PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Rye

2016年6月のイギリス旅行記より。

無事にレンタカーのタイヤ交換も終わり、意気揚々と出発です!
目指すは一路、アンティークショップの立ち並ぶ魅惑のRye!
日本人観光客のお気に入り、Rye!です。<テンション高いなぁ。。。^^;

まずは駐車場は町中ではなく、町の外に停めました。
この日はちょっと微妙な空模様。
ポツポツきたり、晴れたり曇ったり。
駐車場に停めた直後は雨が降ってました。。。

160917.jpg

えっちらおっちら川沿いの低いところにある駐車場から高台へある町へ
上ると、現れるのは[Landgate]という門。
中世にEdward3世により建設された4つの門の、現存する唯一のもの。

Ryeの町は元々は海岸に面していました。
今は海岸が後退して、海なんて3マイルも先になってしまいましたが。

13世紀前半まではフランスの領地、その後Henry3世の時代にイギリスが
取り戻し、特権港へ(自治権を認める代わりに海岸防衛に従事させた)。
その後、高級品に関税がかけられることになり、そのことが有名な
密輸業者(スマグラー)の巣窟へと繋がるわけです。

その後、泥やゴミなどが堆積して、海岸線が変わったり、黒死病で人口が
激減し、Ryeは港としての機能を果たさなくなり、廃れていきます。
それが、中世の町並みを守ることになったのは歴史の皮肉?

160917-2.jpg

平日の火曜だというのに、この人出。さすがは観光地。
真ん中のワンコの巨大さにご注目!

160917-3.jpg

この辺は歩道や車道はコンクリートになっていますが、元々は
コブ・ストーンで敷き詰められていたのでしょう。

160917-4.jpg

どっしり美しい、Georgianなお宅のエントランス。

160917-11.jpg

コブ・ストーンが敷き詰められた小道。

160917-12.jpg

けっこう一つ一つが大きくて、足首がグキっとならないように気を
付けないと大変です。

160917-5.jpg

古いガラスが美しいTudorの屋敷。

160917-6.jpg

Naoko嬢の背面があの有名な[The Mermaid Inn]でございますよ。
お嬢さん、なに見てるの?!

160917-7.jpg

マーメイド・・・というよりかは、なんとなく蛇っぽい下半身。

160917-8.jpg

マーメイド・インの横手は別の道へ繋がる小道になってます。
(昔はここはたぶん、裏手にあったはずの厩舎へ続くゲートだったでしょう)

160917-9.jpg

右も左もマーメイド・インの建物ですけど、わかりますかね?
このグネグネ感。
床も壁も曲がっています。中に入ったことはないけど、客室内部も
さぞや曲がっていることでしょう。。。

160917-10.jpg

ここでお茶してもよかったけど。幽霊が出るらしいですよ?

160917-20.jpg

さて、古の海岸線である坂の下へ再度戻ります。
この辺にアンティーク・ショップがたくさんあるんです。

160917-13.jpg

こんな店もあるし、

160917-19.jpg

元家具屋だったという、倉庫風のショップもあり。

160917-14.jpg

女の子が大好きなテイストが集められ、

160917-15.jpg

ウブな観光客はひとたまりもなく、購入意欲が沸き上がること
間違いなし!

160917-16.jpg

だがしかし。
スレっからしの我々の目には、この辺りの価格帯は少々お高めに
映じられました。

160917-17.jpg

ロンドン価格、というか。

160917-18.jpg

物は質も状態も言うことなしではありますが、もう少しお値ごろ感が
ほしいの。

160917-21.jpg

そんな我々の目に飛び込んできたのがこのジャンクな店。
おお、このガラクタがいっぱいありそうな雰囲気、いいじゃない?!←失礼な

160917-22.jpg

このクリームっぽい感じの陶磁器は最近センスの良い人たちの間で
流行ってるんだって。ミッドセンチュリーの一種。

160917-23.jpg

このグリーンのティーセット、ほしいなぁ。

160917-24.jpg

手のひらサイズのデザート皿。
6つで9.50GBPは安いのかしら。これまでガラスの器には手を出してないので
いまいち、相場が分かりません。

160917-25.jpg

そう古くはなさそうだけど、子供向けのカップ&ソーサー?

160917-26.jpg

かわいい。
でも、買いたいか?と聞かれると微妙。。。

160917-27.jpg

これまた別のショップ。
ここは家具系がメインでした。

160917-28.jpg

[The Mint Street]ですが、ここのアンティーク・ショップは軒並み
閉まってました・・・!(--;

そう、

  アンティーク・ショップは日・月・火(ひどいときは水も)休みが多い

しーーーーーーーん。
やる気、あるのかイギリスよ?c(`Д´c)

160917-29.jpg

可愛い看板。

160917-30.jpg

町の高台にそびえる、[St Mary Church]。

160917-31.jpg

外は暑くても、中はひんやり。
イギリスの教会で使われている時計としては最古のものが見られます。

160917-32.jpg

入口入ってすぐ真上に、時計の振り子(巨大)がぶ~らぶら。

160917-33.jpg

教会の門前(?)にあるティールーム。

160917-34.jpg

見た感じは美味しそうですが・・・今時あまり見ない、実にトラディショナルな
ティールーム!鬼と出るか蛇と出るか。

160917-35.jpg

とりあえず、Cream teaでしょ、やっぱり。

160917-36.jpg

う、うううーーーーーーん。。。(--;
スコーンがね、私の苦手なパッサパサ系でしたよ。
コッペパンみたいな。。。
クロテッドクリームもなんか、ただのダブルクリームみたい。。。

160917-37.jpg

でもまぁ、ロンドン辺りじゃ探そうにもこんなオールドタイプの店は
ないでしょうから、Naokoさんには珍しい経験だったのかも。←偽りの前向きさ?

160917-38.jpg

教会から近くから、駐車場方面へ移動する際に通りかかった
古本屋さん。

160917-50.jpg

お店のマダムが児童文学マニア?で、とっつかまった私。
マダムは『ドリトル先生』推しなんだけど、私が探しているのは
Enid BrightonやRosemary Sutcliffなのよ~っ。
ちょっと趣味が違うの。
でも面白かったです。

この本屋にいる間、外は土砂降りでした。
なんなの、この天気は?(--;
これからお庭へ向かうというのに・・・!!

160917-39.jpg

さて、初めに通った[Landgate]に戻ってきましたよ。
ここからの眺めはすてき。
昔はこの目の前に海があったことを想像してみてください!
今は緑の海だけど。。。

さて、次は待望のSissinghurstですよっ!

| UK_2016 | 00:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Rye観光の記事待ってました!
日本の雑誌によくお洒落に紹介されてますよね。
あんな風に素敵に写真撮ろうと思っても、観光客だらけなので絶対人が入っちゃうんですよ(苦笑)
真木さんたちがお茶したお店のすぐ隣(向かって左側)にも、もう一件ティハウスありませんでしたか?
私が6年前(もうそんな前かー!って自分でびっくりしました)に行った時はそのお隣さんのお店でアフタヌーンティしました。
当時はリッツホテルでパティシエしていた人がそこで働いていたそうです。確かにスコーンは美味しかったですよ。
でも、もうそんな前の話なので、人も変わっちゃってたかもですね。
アンティークも確かに値段が高めだなーと思って、私もそんなに大したお買い物しなかったんですよ。観光客目当て価格ですよねえ、、、いい物もあるのに、価格が残念だなって思います。
シシングハースト、お花の様子はどうだったのかなーと次の記事もとっても楽しみです(*'▽')

| Saori | 2016/09/17 23:50 | URL | ≫ EDIT

Saoriさん、

そうなの、後で調べたらこのティールームの横の店が
評判良かったの。がっかり(´・ω・`)。
ま、そんなこともありますよね?

Ryeはロンドンからのアクセスもいいし、観光客向きですよね。
ただし、RyeとBrightonと両方行きたいとかってなると、
途端にアクセスが悪いのがイギリスの交通事情。
ロンドンを起点に放射状の動きはいいけど、各地域を結ぶ
横の移動がまったく不便極まりないんですよね。。。
車がないと、あちこち見て回ることは不可能と言っていい。

お庭は…。ふふふ。
更新をお楽しみに!( ´∀`)

| 真木 | 2016/09/18 18:51 | URL | ≫ EDIT

Ryeって日本人観光客にそんなに人気のあるスポットなのですねー。真木さんの写真を見ている限りでは、日本人で溢れている感じはないけれど、たくさん買い込んでいるジャパニーズ、いましたか?
それにしても可愛らしいお店がいっぱい。こじんまりとしたお店が細道に並んでいると、それだけでテンションあがっちゃいますね♪ 観光しやすいし~。
あのオレンジ色(?)の小皿と羊の看板が欲しいです~。それからやっぱり本場のスコーンを食べてみたいなぁ。
最後の写真。昔は海だったのですか?埋め立てて農場にしちゃったのかな。英国の地理、歴史、人気スポット…さーーっぱり知らないので全てがNew Infoで新鮮です!

| paprica | 2016/10/13 00:59 | URL | ≫ EDIT

Ryeは

日本の観光雑誌(るるぶ、とか)には必ず大きく載ってます。
ロンドンから小一時間と、アクセスが良いからかな。

私たちが行ったときは、よその地方都市ではまったくと言って
いいほど出会わない(?)、日本人の女性も数人いました。
でも、だいたいはイギリスの中高年の買い物客ばかりだったかなぁ。

イギリスとカナダは微妙な関係ですよねぇ・・・。
Brexitの今、イギリスはカナダを狙ってるかもかも~!<市場として
今後はもっと、人と物のやり取りが活性化するかもしれませんね?

| 真木 | 2016/10/13 15:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/402-8722ce33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT