PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Benenden近くのすてきB&B(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。

一夜明けまして、朝食の前にいの一番に車の様子を見てみると・・・。

160916-2.jpg

 がーーーーーーんっ☆ 完全にぺったんこや!(*゚ロ゚)

昨夜、Naokoさんが何度もレンタカー会社とやりとりし、情報を記録して
おいてくれると言ったにもかかわらず、朝イチで電話すると、

   「そんな記録はありません」(キッパリ)

というイギリス的カスタマー・サービスにドン引く。。。(゚д゚;)
でも、私たちも手をこまねいていたわけではなく。
マダムのパートナー氏に、朝食後に電話を代わってもらう約束を取り付けて
おりました。
彼は車のメカニックだし、状況も客観的にわかった上で冷静にコールセンターの
連中とやり取りし慣れている(・・・)だろうから。

というわけで、とりあえずご飯!

160915-16.jpg

こちらのすてきな長テーブルでいただきます。

160916-3.jpg

シリアルやミューズリ、フルーツは自分で好きなだけ。

160916-4.jpg

イングリッシュ・フル・ブレックファスト!
これぞ!!

160916-5.jpg

焼き立てパンとしぼりたてのオレンジジュース。
おいしいコーヒーと共に。
言うことないです。心配事はあるけどね・・・。

食後、さっそくコールセンターへ電話。
Naokoさんの問い合わせ履歴は何一つ、記録されておらず(想定内)、
Simon氏に電話を代わってもらいます・・・。
どうなることかと見守る私たち。
だって、車がなければどこにも行けませんから。
そうなったら、今日は予定していた観光は全部キャンセルして家にいるしか
ないんですもん。。。(--;

電話を切ったSimon氏。

  「今から1時間以内にタイヤ交換に来てくれるそうだよ」

わーっ
すごいっ!!!ヽ(´∀`)ノ
昨日からそれだけをNaokoさんも何度も何度もしつこく要請していたのに、
暖簾に腕押しだったのですよ。

  「Naoko、君の英語は完璧だ。だけど、傍で聞いていると礼儀正しすぎる。
   もっと強く主張しないと、君たちが困っていることが彼らに伝わらないし、
   君たちへの対応の優先順位も上がらないよ」

とのこと。
礼儀正しすぎるって・・・。笑
なに。
それじゃ、電話口でヒステリックにギャーギャー騒ぐ方が優先順位が上がるの?!
でも、Simon氏もとても冷静に穏やかに理詰めでコールセンターとやりとりして
ましたけどね。^^;
要するに、メカに暗い女たちじゃダメということなのかなぁ?
イギリスは意外とマッチョリズムの国なのかも・・・いまだに。

ともかくも、出かける準備をして待機です。

160916.jpg

にゃんたと遊んだり、

160916-6.jpg

にゃんたと遊んだり。

160916-7.jpg

ネットで遊んだり。

そうこうしている内にレンタカー会社の車が来て、あっという間に
タイヤを取り替えてくれました!!
L字型の大きな釘みたいなものがホイールに食い込んでいたそうです。こわっ

車も直ったし、さていざや出かけますか。
今日はRyeとお庭へ参りますよ~♪

| UK_2016 | 19:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

車無事に直してもらえて良かったですね。
うんうん、分かります。
こちらの国のカスタマーサービスはカスタマーサービスじゃありませんから。
あれはカスタマーサービスという名前をかたったタダの給料泥棒の集まりですよ。
私も今ネットショッピングの会社とやりあってますけど、ホントもう毎回ムカつくメールしか送って来なくて、こいつらホントにどついたろか!ってなってます(;´д`)
(オーダーしたものが行方不明になって届かず、メールしたら探すこともせずに返金した、とメールがいきなりきて、しかもメールに書いてあるカード会社が私の物とはまったく違う社名を書いてあったんです、、、一体どこに返金したんだ?)
まぁ、ムカつくんでこの顛末はブログでさらし者にしてやろうと思ってますけどね( `ー´)ノ

お宿の旦那さんが親切な方で良かったですね。B&Bのインテリアも毎度のことながらすごく素敵で、さすが真木さんチョイス~と唸りました(^^♪
あ、やっぱりマッチョうんぬんの下り、納得です。私に対する対応と(まあ私が変な英語の外国人だからってのもあると思いますけど)旦那に対する対応、まったく違いますもん。
レディファーストの国だから、なんて日本人は憧れちゃいますけど、あれだって裏を返せば女なんて弱っちいんだから男がマッチョに守ってやってるんだぜ、ってなもんですもんね。
Rye観光のお話楽しみにしています。

| Saori | 2016/09/16 17:17 | URL | ≫ EDIT

喉に刺さったトゲ

Saoriさん、

行方不明の品物って言うのがそもそも日本ではあり得ない話ですよね。(゜.゜;
返金先が違う。もう、聞いただけで血圧が上がりそうです。苦笑

旦那さんだと少しは話が進むって、やっぱりSaoriさんのことを女性だと
侮ってるんじゃないかな〜?
Naokoさんの奮闘ぶりを聞いてて、本当にたらい回しだし、何度も同じことを
聞くわ、こちらの忍耐力を試してるの?!という感じ。
腹立ちますよね。。。

B&Bの旦那さんだがたまたま車のメカニックだったから助かったようなものの、
そうでなければ1日がパーになっていたと思うんですよね。
今回は運が悪かったのか、結果的には運が良かったのか。
微妙な感じ?(^m^;)

| 真木 | 2016/09/17 19:59 | URL | ≫ EDIT

真木さん、こんにちわ~!
コメント書きたいな~って思いながら今日に至ってしまいました。。。
このB&B、とーーーっても素敵~♪ Naokoさんと一緒に宿泊できて良かったですね☆ 値段もそうだけれど、一緒に「コレ素敵ね~」って言い合える相手がいると楽しさも倍増ですもん。ほんと、古いものと新しいもののバランスがいいのがわかります。こんなB&Bなら経営してもいいな~なんて思ったりして(笑)

レンタカーアクシデント、はらはらしちゃいました。こんな旅の途中でやめてくれよ~って感じですよね。でも、B&Bの旦那様の「Naokoさんの英語は礼儀正しすぎる」っていうの、よくわかります。こういう交渉事って白人の男性だと上手くいくことが多いです。ディーラーやお店での場合、アジア人の女だと思うとなめられちゃって(鍛えられましたが。) 無事に車が治って予定通りすすめて良かった!

| paprica | 2016/10/12 04:59 | URL | ≫ EDIT

はろはろ!>papricaさん

なんだか、日本もカナダもいきなり秋に突入してしまって気忙しい
ですね。。。
体調は大丈夫ですか?(私は秋花粉罹患中・・・鼻水)

>こんなB&Bなら経営してもいいな~なんて思ったりして(笑)

うん!!
papricaさんならヴィクトリアでB&B経営できそ~!!
わんこフレンドリーな宿。ゲストは日本人限定で。←ぉぃ

すてきな宿に、すてきなNaokoさんと泊まれてラッキーでした。
本当、一人より一緒に楽しめる人とあれこれシェアする方が
楽しいですもんね?^^

レンタカートラブルは、もし私一人だったら解決しなかったと
思うんですよね~。旅程といい、naokoさんといい、宿のご主人と
いい、本当に今回はラッキーでした。
日本では不要なのですよね、基本的にこういう交渉事って。
だから、私たちはこういうシーンで弱い・・・。

旅行記後半もお楽しみに!

| 真木 | 2016/10/13 15:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/401-fd8e367a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT