PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■York近郊の常宿

160420-24.jpg

イギリス東部East Angliaを後に、一路北上してYorkへ。
今夜はYork近郊のB&Bです。
もう何度、泊まったかなぁ。

160420.jpg

裏庭より。

160420-2.jpg

この庭には大きなサクランボの樹があります。

160420-3.jpg

時は7月。
たわわに実っています。
ご主人夫妻は食べないと言っていましたが、盗み食い(ぉぃ)して
みたところ、アメリカンチェリーのように甘ったるくなく、佐藤錦とも
違う、野性味のある爽やかな味でした。
食べないなんて、もったいない。

160420-4.jpg

庭には最近、イギリス各地で見かける「ドクダミ」が・・・。(--;
これは斑入りの園芸種ですけども。
大丈夫?
はびこりますよ!!

ご主人はかつて有名庭園のガーデナーをされていたそうです。
しかし、お庭は特段熱心にやってる風もなく、いたって普通。
その肩の力の抜け加減がすてきです。^^

160420-5.jpg

さて、今回の私の部屋は2階のダブル。

160420-9.jpg

ファブリックやテキスタイルがめちゃ好みです。

160420-8.jpg

この窓からは丘の下まで見晴るかせます。

160420-11.jpg

夜撮ったのでいまひとつわかりにくいけれど。

160420-10.jpg

マダムのウェルカム・フラワー。
庭で摘んだ花々。
なんてきれい。

160420-6.jpg

バスルームは続き部屋。

160420-7.jpg

こちらもとても広くて清潔、シャワーのパワーも問題なし。

160420-12.jpg

ここはキッチン&ダイニング。
他にもっとフォーマルなダイニングと居間がありますが、気付くとみんな
この部屋に集まっちゃう感じ。
居心地よさ、満点です。

160420-13.jpg

コンサーヴァトリーではなく、フレンチドアで庭へ出られます。

160420-14.jpg

正面は長男Angus(現在、ロンドンで研修医)の油絵。
今回、彼には会えない予定でしたが、たまたま会えました。
相変わらず、お父様に似て長身のイケメンでしたが、少し横に恰幅が
よくなってきたかな。^^

160420-15.jpg

160126-102.jpg

旅行も終わり近く、そろそろイングリッシュ・ブレックファストに飽きた頃。
ヨーグルトとシリアルに目玉焼きのみで。

160420-19.jpg

2日目はフルーツがアメリカンチェリーでした。
庭のサクランボの方が好きだなー。

160420-16.jpg

窓に向かって左手が私の部屋。
ここはコリドールです。

160420-17.jpg

ご主人のお父様はフィジーの大使を務められたそうで、お父様がらみの
本や写真などが飾られていました。
大使の子供は楽ではなくて、5歳かそこらで親元から離れて、兄弟だけで
寄宿学校にずっと暮らしたそうです。
それはそれは辛かったそうです。

160420-18.jpg

この子はホーミー。
前はお母さんのウィローと長毛三毛猫のブラッケンがいましたが、死んで
しまいました。

一人っ子生活のせいで、太い・・・。(--;

160420-22.jpg

口周りに白髪が。
動物は成長が早いですよね・・・。長生きしてちょうだい。

160126-101.jpg

到着した夜にホーミーと。
私の首にまかれているのは、共通のお友達からいただいたスカーフ。
面白いことにその日来ていた服にぴったりの色合いだったこと。

160420-23.jpg

不思議な穴が壁に開いていて、用途を尋ねるとなんと掃除用の
バキュームホールなんですって。
実演してくれました。

各部屋に穴が設置されていて、そこへホースを嵌めてスイッチオンする
だけで、掃除ができます。
つまり、掃除機本体がないわけで、階段や二階へ重い掃除機を引きずって
行く必要がないということ。
へ~~っ
初めて見ましたよ、こんなシステム。

160420-20.jpg

このおじさま、うちの父よりほんのちょっと年下だとはとうてい信じ
られません。かっこよすぎる。
(のっぽのおじさま、195cm。私は153cmです・・)

160420-21.jpg

奥様は若干、お疲れ。
なんでも、介護施設にいる自分自身のお母様を3か月家で預かって
面倒見た後なんですって。

このお母様が95歳とは思えない、シャーリー・マクレーンみたいな
老女で・・・。お化粧もばっちり、装身具やエレガントなドレスなども
忘れないカクシャクぶりで。
相手をするのにすごく消耗したようです。。。

とまれ、次は2年後かなぁ。
お互い、元気でいましょうと言いあって別れました。^^

| UK_2015 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/359-789ef1e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT