PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■Frome

こちらはSomersetにある小さな町、Fromeです。
有名観光地Bathから南へほんの21km下ったところ。
中世の頃にはBathなんぞよりもずっとずっと大きく、羊毛貿易などで栄えた町
だったそうです。

150529-10.jpg

写真はCatherine Hill。
見た目よりずっと急勾配です。
雨が降ると足元が危ない・・・。

150529-11.jpg

この辺は裕福な方々が多く住む地域らしく、地方の小さな町といえども
なかなか侮れないセンスを感じさせる店が多いです。
都会が大嫌いな私には最高!に好ましい感じ。

現在はこのようにこじゃれた店が建ち並ぶこの一角ですが、実は1960年代には
スラム化しており、違法占拠者が跋扈していたようです。
それを立ち退かせるに当たり、建物の半分は破壊されましたが、残りはなんとか
生き延び、1980年代に多額の資金を得て復興したようです。

150529-12.jpg

子供服もおしゃれでお高い。笑

150529-13.jpg

犬のラッピングペーパー、ほしかったなぁ。

150529-14.jpg

登り切ったところから見下ろして。
わかりますかね、この角度。

150529-15.jpg

建物内の黒猫。

150529-16.jpg

ハイソな町(?)なだけに、[KUMON]まで!

150529-23.jpg

こちらは町の中心、中世の町並みが残るCheap Streetを流れる水路。
この水は近くにある[St John’s Church]の泉から流れています。
この通りは創建以来(1500年代)、一度も乗り物が乗り入れたことがない、
純粋に歩行者向けの通りだそうです。

イギリスのどこにでもある、"Cheap Street"の"cheap"はラテン語系の"ceap"
から来ているそうです。つまり、"to sell"という意味で、中世の頃には取引する通り
という意味で使われていたのでしょう。
後に"ceap"が現在の"cheap"すなわち「安くて良いものを売ってるところですよ」
というように変化したわけですね。音と綴りが似ているからかな?

150529-17.jpg

[The parish church of St John the Baptist]です。

150529-18.jpg

こちらはサクソン時代の建物を元に12世紀以降に教会として移築したものです。

150529-19.jpg

なんか・・・

150529-20.jpg

カトリック教会っぽいですよねー?
パンフを買ったような気がしますが。発見したらまた。

150529-21.jpg

教会の名前はSt.John。つまり、聖ヨハネ。

150529-22.jpg

えぐいわー。

ちなみに、坂のCatherine Hillのアンティークショップでこのオールド
ファッションドなバッグを買ったのでした。

150529-24.jpg

蛇皮。
色はバーガンディ・レッド。

150529-25.jpg

すごく安かった~!(25ポンド)
持ち手の長さが3Wayに変えられるのです。便利。

お店の女の子はとってもほっそりしていて、お化粧もバッチリ。
ポンパドゥールヘアに白い肌、60年代アイメイクに女優ルージュ。

他の店でもあれこれ買い、買い足りなくて翌日また寄り(笑)、すてきカフェで
ランチまで食べちゃった。

150602.jpg

坂道の下の方。

150602-2.jpg

ボルシチみたいなスープ。雨が降って寒かったので温まりました。
カフェもおしゃれな店が多くて、どこに入るか迷いに迷いました。^^;

150602-3.jpg

夕暮れのCheap Street。まるで中世。

この町、好きだわ~。また行きたい。^▽^

| UK_2014 | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/295-87e82394

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。