PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆Scotney Castle(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、[Scotney Castle]の続きです。

161103.jpg

まずは"New House"、2007年から公開されるようになった「新館」から
見てみましょう。

161103-101.jpg

玄関のドアを開けてすぐ、古めかしい木彫りのキャビネがあります。

161103-102.jpg

一見、とても古めかしい。。。

161103-103.jpg

うーん、でもなんか違和感。
私がうんうん唸って(?)いたら、NTの職員のおぢさんが「それは建築家が
作ったレプリカの家具だよー」と。
なるほど。

161103-104.jpg

こちらがいわゆる、[Hall]です。
この造りからわかるように、古い時代の[Great Hall]とは違います。
1836年頃に新築された、「新しい屋敷」なだけにとても「モダン」な造り。

161103-105.jpg

それなのにわざと、古い時代の様式であるオークのパネルで壁を
覆って、古い時代の雰囲気を醸し出しています。
この雰囲気に合わせるために、建築家氏がキャビネも時代に合わせて
デザインしたのでしょうね。

161103-11.jpg

光がとぎきれると、とても薄暗い。。。

161103-12.jpg

冬場は一日、こんな感じなのかしら。。。

161103-13.jpg

まぁ、落ち着きますけどね。^^;

161103-14.jpg

屋敷のあちこちに、最後のオーナー夫人である猫好きBetty(と猫)の
肖像画があります。

161103-15.jpg

猫グッズもたくさん!!

161103-16.jpg

ここはBettyの夫君の書斎。

161103-17.jpg

夫妻の写真です。
この二人が、1950年代に庭をロマンティックに改造し、現在あるような姿に
変えた功労者です。

161103-18.jpg

暖炉の右横の、読書用の椅子にご注目。

161103-19.jpg

書見台付きです。
こんなの、欲しい~~~っ!!

161103-46.jpg

マントルピースに飾られたこの壺は、旧館を壊したときか何かに
どこかからか出てきた発掘品(?)らしいですよ。

161103-20.jpg

こちらは[Library]。

161103-21.jpg

素晴らしい・・・。

161103-22.jpg

・・・うっとりしつつ、視線を下げるとそこにも猫好きの痕跡が。笑

161103-23.jpg

歴代にゃんこかな。

161103-24.jpg

左のにゃんこはBettyが飼った最後の猫、Pussちゃんの写真。
Bettyは遺言で、Pussが亡くなるまで、ここできちんと面倒を見てあげて
欲しいと言い残したそうです。
係員の人に尋ねると、「Pussは最近、亡くなった」とのこと。残念・・・。

161103-25.jpg

仲が良かった旦那様が亡くなってから、35年近くをBettyはここで
猫たちと暮らしました。
猫がいなければ、過ごせない夜もあったはず。

161103-26.jpg

あらゆるところに残る、猫好きで、(きっと)おちゃめな女主人の残り香。

161103-27.jpg

猫グッズは自分で集めたもの、友人たち、家族のプレゼントなどでしょう。
どんどん、集まるんですよね。

161103-28.jpg

ボンネットかぶってる!

161103-29.jpg

どれも素朴で、暖かいフィギュア。

161103-30.jpg

なごみます。

161103-31.jpg

しかし、小さなものが多いので、盗難が心配だわ~っ!

161103-32.jpg

これも、建築家によるへたうまを装った昔風のカーヴィング。

161103-33.jpg

この廊下はチャイナを飾る廊下。

161103-34.jpg

地震国ではありえない飾り方ですよね。

161103-35.jpg

[Dining]です。

161103-36.jpg

10人分の食器。

161103-37.jpg

レプリカは私は好きじゃないんですが、ここのは屋敷の雰囲気によく合って
ますね。

161103-38.jpg

・・・そして、突然モダンな[Kitchen]に!

161103-39.jpg

おぅ、電子レンジがある。笑

161103-40.jpg

クッカーもAGAも。

161103-41.jpg

冷蔵庫の横には猫用ベッドも。。。きっと、Pussちゃん用でしょうね。

161103-43.jpg

冬はきっと寒いこの屋敷。当然、台所が一番暖かいところです。
その中でもちゃんと暖かくしてもらってたのね。^^

161103-42.jpg

食器もとてもなじみ深い現代もの。笑

161103-44.jpg

シリアルやら粉ものやら、

161103-45.jpg

紅茶のパッケージに至るまで、つい最近までBettyさんが生きていて、
ここで生活していたんだなぁ・・・というラインナップ。

長くなったので、ここまで。
お次は2階へ!!

| UK_2016 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/413-e6b39b1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。