PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■Lavenham(2)

Long Melfordでエビだかカニだかを食いはぐれ、流れ流れてふたたび
Lavenhamに戻ってきましたー。

実は目を付けていたパブがもう一軒、あったのよね。うふ。

151027.jpg

Lady Streetにある[Number Ten]、右手の建物です。

151027-2.jpg

Tudor朝の始祖、Henry7世時代に遡る歴史のある建物らしいです。
ちょっとドキドキしつつ、予約がないけれど食事ができるかどうか尋ねると
中庭の外席で良ければOKとのこと。

151027-3.jpg

建物をくぐり抜けると、フツーの中庭スペース。
木製のテーブルと椅子があり、家族連れなどもいて、明るい感じです。
とりあえず、ポーションは大きそうな感じだったので、スターターを
2品注文することにしました。これが成功だった☆ ←野生の勘

飲み物のエルダーフラワープレッセと、カニとアボカドのマンゴー添えサラダ。
スイートチリソースが甘い。

151027-4.jpg

カニのマヨネーズ和えはカニと言われればカニ、ツナと言われればツナ。笑
昼のフレンチがお上品だったのに比べると、ずーーっと砕けたお店かな。

151027-5.jpg

もう一品はブラックタイガーのガーリックバターフライ。
フライというから、揚がってるかと思ったら、熱々のガーリックバターに
浸かってました。笑
付け合わせもお野菜たっぷりで満足。

食事も給仕もいいんですけど、外席の宿命、

    妖怪電話お化け&喫煙

のダブルパンチ。(><)
1人の女性が上記二つを兼ね備えてました。
連れの男性(犬付)がいるというのに、ずっとずーーっと携帯で大声で会話。
片手にはタバコ。
私の席からは3mくらい離れてましたが、煙い。うるさい。

もっと近くには小さな子供も含む家族連れも座ってるのに。
この家族連れが会話が乏しい(というか、ほとんど無言)ので、よけいに
彼女のやかましさ、礼儀知らずっぷりが強調されてました・・・。

151027-6.jpg

こちらはトイレの壁紙。笑
ピンナップ・ベイピー柄?
かわいいと言えばかわいい。この時代のお色気は下品じゃなくて
可憐な感じ?愛嬌がありますね。

さて、ご飯も食べたし、夜のLavenhmaでも散歩して帰るか~!

151027-7.jpg

21時前だというのにこの明るさ。さすがは夏。

151027-8.jpg

真ん中の家の窓、ひし形ですね・・・。こんな窓枠、売ってるの?!
床はどーなってるのかしら。

151027-9.jpg

こちらは閉まっていたアンティークショップのティーセット。
取っ手もない湯呑型ので、古い時代のものかな?
小さなお店だけど、なかなかすてきなアイテムが飾ってありました。
次回は絶対、訪れなきゃ。

151027-10.jpg

よく、こんな状態で保存されてますよねぇ。
これまでの住民たちの努力のたまものだなぁ。

151027-11.jpg

昔の家は天井が低い。
したがって、玄関扉も小さい。
悪魔除けの飾り物やドアノッカー、幸運のお守りなんかも玄関周りには
欠かせないアイテム。

151027-12.jpg

二階はストライプ~。

151027-13.jpg

おうちとおうちはこのようにくっついて支え合ってます。
思うに、歯並びといっしょで、たとえば一軒が取り壊されて、この並びから
欠けてしまったら、他の何軒にも悪い影響が出るのでしょうね。
一蓮托生、と言いますか。

151027-14.jpg

この家並は切っても切れない関係なのでしょう。

151027-15.jpg

しかし、すごいピンク。笑

151027-16.jpg

こちらは教会前の大きな駐車場の入り口にあったPub。
最近廃業したらしく、中は荒れ果てていました。

151027-17.jpg

"Master Thachers"って、なにか資格とか協会でもあるんでしょうかね。
日本の茅葺屋根職人も数が減って大変みたいだし、こういう技術職が
地元にたくさんあるといいでしょうけども。

さて、明日は少し遠出の予定です。

| UK_2015 | 00:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こういう人がいない時間帯に自分のペースでのんびりお散歩できるって贅沢ですよね。
何よりも写真の中に余計な人が入り込まないのがいいなぁ、と思います(苦笑)
それにしても電話+たばこ攻撃には参りましたね、、、
私もダメなんですよ~歩いていて目の前の人が歩きたばこしてたら、無理してでもその人の前に出て歩きたくなるくらいですから(笑)
携帯電話のマナーも悪いですよね。どこでもかしこでも大声で、ってロンドンではふつーです。
そうそう、二人連れでいても、どっちも携帯画面とにらめっこで会話の一つもないってよく見ます。
外出先でもそうなんだから、きっと家でもそうなんだろうな~と想像します。そんなの一緒に居て楽しいのかしら?

どこまで遠足に出かけたのかな~楽しみにしてます^^

| Saori | 2015/10/27 20:41 | URL | ≫ EDIT

9-17時

は、私も観光とショッピングでギラギラしてます。笑
イギリスは日本と違って、ビジネスアワーが短いですよね。
17時に閉店となると、16時半くらいから店仕舞いに入る
くらいですもん。^^;
「客>店」の国からすると、「店>客」というこの
国の仕事の仕方に関する姿勢って不思議。
どっちかが良いということではなくて、イギリスでは
よその店より長く営業して、よその客を奪ってまで
稼ぎを上げようというやる気?というか、あくせくさ?
がないような・・・。

タバコ、Saoriさんも嫌煙家さんですね?
私もそうです。
日本だと、原付に乗ってる人がタバコを吸ったり(!)
して、信号待ちの横では煙は来るわ、灰は飛ぶわ、最悪
です。こちらでも吸える場所が減って来たから、余計に
マナーの悪さが目に付きますよ。
タバコを吸うことにどうこう言ってるわけじゃないんです。
タバコの煙を吸わせるな!と言いたいだけです。笑
喫煙者って、連中は否定しますが、95%はマナーが
悪い。それと、吸ってない時でも吐く息と指先、髪の毛
何から何まで反吐が出るほど臭い。笑

あ。喫煙者に対する恨みつらみが・・・。i-202

| 真木 | 2015/10/29 11:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/340-20aa9419

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。