いろいろありましたが、無事に帰国しました~☆彡

いや~、実にいろいろとありました今回の旅も!!
それはおいおい、お伝えするとして、とりあえずpapricaさんの
ご要望に応えて(!)、なんとかイケメンの隠し撮りにチャレンジした
成果をお伝えしたいと思いますっ。

160622-3.jpg

え・・・と、イケメン?のなれの果て(失敬!)と将来のイケメン候補生。

160622-4.jpg

イケてるにゃんこ。

160622-2.jpg

イケてる死んでる人。

160622-5.jpg

イケ・・・マリオとルイジ??

160622.jpg

1500年代にイケてた人。

160622-6.jpg

きれいな若いお母さんと、かわいいイケメン候補生たち。

160622-7.jpg

その製造を担ったイケメン。・・・しかし、このお父さん、悪いのだった。
この池に大きな石を人のいるところ目がけて放つという子供っぽさ。
このママは男児3人の世話、大変だろうなぁ。。。

160622-8.jpg

突然、話は変わりますが、papricaさん。
このベンチが薔薇で有名な、Mottisfont Abbey Gardenの「コンスタンス・スプライ
のベンチ」でございます。
どうです、この花盛りの素晴らしいこと!!(撮影日:2016/6/12)

160622-51.jpg

しかしですね、おととしくらいまではかなり死んでたのですよ、この
コンスタンス・スプライは。
穴もぼかすか見えるし、花付きは悪いしで。
参考までに2009年の6月9日の画像をば。

160622-50.jpg

この年は少し出遅れたので、花はもうピーク期を過ぎていて、
あまりきれいではないものの、そのボリュームたるやかくやの如し。

160622-53.jpg

こちらは2006年の6月5日。
(何度行ってるんだという疑問にはお答えできかねます。。。)
この年はけっこうきれいだったかな。

160622-9.jpg

それでも、今年は復活の兆しを感じましたね。
それでも往時の80%くらいでしょうかねぇ。。。

160622-10.jpg

この花の付き具合。すばらしいですね~。

160622-11.jpg

ひとつひとつの花頭が片手を広げたくらい大きいのです。

160622-12.jpg

うーん、いい香り。
どう考えても、わがやのコンスタンス・スプライは2/3くらいの大きさだわ。(--;
なんでなんだ~~!?やっぱり馬糞?!

160622-13.jpg

気を取り直して、イケメン探しね。
これは宿のご主人がブイブイ言わしていたころのもの。
STING風と言えなくも・・・ない?

160622-14.jpg

ヲタクなイケにゃん。

160622-15.jpg

おしゃれなママとイケメン候補生。

160622-16.jpg

イケ・・・・・・・チベット僧?

160622-17.jpg

左の子のさらに左の子がイケメンだった・・・けど、カメラ間に合わず!

160622-18.jpg

イケメンじゃないけど、隠し撮りの練習。←ぉぃ

160622-19.jpg

UKでは珍しく?アメカジのイケメン紳士。

160622-20.jpg

はーい、推定スペインからの観光客の学生さんたちです。
イケメンはいるかな?・・・いなかった・・・・・・・。

160622-21.jpg

はい、結論。

UKにも、たまにイケメンはいるものの、

   真正面からの隠し撮りはできません

でしたー!!
すまぬぅ、根性なしで・・・。
そもそも、UKのイケメンは歩幅が広くて歩くのが早いあるのよっ!!
カメラ、間に合わないっての。。。

コメントの投稿

非公開コメント

ぶははぁっ~! 笑った笑ったのランチタイム! 真木さん、バラエティ溢れる「イケ君」たちをこんなにもたくさん、どうもありがとうございまーす☆ 後ろ姿のイケ面君だけじゃなくて、時を越えたイケ面君たちの姿に想像を掻き立てられました~。
イケメンパレード+溢れるコンスタンス・スプライ。。。まさに私のために仕立ててくださったような記事。嬉しいでーす。

まだ出し惜しみされているイケメン君、あるんじゃないですか?ふふっ。 来年はイケメンの横顔、期待していいですか?

ないない、ないですよ~!<出し惜しみ

papricaさんこそ、日々若い子ちゃんとか教授とかに
囲まれてるんですから、そちらの方がネタがあるハズ!
私は通りすがりの旅行者なんですから〜!

しかし、「来年」どうなっているのかね、イギリスは。
今回、街道沿いにはオレンジ色の「Leave EU」しか
見なかったので、離脱派の盛上がりは相当でした。
残留派は高を括っていたと言わざるをえないし、
saoriさんも書いてましたが、投票そのものに行かない人、
興味がなかった人が多かったと思います。
30%の有権者が投票しなかったわけだけら、勝ったとは
いえ、離脱派の国民全体に対する割合は1/3。
残りの2/3の意思は無視してこんな重要な事案を決定する
なんてコワイ。

世界は混迷を深めるなぁ…。
プロフィール

willows66

Author:willows66
庭・旅行・美味しい料理・英文学・映画・ピアノ・猫・蛙フェチの女の日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ