under_the_willows

ARTICLE PAGE

■イタリア湖水地方のB&B(3)

2011/5のイタリア旅行記より。

最初のB&Bの話題が続く・・・。
恒例の(?)、朝食紹介シリーズです!

110625-2.jpg

朝食室。
このお宅、なにげに古いのです。
18世紀の町屋で、この朝食室はいにしえには「キッチン」でした。
天井はヴォールトになっていて、古色蒼然としています。床石も古い。

110625-3.jpg

つまり、この暖炉で煮炊きしたわけです。

110625-4.jpg

このサイズの暖炉は古い家特有ですね。
時代と共に、暖炉はどんどん小型化していきます。
燃料も薪ではなく、石炭へ変化していきますから。

110625-5.jpg

でも、なんと言っても薪の暖炉が一番好き!!
わくわくしますよね?
火を見ているだけで・・・。

110625.jpg

壁をくりぬいたところは一方はシンク風に使用したもの。水抜き穴が開いていました。
壁にはマンドリンやリュートなど、古楽器が飾られています。

110625-6.jpg

白猫Mimiのご飯も暖炉の脇に用意してありました。
マダムによると、男の子たちがMimiのエサも食べてしまうので、彼女の分だけ
みんなとは場所を違えてあるそうです。
(それでも後で、別のオスが食べに来ていましたが・・・)

110625-7.jpg
110625-8.jpg
110625-9.jpg
110625-10.jpg
110625-11.jpg

この子、かわいい~!!
なつこい~!

110625-16.jpg

こいつ。
こいつはハイエナボーイ。Mimiのエサを横取りに来ています!

110625-17.jpg
110625-18.jpg

でもこの子もなつこくてめんこい~~!!

ひとしきり猫と遊んで。
まずはパン。

110625-12.jpg

山盛り。
コーヒーやミルクはステンレスポットに入っておいてあります。

110625-13.jpg

ハムやらチーズやら。

110625-14.jpg

それにマダムお手製のタルト。

110625-15.jpg

お腹いっぱいだって!!(×_×)

こんな朝食を食べていたら、とてもじゃないけれどランチなんて入りません・・・。
ましてや、日中は暑いし・・・。

続いて、2日目。

110625-20.jpg

お約束のパン盛り合わせ。

110625-21.jpg

ヨーグルトも食べちゃう?

110625-22.jpg

お、多い・・・。これ、一人分なの?!

110625-23.jpg

ケーキを食べると、夕方まで何も入りません・・・。

110625-19.jpg

マダムのコレクションの瓶。
私もボトル好き。

この、ゲスト用のダイニングの横に、マダムたちのキッチンがあるのですが、
ここに入れ替わり立ち代り、朝ごはんを食べに寄って来る友人知人が多い!!

私もコーヒーを手に参加させていただきましたが、哀しいかな、語学力の不足
ゆえ、なぜ村人がこんなにも朝っぱらから立ち寄るのか、その理由がわからない。

まさか、朝食を提供するBAR代わりになってるとか?!
B&B兼、朝食サービス業??
それとも、まったくの好意で朝ごはん食べさせてるの?
この土地の風習?

・・・あああ、まったくわからない。(もやもや)

1日目はお留守だった、マダムのダンナ様にも会いました。
山男だった・・・。アルムのおんじ、みたい。
その英語はドイツ語訛りがきつくて、なんだかよくわかりませんでした。笑

でも、みなさん、日本の地震や津波、原発問題を心配してくれてました。
なんでも、イタリアで近々、原発の是非を問う国民投票があるらしいのです。
彼ら曰く、「あの日本で、あれほど制御不能になるものを、このイタリアで維持管理
なんてできるわけがない!」という意見が多数のようです・・・。
ここでもベルルスコーニはものすごい不人気でした。彼の地元、ミラノにも
程近いのに。

TVで「フクシーマ」と聞くとちょっとドキッとする、そんな日々でした。
(おまけのちょっといい?話)

実は、支払いを初日にしてしまったのです。
出発のときだといろいろ面倒だと思って、先払いで。

その際に、「1泊55ユーロで2泊だから110ユーロね?」と言われ、一瞬、「あれ?
聞いてた額より多いなー」とは思ったものの、シングルユースで3部屋も使うのだから
まぁいいか・・・と言われた額で支払いました。

すると、後でマダムがやってきて。

「やだ、私間違えて多くもらっちゃったわ。1泊40ユーロだから、80ユーロでしょ?
30ユーロ、返金しますね」

って。
正直、もともとの値段が安すぎるので、30くらいいいかな?って思ってたんですけど
事前提示の値段より何の説明もなく高かったのは釈然としていませんでした。
聞けばいいんだろうけど、なんとなく金額のことって聞きづらいでしょ?
シャイなジャッポーネとしては・・・。

なんだけど、この方は田舎の人らしく、たいへん正直で誠実な人なのね。
そんなところも含めて、このB&Bはたいへんいい宿であると思いました!!

後でN子さんと泊まったB&Bの一つはひどかったし!!不誠実で。

このB&Bのマダムは、障害児教育に長年携わったというだけあって、とても優しい
目をした、おしつけがましくない、控えめな女性です。
にゃんこの性格のよさを見れば、ご主人の人となりがわかるってもんです。

・・・ん?

とすると、うちのアミッペがあんな性格なのは私のせい?!∑(!? ̄Д ̄)゚ ガーン

2 Comments

ケロ  

v-535美味しそー!ワインかなんか欲しくなりそうな朝食ですね^^
お金も帰って来て良かったですね。
普通そういうのって「あれっ、多くもらっちゃったみたい?
あっちも何も言わないし、ま、いっか。」ってなりそうなもんだけど。
猫ちゃんも可愛いし、何よりお部屋がくつろげそうですごくいい!
おみっぺちゃんの性格は産まれつき・・・としときましょうよ(笑)

2011/06/24 (Fri) 22:14 | EDIT | REPLY |   

真木  

おお。。。

>美味しそー!ワインかなんか欲しくなりそうな朝食ですね^^
って、目の付け所がさすがはのん兵衛さん♪( ̄m ̄)
本当に、コーヒーよりワイン出せって感じです。笑
この宿は本当にギスギスしてなくて、いい感じにまったり~でした。
私もこういう宿が好きです。
商業的にやる気バリバリだったり、やる気なさすぎのところはイヤだ。(難)
あみっぺの性格は・・・・・・・いや、かわいいのよ?!
ただちょっと・・・・・・・・・ランボーなだけで!!

2011/06/27 (Mon) 09:56 | EDIT | REPLY |   

Post a comment