PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◆Ightham Mote(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。

National Trsutの[Ightham Mote]の続き。
邸内を見終えて、今度はお庭です。

160729.jpg

館の前にはひろーーーい芝生。
その先は一段高くなっていまして、

160729-3.jpg

土手には池が張られています。

160729-4.jpg

遠くからは見えないですけど、近づくと水路の下にも池が。

160729-5.jpg

横にはハーベイシャス・ボーダー。

160729-6.jpg

ヘメロカリスが咲いていますが、いまいちパッとせず。

160729-2.jpg

屋敷を見やるとこんな感じ。
ここからは、屋敷を取り囲むお濠も見えませんねー。

160729-7.jpg

これはMonkey Puzzle Treeと言って、南米はチリ原産の杉の一種です。

160729-8.jpg

杉と言うか、サボテン風。
かなり、大きくなるんですよ。50mくらいかなぁ。
これはまだ幼木ですね。

160729-9.jpg

バロックの柱みたいなトピアリー。

160729-10.jpg

その奥にはポタジェ(菜園)があります。
スイートピーの並木が美しい。。。
前に来たときはこんな感じじゃありませんでした。
もっとナチュラルな感じだったなぁ。

160729-11.jpg

アリウムってこういう風に開いていくんですね。

160729-12.jpg

ポタジェの奥には別棟があります。
噂ではここは古は召使たちの区画だったそうです。
今は、ここを管理するナショナルトラストの職員の住居になっているそうで
建物内は立ち入り禁止です。

160729-13.jpg

正面入り口の2階は鳩小屋になってます。
昔は鳩肉は富裕層のみに許された冬の貴重なたんぱく質だったそう。
私はゲームは苦手~(--;
キジもシカも食べたくないです。。。

160729-14.jpg

ここの壁際は暖かいのか、花がきれいでした。

160729-15.jpg

ボックスで囲まれた小さな庭。

160729-16.jpg

どーも、花は今一つ。。。

160729-17.jpg

やっぱり、寒いせいかな。

160729-18.jpg

この四角い池の奥にはさらに秘密めかした庭が鎮座しています。
左右対称で、それぞれの間にはイチイのボックスがあって、迷路みたいに
なっています。

160729-19.jpg

それにしても、人はどうして水を見るとお金を入れたくなるんでしょーか?

| UK_2016 | 19:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~お返事読みに来たらもう次がアップされてたので、続けてコメ残していきます^^
お庭もなかなかに趣深いですね。
お花は今一つだったようで残念です。
確かにこの頃ちょっと寒かったですもんねー
私もウルトラライトダウンのジャケット買いにユニクロ走りましたもん(苦笑)
コートだとちょっと大げさかなぁ、、、ジャケットがいいかも、って思い慌てて買いに行ったんでした。
ホントにユニクロさまさまです、、、UK産は高いか品質イマイチか両極端なチョイスしかないんで。ほぼ私のワードローブの9割はユニクロ状態になってますよ。
そんなことはどうでもよくって、個人的にはスイートピーの並木道が気に入りました。お花満開の時期だときっとすごく映えて綺麗でしょうね。
こういうのを自宅に作ってみたいですよー!

| Saori | 2016/07/29 01:11 | URL | ≫ EDIT

今週はここまで☆

Saoriさん、こんにちは。

ここ、実は屋敷から離れてけっこう遠くまで歩けるトレイルが
いくつか用意されているので、家族連れとかでも楽しめるかも?
まぁ、あまりお子様向けではありませぬが。

売店周りにNT猫がいて、かわいいんですよ。
今回は会えませんでしたが。

6月初旬は本当に寒くて、半信半疑で持ってきたユニクロ(私は
ユニクロはこれ1枚しか持ってない、無印良品派です)がまさか
まさかの大活躍!!
その後、どんどん気温が暖かくなって、暑くさえなったのですが。

このスイートピーの区画、すてきでしょ?
プラスティックの支柱じゃなくて、竹を使ってるのがいいなぁ。
日本の園芸はほとんどプラスティックと鉄に防腐剤をコーティング
した、武骨な実用第一の醜いのしかないんですよね。。。
自然素材を庭に使うと、美しい上に廃材は庭の肥料にもできるし
ゴミも減らせるのにね。

| 真木 | 2016/07/29 09:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/386-4c7d296f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT