PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■Aysgarth Falls(エイスガースの滝)



Thirskから一路、西へ。
ヨークシャーデイルの西の端、Aysgarthの滝に向かいます。

160427-4.jpg

今回は時間がなくて、ヨークシャーのこういった所を歩けず、残念。

160427-2.jpg

実は、滝を見に来たのではなくて、この黄色いドアの古本屋さんに
寄ったのです。
B&Bの夫妻の友人で、以前はYorkで古本屋を営んでいたのをたたんで、
この僻地へ越したそうです。現在はもっぱらオンラインで注文に応えて
いるそうな。

しかし・・・。

誰もいなーい。┐('~`;)┌ しょぼん。。。

家をぐるりと回ると、どの部屋にも本がうず高くあり、残念無念!!
まぁ、しょうがないですね。

160427-3.jpg

隣にあるこのホテルに車を駐車し、トイレを使いたかったので
コーヒーを注文。

160427-5.jpg

こんな僻地なのに、けっこう人がいます。びつくり。

さて、お茶を飲んだら、坂道を下っていざ滝へ!

160427-6.jpg

坂の底の右手前に教会がありました。
このアプローチ、すてき。

160427-7.jpg

両脇に迫る墓石の間に羊が徘徊。

160427-8.jpg

牧草地、なのか。
それとも下草の処理のために彼らを雇って(?)いるのか。

160427-9.jpg

[St Andrew's Church]。

何度も言いますが、こんなこんなすごい僻地には立派すぎる教会。
1000年の歴史があるそうです。
そして、イングランド一広い墓地のある教会だそうです。
でも、Whitby Abbeyの手前のChurch of Saint Maryの墓地の方が広く
感じますけどね。

160427-10.jpg

19世紀にあらかた再建されたようですが、中にはこんなお宝があります。

160427-11.jpg

中世には一大宗教勢力であった[Jervaulx Abbey]から移設された、
スクリーンです。
このJervaux修道院院長Adam Sedbarは、Henry8世の修道院解散令に
激しく抗議し、国王を大激怒させてしまいます。そのため1537年に、
彼は処刑され、その後に修道院は爆破され、木っ端みじんになりました。
つまり、この小さな教会に移されなければ、このスクリーンも司祭の椅子も
この世にはなくなってしまったでしょう。

160427-12.jpg

どことなく、パリのSainte Chapelleを思い起こさせる装飾。
Jervaux修道院がフランス語系だからでしょうか。
国王を代表するイングランドとの繋がりよりも、当時は教皇、すなわち
大陸との繋がりの方が修道士たちは深かったと思います。

160427-13.jpg

ベンチの絵もフランス風。これはライオンかな?
左側にはヤコブ、もしくは巡礼のシンボルのホタテ貝。

160427-14.jpg

こちらは牡鹿でしょうか。

160427-15.jpg

壁にはフレスコ画。

160427-16.jpg

新しそう。

160427-17.jpg

山羊?へたくそだなぁ。←褒めてます

160427-18.jpg

犬・・・かしら。この角度で見ると恐竜っぽい。

160427-19.jpg

脇の階段を下りると、川の流れを利用した小麦小屋。
橋を渡って、滝の近くへ。

160427-21.jpg

お、おお!

160427-20.jpg

滝です。滝の上を歩いている家族もいますね。
(この日はとっても寒かったのに!!)

160427-22.jpg

みんなはピクニックしてました。
重ねて言いますが、とても寒かったんですよ。。。
イギリス人、恐るべし。

| UK_2015 | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

油断していたら4つも記事がアップされてた~!
それにしてもあと1か月ですか!なんでだかわからないのですが、何故か6月20日頃出発だと思い込んでいました。
こっちは寒いです、、、ホント寒いです。数日前は雪降ってました。
日本はGWですが、こちらも今週末はBHで連休なんでスーパーなんかはこぞってBBQセールやってるんですけど、こんなくそ寒いのにBBQなんてやってられるか!って感じですT_T
あ、でも庭のバラはすでに蕾ついていますよ。しばらくしてあったかくなったら一気に開花するかもしれませんね。ちょうどよく開花時期に旅行が当たるといいのですが。

せっかく行った古本屋さん(これが本屋さんとは知らないと気づきませんね!)閉まっていて残念でしたね。
でも素敵な滝をの風景を見ることができたのは良かったです^^
こんないい場所あるんですね~

| Saori | 2016/04/28 19:18 | URL | ≫ EDIT

頑張ってupしてます☆

ロンドン、さむいらしいですね〜?
なんで今頃、雪や雹なの!?
Saoriさんちの薔薇の蕾に期待を託します。笑
蕾ばかりを見るのはせつな過ぎですから。

ヨークシャー・デールには滝がたくさんあるらしい
ですよ。私もデールにはあまり行ったことないので
まだまだ開拓のしがいがあります!

| 真木 | 2016/04/29 16:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/367-6800ea80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。