PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Alfriston

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、午前NT[Stoneacre]、午後はNT[Smallhythe Place]と回った私、
この日は無理を重ねてもう一軒(!)、Alfristonという小さな村にある
NT最初の入手プロパティ[Alfriston Clergy House]へ寄ろうと画策。

       無理でした。。。

ははは、道に迷っちゃって、村にたどり着いたものの駐車場探しで
右往左往。
そうこうするうちに時間切れ。

宿に行くにはちと早く、仕方ないので、お茶でもしていくかー!と。

20160810.jpg

Alfristonのいつも庭が完璧な個人宅。
いつ来ても完璧☆なのです。誰が住んでるか、知らないけど。

20160810-2.jpg

メインストリートが一本しかないような小さな村ですが、パブも複数軒あるし
雑貨屋兼郵便局というお馴染みのお店もあり、カフェも何軒もあります。
しかし、時刻はすでに夕方の4時半。
そろそろ、店が閉まる頃合い(しーーん。。。)です。

手直にあったパッとしない店に飛び込む。

20160810-3.jpg

おお。
なんか、クラシカルな村のティールームじゃあないですか!!^^

スーパーショート、「セシルカット」で有名な米女優Jean Sebergに似た
かわいいプラチナブロンドのお嬢さんがオーダー取り。
私が着ていた洋服がかわいい!と褒めてくれましたよ(*^。^*)オホホ
欧米人の良いところは、人を褒めるのを恥ずかしがらないところでしょうかね。

20160810-4.jpg

まずはレモネード!
喉が渇いてしまって。

20160810-5.jpg

キッシュと新ポテト、サラダ。
キッシュは日本の飲食店で出てくるものの2倍はありそうな分量でしたが
とても美味しかったです。
ポテトは2つしか食べられなかった。。。

20160810-6.jpg

とても甘いものまで食べる余地がなかったので、写真だけ。
ここのスコーンは柔らかくなくて、私好みっぽい雰囲気。
これはチーズ・スコーンかなぁ?

20160810-7.jpg

こちらもサクッとしてそうなスコーン。

旅先に行くと、自分の胃袋が底なしでないのが残念無念。

| UK_2016 | 00:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございまーす☆
↓の記事にコメントさせてもらったんだけど、なぜだか送信を押したら消えてしまったよーん(涙…) 。。。と。気を取り直して、こっちにコメント!
ジーン・セバーグ風の女の子かぁ〜。。。Aww... cute!! お店もかわいい〜。
こんなひっそりとした町の小さなカフェ(?)なのに、お料理が美味しそう!ちゃんと作っているのよ〜っていうのが見てわかりますネ♪ 本場のスコーン、いつか食べてみたいな〜。外側のサクッとしたところだけでも。。。Yum.

| paprica | 2016/08/16 22:51 | URL | ≫ EDIT

キッシュが美味だったから、スコーンもきっと。。。

papricaさん、

あらら、コメント消えちゃいました?!
そ、それはショックですよね。
私もたまに書きかけの記事が消えて目眩がすることが。笑

イギリスのジーン・セバーグ嬢は後頭部の形がすばらしく、
たくさん開けたピアスも似合ってました。
細いボーダーシャツに、黒いエプロンがまた、フレンチっぽくて
おしゃれさんでね。むしろ、彼女の格好の方が可愛かったわ。e-68

イギリスって地方のなんてこたない町や村でおしゃれな所が
よくあるんですよね。
なんて言うんでしょ?お金持ちが住んでる匂いがしますよ?笑

本場のスコーンはものすごく当たり外れがありまして、
毎回ロシアンルーレットです。それもまた楽しい?!

| 真木 | 2016/08/16 23:51 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~ティルーム、私もとっても気になりました。
スコーンが美味しそうです。
そしてキッシュも~
私だったらペロリと食べちゃうかもなあ、、、
ジーン・セバーグ、永遠の憧れです♬
髪型だけはいつも真似してるんですけどね~(笑)
ナショナルトラストも気づくと新しい施設が加わってたりするので、気が抜けませんね、、、知らなくてたまたま近くまで行ってたのに通り過ぎてたーということも実は何度かあります( ;∀;)

| Saori | 2016/08/24 04:04 | URL | ≫ EDIT

ティールーム

ロシアン・ティールーム(違)。
いえ、ロシアンルーレット的、イギリスのティールーム飛び込み。

時間があるときはネットで調べたりしますが、意外と私は飛び込みも
好きです。外れるのも含めて・・・それもありかな、と。笑

キッシュはですね~、直径15cmくらいの巨大なものでした。
日本だと、この1/2、いえ、1/3くらいの大きさですね。
お店で出てくるのは。
やはり、イギリスのポーションはデカイ。美味しかったけど、
いろいろなものを少しずつ食べたい時は切ない。^^;

Saoriさんもジーン・セバーグ・スタイル?!
ベリーショートでしょう?維持管理が難しくないですか?
それに後頭部が絶壁の人にはできないから、Saoriさんは頭の
形がいいんだなぁ。羨ましい!!

NTって、本当に毎年毎年値上がりするわ、プロパティは増えるわ、
なかなか気が抜けない組織ですよね。笑
今回の旅でかなり元は取りましたけど。

| 真木 | 2016/08/24 09:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/391-955fabeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT