金持ちのマストアイテム・・・。

170301-15.jpg

さて、このAltonはJane Austenの家のあるChawton村とは1マイルほど。
従って、彼女ゆかりの建物がたくさんあります。
今、それは[Jane Austen Trail]と呼ばれています。ちょっと見てみると、
この[The Swan]はオースティンがロンドンなどへ旅行する際に使った
駅馬車の停まる宿でした。
左側にCoach(駅馬車)の出入りした入口が今も見えますね。

170301-16.jpg

こちらは彼女の兄Henryの開いた銀行(1806-1812)があった建物です。

170301-17.jpg

このハイストリートは緩やかに傾斜しています。

170301-18.jpg

ここは彼女の一家の主治医、William Curtisの屋敷。

170301-19.jpg

この家で友人たちとオースティンが食事した記録があるそうです。

すべての建物が思い切り、ジョージアンなのがびっくりですね。
当時は建設ラッシュだったのかしら?
今でいう、新興住宅地、みたいな感じ?

| UK_2016 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/427-9aef6c6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT