under_the_willows

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Fowey

150807.jpg

Lostwithielで買い物心を満たした後、さらに南下してFoweyへ。
丘のてっぺんにある駐車場に車を停め、入江付近まで急な坂道を下ります。
足弱の人には勧められない感じ。

150807-2.jpg

ヨット!ディンギー!プレジャーボート!!・・・がいっぱい。
マリンスポーツを楽しむ場所なのかな。

150807-3.jpg

左のカラス、子供です。羽がボサボサ。

150807-4.jpg

わかります?左のが子供。
お母さんカラスがエサを口移しであげてました。
大きさはもう、親と変わらないけどね。

なんか、Lostwithielと違って、こちらは観光地観光地していまして。
世界各国から観光客が来ていて、お店も俗っぽいのが多くて。
あんまり気に入らなかったわたくしたち。
とりあえず、お茶だけして次へ進むことに。

150807-5.jpg

Naokoさんの野生の勘で選んだこちら[The Dwelling House]。
大正解!

150807-6.jpg

見よ、このボリューミィなスコーンを!
上からフルーツ(レーズン)、プレーン、チーズ。

お、美味しそ~!

150807-7.jpg

悩んだ挙句、クリームティと鴨のサラダに決定。
スコーンも、Sidmouthのと比べるとサクサク固め。
好き好きあるでしょうけど、私はこちらの方が好き!
クロテッドクリームはSidmouthの方が濃厚だったかな。
ジャムは木苺を選んだ気がします。

そして、鴨のサラダ。
絶品だった~!
1人でバクバク食べちゃった。

150807-8.jpg

↑はNaokoさん秘伝の、「振り向いたところを撮影」バージョン。
こうすると、自然な表情で撮れるんだって。たしかに身構えないよね。
ヴィダル・サッスーン風?

天気が良かったので中庭の席で食べたんですが、ブラックバードの親子が
徘徊していて、かわいかった~。
店内もチラッと見ましたが、居心地よさそう。
最後に2階のトイレを借りましたが、一般家庭のバスルームのよう(?)でした。
不思議。

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。