PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◆Sissinghurst Castle Garden(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。

[Sissinghurst Castle Garden]の続きです。

161017-68.jpg

部分的にはこのように美しく咲いている部分もありますが、全体的に
「まだまだこれから!!」感が漂っております・・・。

161017-69.jpg

レモンイエローのスコッチローズと、八重のピンクの薔薇。

161017-70.jpg

黄色い薔薇には興味がなかったけれど、これはかわいい。
欲しい!!(けど、名前がわからず)

161017-66.jpg

ちょっと異様な薔薇も見つけちゃった。
なに、コレ?!
名前は"Rosa viridiflora"、通称、グリーン・ローズ。

「花びらに見える部分は花弁の変化した包葉の集まったもの。開花後、花色は
紫がかった茶色に変化する。ロサ・キネンシス・パリダの枝変わりといわれている。」

だそうです。
ないわー。(--;
こんなの、薔薇じゃないっ

奇抜であることと、新しい薔薇ということは別じゃないかな。。。

161017-71.jpg

正直、今や品種改良も極まれり。
どの薔薇も似たり寄ったりは否めませんけども。

私が薔薇に求めるのは、全体の姿・花の形・色・葉、そして何より、
香り。
香りがない薔薇は薔薇としては邪道だと思う・・・。

ま、個人的な意見ですけどね。

161017-72.jpg

ここはコテージガーデンの辺り。
風は常に左から吹いているのでしょう。トピアリーを見ればわかる。

161017-73.jpg

ソフトな色合いの花が多いこの庭で、この辺りは非常に黄色や
オレンジといった、パッションカラーが多用されています。

161017-74.jpg

ちょっと若々しい雰囲気?

161017-75.jpg

Hemerocallis軍団。←なんか強そう

161017-76.jpg

私、このコテージくらいのおうちが好きです。笑
ここに住みたい。

161017-77.jpg

落ち着く雰囲気。

161017-78.jpg

いいですね!^^

161017-79.jpg

ハーブ・ガーデンへ向かう途中、白藤(Chinese Wisteria)が満開!

161017-80.jpg

すごいボリュームの花房!
そしてたくさんの忙しい蜂たち!!(@@;

161017-81.jpg

池を覆う藻はいいんでしょうか。。。
イギリスの池はたいがい、こんな感じ。

161017-82.jpg

ひと気のない、ハーブ・ガーデン。

161017-83.jpg

座ってはいけません。笑<ハーブのベンチ

161017-84.jpg

きれいなレモンイエロー!

161017-85.jpg

もっこもこのAllium。

161017-86.jpg

池と運河がL字に地所を流れているのですが、その角っこにある小屋は
Vitaの息子、Nigel Nicolsonの書斎だそうです。

161017-87.jpg

広さは四畳半くらい?
日本人には心安らぐ狭さ。笑

161017-88.jpg

こんな書斎があったらすてきですよねぇ・・・。
目にも優しそうだ。(ただし、トイレは遠い!!)

161017-89.jpg

運河の藻は掃除しないでいいのかな。
気になる気になる!

さて。
この辺で一周したので、Naoko嬢と再び庭へ戻ります。

161017-90.jpg

最初は興奮していてじっくり見られなかった部分を見ましょう。
ホワイト・ガーデン。

161017-91.jpg

白いアリウムが素敵。

161017-92.jpg

巨大なクリームイエローの花と、朝鮮アザミ。

161017-93.jpg

エピロビウム越しに塔を眺めて。

161017-94.jpg

友人Snowyが大好きな"Lamb's ear"。

161017-95.jpg

大きなクレマチス。

161017-96.jpg

クレマチス・モンタナ系の、"Marjorie"。
これはヴァージニア・ウルフの[Monks House]でも見ましたね~。

161017-98.jpg

この辺りからどんどん日が射して、いい天気になってきました。
161017-103.jpg

影も長くなってきましたけども、やはり青い空はいいですね。
塔が映えます。

161017-100.jpg

このぞんざいな、大鉢の植え込み。
色目がとってもシックですてき。

161017-101.jpg

いい加減なのに、すてき。
これ、イギリス風の神髄です。笑←褒めてる

161017-102.jpg

つる薔薇?

161017-105.jpg

こちらは"Meg"という、クライミングローズ。

161017-106.jpg

ふわふわっとした、イヴニングドレスみたいな咲き方。

161017-104.jpg

非常にモダンですね。
とても強い香りがします。

161017-107.jpg

つる薔薇、"Allen Chandler"。

日本だと紅薔薇は主張が強すぎるように感じますが、曇り空が多く、
煉瓦や石壁が多いイギリスではとても合うように思います。

161017-108.jpg

例によって、デジカメでは赤は再現しにくい色合いです。
もっとダークな赤でした。

161017-109.jpg

ここはスタッフの部屋だったかな?

161017-110.jpg

花盛りの"Paul Transon"。

161017-111.jpg

これ、[Smallhythe Place]の入り口の薔薇と一緒じゃないかなぁ・・・?
この辺りのナショナルトラストの植生はお互い、影響し合ってるような
気がします。

161017-112.jpg

咲き方がポンポンみたいです。
可憐。

161017-113.jpg

こちらは大書斎。いわゆる、ライブラリー。
中は薄暗くて、背表紙も見えないほどでした。

先を急ぐ旅でもないので、好きな場所で好きなようにゆったり過ごせる
幸せ。^^
庭内は広々していて、日本の観光地のように芋の子を洗う混雑とは無縁。

日がな一日、こういうところでのんびりできるのはイギリスがイギリスたる
ところだと私は思います。
しかも、NT会員なら、年会費を払えば無料!なわけですから、経済的でも
ある。

薔薇のタイミング的には少し早かったのですが、それ以外の花が善戦して
いて、季節を問わず楽しめます。
春や秋とかもすてきじゃないでしょうか。

いつかまた行ける日を夢見て。

| UK_2016 | 00:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~お庭の写真、本当に綺麗ですね。
私が以前行ったのはお花が終わっちゃった時期だったので、それはそれは寂しいお庭しか見られず残念な思いをしたものです。
ホワイトガーデンも圧巻ですね。
今季のファッションでもワントーンコーデが流行してるんですけど、色を限ることで最大限の美しさを引き出したヴィタと言う人の美意識の高さを感じます。
あ、そうそうヴィタの本ですけど「In your Garden」ではないですか?
私も持ってるんですけど、まだ一ページも読んでないんですー(笑)
そういう積読本がいっぱいあって、、、日がな一日書斎部屋で読書に勤しめる日がいつかやって来るのを待ってますよ(苦笑)
真木さんの書斎部屋、すごそうだなーお宝がいっぱいありそう!いつかチャンスがあったら、こちらでぜひお披露目してくださいよー覗き趣味と嫌がられそうなんですけど、人の本棚って見るの好きなんですよね(*'▽')

| Saori | 2016/10/20 18:25 | URL | ≫ EDIT

そうそう、それです!!<Vitaの本

Saoriさん、

さすがです。笑
本の題名、それでした。たしか、日本語訳も出ていたような?
私が持っているのは英語の本です。たしか、どこかにあったはず。。。
私はところどころしか読んでません。笑
ただでさえ複雑な植物名。
英語名だったり、ラテン名だったりって読みにくいです・・・。

日がな一日、読書!最高の贅沢ですよね。^^

Saoriさんののぞき趣味(?)を満足させるためには、まずは
整理整頓せねばとてもお見せできません(汗)が、その内きっと!!
しばし、お待ちを。笑

| 真木 | 2016/10/24 10:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/404-193ec22b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT