PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◆West Green Garden

Hampshireにある、[West Green Garden]へ行きました。

こちらはMarylyn Abbottさんという、オーストラリア出身の有名な
ガーデン・デザイナーが造りあげた庭です。
元々は個人の庭園と屋敷ですが、ナショナルトラストと遺贈の契約を
結んでいるようです。
現在、屋敷は個人所有で、入れるのはお庭だけになります。
(彼女はオペラの熱烈な愛好者でもあり、シドニーのオペラハウスで
マネージメントなども長く務めたほど。ここでも、夏にはオープンエア・オペラ
を開催したりしているようです。機会があれば見たいわ~)

150619.jpg

湖と橋。
ここもオペラの舞台に使われたりする模様。

実はこの日、私にしては珍しく、プロパティを梯子していました。
少し遠いので、行くか行かないかすごく悩んでいたんですが、行かないと
後悔すると思って、この庭に寄った後、急いでまた別の庭へ行く予定でした。
ここは初訪問で、どれくらいの規模なのかよくわからなかったんですね・・・。
次が押している焦りの中、予想外にすてきなお庭だったのに駆け足で
見て回って、今にして思うと残念無念!
なぜ、時間的余裕を取って見ないのだ?>自分
反省。
やはり、一日1プロパティの原則を守らないと消化不良だわ。

150619-2.jpg

丸いのはラベンダーの塊。

150619-3.jpg

この庭のカラースキームは薄紫×黄色(クリーム色)が基本?
紫はネペタかな。

150619-4.jpg

あっ、マリリンさんだ!!

150619-13.jpg

整然としつつも茫洋とするのって、けっこうバランスが難しいんですよね。

150619-14.jpg

ベンチやトレリスは水色。

150619-11.jpg

ブルーローズ。
たぶん、ブルー・ムーンかな。

150619-12.jpg

咲き初めは濃い。

150619-8.jpg

だんだん、薄くなる。

150619-10.jpg

ERですね。

150619-9.jpg

これも。

150619-7.jpg

これもERだ。

150619-6.jpg

これもそう。

150619-5.jpg

これもたぶん。

150619-15.jpg

ローンの手前には濃い紫のデルフィニウム。

150619-16.jpg

芍薬がけっこう咲いてましたね。

150619-17.jpg

秘密の花園チックな入り口。

150619-18.jpg

18世紀のジョージ王朝時代の屋敷を借景に。

150619-19.jpg

手前の紫は鬼罌粟。

150619-20.jpg

この薔薇はけっこう、咲いていました。他のはまだ2割くらい?

150619-21.jpg

ありそうであんまり見ない感じのデザイン。
庭のど真ん中に井戸。その周りをツゲで丸く囲んで、中を花壇にしています。

150619-22.jpg

ミックスガーデンというか、一見無造作に色々な花々が植えられていますが
考え抜かれている感じ。

150619-23.jpg

赤いルピナスの美しいこと。

150619-24.jpg

女性で、このピンクと紫、嫌いな人はいないですよね。

150619-25.jpg

アリウム・ギガンチューム。

150619-26.jpg

煉瓦の塀なんですが、真ん中が丸くくりぬかれていて、なんだか中国庭園のよう。

150619-27.jpg

階段の先には

150619-28.jpg

泉。

150619-29.jpg

池。夏になれば睡蓮が咲くみたい。

150619-30.jpg

階段の上から振り返るとまた違った景色が見えます。

150619-31.jpg

と、足元にはにゃんこ。

150619-33.jpg

白鳥もおりました。

150619-34.jpg

ふと脇を見ると、あらまぁ!
老夫婦の奥様の膝に先ほどのにゃんこ氏が。

    「あなたの猫ですか?笑」

と聞くと、

    「No, no!座ってたら飛び乗ってきたの。ゴロゴロ言ってるわ」

ホントだ。離れていても聞こえるほどの、ゴロゴロ音。
許可を得て、パチリ☆

150619-32.jpg

なんというか、猫と庭ってとても絵になりますね~ ^▽^

| UK_2014 | 19:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

真木さん、こんにちは~!
本当いつも感心しますが、いろんなお庭ご存知ですよね。
どうやって探し出しているのでしょうか?
いつも感心すると言えば、日本の雑誌やネットの情報網ってすごいですよね。こちらの人でも全然知らないお店とか探し出して来て記事になってたりして。私もびっくりすること良くあります。

ここのお庭もとっても素敵ですね。かなり広くて見応えありそう。
一日一プロパティって理解出来ます。やっぱりはしごしようとすると焦っちゃって時間をうまく使えなかったりします。
今年はどんな秘密の花園を紹介して貰えるのかな~、なんて楽しみにしています^^

| Saori | 2015/06/20 23:54 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~!

えへ。
私はナショナルトラストの会員なので、毎年ガイドブックが
送られてきます。
それと、NGSのHP。
それから、Hudson's Historic Houses and Gardensは愛読しています。
最近は本ではなく、サイトのみですが。

平成不況になってからは、新しく出るガイドブックは少ないですね。
観光情報は鮮度が命なので、ちょっと前のガイドはあまり
役に立たないんですよ。
イギリスなんて、けっこうお店の入れ替わりが激しいし。

このお庭の日はとにかく、無理しすぎました。
一日で3軒回ったんですよ~!
最後の一軒は行く予定、なかったんですけど。
モティスフォント・アビーです。
10回以上行ってるけれど、時期によって違いますからね。
結果として、無理したけど行ってよかったです!

| 真木 | 2015/06/21 20:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/303-46c68f10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT