under_the_willows

ARTICLE PAGE

■Moreton PinkneyのB&B

さて、Yorkから今度は一路、南下します。
その前に、ちょっとだけ。。。
おととい見かけて、寄れなかった古本屋さんに行きたい!(まだかぃ)

160429.jpg

Bootham Bar(城門)の外側、

160429-2.jpg

この古本屋さん。
本好きイケメン(?)がたむろってますねー。

ドキドキして中へ入りますと・・・。
建築系の専門古書店のようです。
2階にも売り場はあって、けっこう私のような建築門外漢でも
興味深い本が多かった。(よそよりちょっと高めでした)

160429-20.jpg

ここではインテリア史の本を3冊買いまして、すてきな布製の
ショッピングバッグをくれたんです!嬉しい。^^

160429-3.jpg

この真ん中の大きな本は重さゆえに諦めました。。。
諦めて正解!だって、スーツケース2つに入りきらなかったのよ。。。
今回の旅行、本を買いすぎて。

さて、明後日には日本へ帰らなければなりません。
少しでも空港に近く、かつ、味気なくない場所に移動しなくては。

Northamptonの南、Moreton PinkneyのB&Bに予約を入れてあります。
村はサッチドハウスが多く、なんだかかわいい。

元牧師館だった屋敷です。
教会の側にすぐ見つかりました。

160429-4.jpg

おおお、かわいい。右手にはトピアリーの門が。

160429-5.jpg

好きだわ、こういうジョージアンの左右対称のこぢんまりした家は。
この家は後ろに増築していますが、増築部分は要らないかなー。

160429-8.jpg

ノックする前に、どこからともなくワンコ!

160429-12.jpg

パピーを脱したばかりみたい。
(後で聞いたら、息子の犬を預かってるそう)
なでてなでて♪ごろん。
激しくなつっこいヤツだ。

犬ころとワシワシしていたら、家から大佐現る。

・・・大佐?

そう、大佐です。
だってこの家の主は、 Colonelって名前に付いてるんだもん。

ネットから予約のフォームを送って、その翌日の真夜中。
階下で母が私を呼びました。
家の電話に何言ってるかわからない人から電話だと。

不審に思いつつ、受話器を取ると相手は上記の宿のご主人。
びつくり。

今まで、200以上のB&Bに泊まりましたが、突然電話して来た方は
初めて。

話を聞くと、フォームにあった私のアドレス宛に何度も返信するの
だけれど、メールが返ってきてしまったそうです。
それで、わざわざ電話して来てくれたのです。

わー、申し訳ないっ!!

そうなんです、私がやりとりに使っているのはプロバイダのメールアドレス
ではなくて、Webメールなんです。で、このWebメール、たまに一部の外国との
やりとりができないことがこれまでにもありました。

私がB&Bの主人だったら、そんな面倒くさい客はもう返事しないで捨てて
おくでしょう。。。。
わざわざ電話してくれて、ありがとう。^^

160429-13.jpg

奥様はお買い物とのことで、お茶の用意も大佐がしてくれました。

160429-14.jpg

花柄とタータンは合いますねー。

160429-15.jpg

う、うーん。
1人なんで、ブラウニーもショートブレッドもこんなに要らないですよ。笑

160429-6.jpg

お茶をいただいた後、お庭をぶらぶら。

160429-7.jpg

パット・オースティン風だけど、花びらの数が少ない・・・。なんだろう?

160429-9.jpg

壁越しに教会の塔が見えます。

160429-11.jpg

右端に木戸があって、往時の牧師さんはここから教会へ日参したのでしょう。

160429-10.jpg

ブットレア。満開。

160429-16.jpg

さて、二階の私の部屋へ。

160429-19.jpg

どうしてこんなに枕やクッションがいるんでしょうね?
飾り?
寝るたびにどかすのが面倒くさいとか思う私には理解できない。笑

160429-17.jpg

鏡台の脇には窓。

160429-18.jpg

涼しい風が入ってきます。

お風呂は部屋の片隅にごく小さなクローゼットがあり、その中に
トイレとお風呂、扉の外側に洗面台・・・という、古の部屋感たっぷり。
どこもかしこも少し、埃っぽいと言いますか・・・。
うちの母は泊まれないだろうなぁ。←潔癖症だから

今夜一晩泊まったら、明日は夜の便で帰国です。
長いようであっという間の2週間でした~。

6 Comments

Saori  

最後のお宿も素敵です。
退官された後ご自宅でB&Bなんていいですね。
日本と比べて英国って軍とか軍人とかすごく身近だな、とこちらに住んでから思うようになりました。
日本にいた頃は滅多に自衛隊の人と知り合うなんてあり得ませんでしたけど、こっちだと結構普通にいますよね。
義兄の家のお隣さんもMajorだと聞きました。義姉はちゃんと名前覚えてなくて(汗)会うといつも「Majorって呼んで向こうも挨拶するからそれでいい」とか言ってましたし(苦笑)
ベッドの上の大量のクッション、、、確かに見栄えはいいかもですが、寝る時にイチイチ移動するの面倒ですよね^^;

古本屋さんで買った本、全部トランクに入れて持ち帰ったんですかー?!すごいなあ、、、
でも自分が欲しかった本を手に入れられたときの喜びは何とも言えない満足感がありますよね^^

2016/04/28 (Thu) 19:32 | EDIT | REPLY |   

真木  

大佐はいいおじいさまでした☆

ふふふ、Saoriさん、実は私、軍隊オタクだった過去が
あります。ふふふ。
お義兄様のお隣さんも、元軍人さんなんですね?
いいなぁ。
私も、Major Xyz!って、呼びかけたいですよ。笑

日本でも元自衛官の方はいるんでしょうけど、呼び方
としては使わないからか、ハッキリしないのかも?

ベッド・メイキングって言葉がありますが、やはり、
ベッドというのは作るものなのでしょうね。
しかし、寝るために枕やクッションをどかすのは
面倒です。

昔は本は船便で送っていたのですが、あれも全然
安くない。船便で3つ送ると、飛行機のExtra baggage
料金の方がずっと安くて重いものを運べることに
気付いて以来、飛行機で持ち帰る派です。(^・^)

2016/04/29 (Fri) 17:06 | EDIT | REPLY |   

naoko  

あのクッションと枕(一個でいい!)どかすのめんどいよね〜

以上!

2016/05/18 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   

真木  

見た目だけの問題だから

ありゃ〜、完全に飾りよね?
毎日毎晩、自室でやってはいないよね?<欧米の方

シーツと毛布をベッドに折り込むのも慣れないわ。
足先が外に出てないと安眠できないもん!

2016/05/18 (Wed) 23:03 | EDIT | REPLY |   

paprica  

ずいぶん遅れてのコメントになっちゃいましたが。。。真木さんの旅のリポートを眺めるのはお昼休みの楽しみでしたー♡ どのお宿も素敵だなぁって、うっとり。ホテルとは違って落ち着きそう、とっても。お部屋を見せてもらうのも楽しみだけど、朝ごはんはどんなのかな〜とか、お庭の様子とか、使われている食器や家具なんかも素敵〜。 あぁ、いいなっ。

あのぅ。イケメンさんたちの集う本屋さん、もっとクローズアップでっ。今年の旅行では是非、ローカルイケメンさんを写真に収めてきてくださーい! 待ってます!
この諦めちゃったというイラストでのインテリアデザインの歴史(?)という一冊、面白そう〜。 今年もまたスーツケース二つで出陣ですか? 
楽しみだなあ〜。うふふっ。

2016/05/19 (Thu) 13:08 | EDIT | REPLY |   

真木  

あらま。

papricaさんのお昼のお伴になれて光栄です!
なにせ長いからねぇ。。。笑
イケメンをクローズアップ。ふふふ。
わかりました、望遠レンズを持っていきますよ!違
捕まらない程度にがむばります☆彡
naokoさんが上手なのよ。<隠し撮り

今はスマホなどがありますから、その場でAmazonなどで
入手できる本かどうか調べられるけどねぇ。
その昔はそうではなかったので、なんでもかんでも買って
帰ろうとしましたっけ・・・。

今年もスーツケース2つですよ!
そのために、最安のBAではなくてJALにしたの。
BAは預入荷物23kg1個まで、JALは2個まで。
(どんだけ買うつもり満々なんですか、私?!)
ほんと、楽しみです!

2016/05/20 (Fri) 09:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment