PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第25回神保町ブックフェスティバル

151103.jpg

高校時代の友人M(司書)に誘われて、神保町へ。

151103-2.jpg

大通りから一歩中へ入った「すずらん通り」は出版社のブースがメイン
なのかな?
版元直売なので、だいたい20~50%引きというお値打ち品揃い。
しかも、古本ではなくて新刊なんでございますよ。

大通りの方、「靖国通り」は古本屋さんのブースがメイン。
こちらも店頭価格より値引きされています。

151103-3.jpg

朝10時集合、13時にティーブレイク。ふぅ。
スコーンのジャムはストロベリーと、ローズ!!
ちゃんとクロテッドクリームなのはさすがの紅茶専門店。

151103-4.jpg

サクサクした風合いで、私好みのスコーン。
ただし、超小さい・・・。直系4cmくらい。
イギリスの巨大スコーンの1/5くらいでしょうか・・・。

151103-5.jpg

ツナサンドウィッチ、一山欠けてます。Mが写す前に食べるから~!

151103-6.jpg

すごく時間がかかって、最後に紅茶が出てきました。
この店内、入った直後からシナモンの香りに包まれていました。
もう、シナモンチャイ以外頼まないわーっというくらい、強烈に。
というわけで、我々もシナモンチャイをオーダー。
温まります。
この日も底冷えしたので。

司書をしているMは私の友人の中でも、無類の本好き。
負けたわー。(@@;
登山用のリュック背負ってきてましたよ。。。さすが。

午後の後半戦、人がたくさん出てきて、各ブースも人だかり。
これだけ多くの本好きがいるのね。
そうかと思えば、一年に一冊も読まないという人もいるわけで・・・。

年配の方々で一生懸命本を探しているのを見るとほのぼの。
家族連れや若い人も多くて、こっちを見てもほのぼの。

いつもは孤独を感じる愛書家ですが、ここに来ると団結を感じます。
そして、やっぱりここは世界一の書物の町だな~とも思う。
その数、その専門性、半端なし。
深い、深すぎる。

そうだなぁ、規模で言うとHay-On-Wyeの10倍くらい?

戦い済んで日が暮れて。
神保町と言ったらやっぱり、

151103-7.jpg

カレーよね。
私は窯焼き卵カレー。
Mはピザトースト。

閉店前の投げ売りに寄るという恐るべき体力のMとお別れして、私は帰宅。

151103-8.jpg

この日の収穫物!
一番左の学術書は定価7,600円が2,000円です!

151103-9.jpg

右肩に付いたカエルがかわいくて、つい買ってしまいましたブックカバー。
普段はカバー使わない派なんだけどねぇ。えへ。

151103-10.jpg

フリーペイパー。
・・・この問答のセンス、好きだわぁ。笑

| My life | 00:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~!いいなぁ、、、本好きの人にとっては最高のお祭りですよね!行って見たい、、、行くとしたら私もリュック持参しないとだ(笑)
特に海外暮らししてると、本に飢えてますからねえ。きっとこんなところに行っちゃったら、物欲が大爆発すると思います(笑)
真木さんが買われた本、どれもとっても面白そう。
学術書って普段高いから、こんな面白そうな本が2000円だなんて、格安ですよね。いい本買われたなあ。
スコーン、、、日本サイズですね^^
でもたまに私にはこちらのジャンボスコーン、でかすぎる時があります。いつも鞄に紙ナプキンと小さなビニール袋持参なんで、食べ残したときはこっそり包んで持ち帰りますが^^;
そんな訳で日本サイズでも私には十分かも、なんて思いました。
チャイがすごく美味しそう。読んでるだけで、香りがこちらにも届いたような気がします。私もこれからチャイ、淹れて飲もうっと。
カレーもすっごく美味しそう!いいなあ、神保町。
あ、ブックカバーもいいですよね。こちらはブックカバーってないから、こういう繊細なデザインのカバーを本にかけて読むって素敵だな、って思います。
最後の「みたいなのはない」って、分かります!最近の日本語って妙に回りくどいんで、受けました。
すごく羨ましくて、つい書きすぎました。長くなってすいません!

| Saori | 2015/11/04 19:00 | URL | ≫ EDIT

本好きにはたまりません

うふふふ、Saoriさんや私のような書痴(失礼)の群れでしたよ~e-102
楽しかったけれど、すっごく目が疲れました・・・。

このスコーンは私が家で作る直径3.5cmの抜型ほどの大きさで
本当に小さかったんです・・・。一口サイズ。
美味しいだけにもう少し大きいとうれしかった。
イギリスの巨大サイズも、美味しければ天国ですが、
まずいと地獄(苦笑)ですよね。
ドギーバッグって、アメリカだけの文化なんでしょうか。
日本では衛生管理上、無理らしいですけど。

ブックカバー、外国では見ない文化ですよね~。
特に、日本の書店員さんの神技的早わざのカバー掛けは
一見の価値!というか・・・。
私、デパートのサービスカウンターでバイトしていたので、
包装は得意ですよ。笑
イギリス人よりかは器用だけど、平均的日本人よりかは不器用なフランス人の
ラッピングにイライラして、包装紙を借りて自分で包んだら「魔法!」と言われたことがあります。^^;

| 真木 | 2015/11/05 10:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/343-e92cfb77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。