under_the_willows

ARTICLE PAGE

◆Moseley Old Hall

150529.jpg

West Midlands州はWolverhampton近郊にある、ナショナルトラストの
[Moseley Old Hall]。

1600年に建てられた、田舎の有力者の館です。
こちらは貴族の家ではなく、こぢんまり。
わたくし、このサイズ感のお屋敷が好物です(^。^)

150529-2.jpg

元は梁がむき出しだったハーフティンバー様式の壁だったそうですが、
19世紀末頃、煉瓦を上から被せました。

貴族の屋敷ではありませんから、人通りのある普通の小道に面して
すぐに入り口があり、右手の小屋がチケット売り場。
ツアー制で、自分勝手に見て回ることはできません。
ボランティアの女性たちは往時の格好をしていて、特に高齢者は
なんだかとてもしっくりきています。木綿や麻のシンプルなドレスに
キャップをかぶり、エプロン。シャトレーンも下げ、ポマンダーまで。
芸が細かい。笑

150529-3.jpg

入場時間が来るまで屋敷の周りをうろうろ。

150529-4.jpg

和む~。

150529-5.jpg

庭も17世紀の庭を再現しているようです。

150529-6.jpg

再現された17世紀風のKnot Garden。

150529-7.jpg

館内見学時に3階から見下ろした時、すごくきれいに見えました。

そんなこんなで、ツアーの始まり始まり~。
この屋敷の一番の売りは、1651年にBattle of Worcesterで敗走した
Charles2世(その時はまだEnglandの国王ではなく、Scotland国王にすぎない)を
護国卿Oliver Cromwell率いる乱暴で有名な追手の議会軍から、時の当主が
かくまったエピソードでしょう。

屋敷の所有者であるWhitgreave家は敬虔なカトリック信者で、ロイヤリストでした。
だからこそ、当時賞金首(なんと1000ポンドの報奨金!今で言ったら1億くらい?)
であったCharlesを二晩も守り切ったのです。
1651年9月3日にウースターの戦いで負けたCharlesは追手から逃れつつ、
フランスへ逃亡するために北上。
当初、国王軍指揮官のCharles Giffardの所有するBoscobel houseへ避難し、
議会軍の追跡を撒いてWalesの港から海路、フランスへ向かう予定でしたが、
議会軍は港へ向かう橋という橋、船という船を封鎖してしまい、仕方なく
またBoscobel Houseへ戻りました。
その間に、Giffardは自軍の部下であったMoseley Old Hallの若き当主(28)
Thomas Whitgreaveに自邸にかくまうスペースを用意させます。

戦いから5日後、9月8日の未明に、チャールズ2世はこの屋敷へ辿り着きました。
館のガイドツアーは彼が忍んでやってきた、裏口から始まります。
トマスは彼の服を乾かし、食べ物を与え、ケガをした足を介抱し、チャールズに
5日ぶりのベッドでの休息を与えました。

二階にはその時使用した、真っ暗な部屋にある四柱式ベッドや、追手から
隠れた穴(Priest hole)が今でも保存されています。

元々、Whitgreave家はカトリック信仰を貫いていたので、自邸には神父であり
チューターでもあるJohn Huddlestonが居り、神父を隠す際に使用した部屋や
仕掛けがありました。

トーマスは後に"Preserver"と呼ばれます。二重の意味があると思いますね。
Kingを文字通り、preserveしたから。笑

この屋敷は後にWhitgreave一族が別邸を建てて移住してから、徐々に荒廃が進み
19世紀末にはテナントに貸すためか、ジョージ王朝風に見えるようハーフティンバーの
外壁に煉瓦をかぶせたりしたものの、借り手もなく、最終的にナショナルトラストの
ものとなったようです。

2 Comments

Saori  

私もこれくらいの規模のお屋敷が見やすくていいなぁ、、、と思います。
あまり広大だと見てるうちに疲れてくるし、おなか一杯になっちゃうんですよねえ、、、(頭の解析能力が全然追いつかない。苦笑)
ほんと、こうして真木さんの旅行記を読ませてもらうと、ロンドンから北方面、私にとってはまったく未知の土地だなぁ、、、と。
いつか真木さんみたいにぐる~っとナショナルトラスト巡りしたみたいものです^^

2015/06/08 (Mon) 18:10 | EDIT | REPLY |   

真木  

ナショナルトラスト

だけでも、たくさんありますもんね〜?
私、イギリス在住だったらしらみ潰しに見尽くすと
思います、はい。

私も広大な城とかって苦手なんです。
ブレナムパレスとかカッスル・ハワード的な。
博物館も大英とかルーヴルは一度見尽くしたらもういいです。
個人収集の変人コレクションの方が好き。

土地柄って、ありますからね。
私はロンドン以東はダメでして。感性が合わない。
平たい湿地帯や、議会派や清教徒の多い土地柄がダメ。
ケンブリッジ大も、東大に対する京大的存在ですよね。
変わった人がオクスフォードより多いというか。笑

私はウェールズからミッドランドが好きだな〜。
後はヨークシャーにスコットランド。
デヴォンにコーンウォール。

ロンドンとイーストアングリア以外ってことかしら。

2015/06/08 (Mon) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Post a comment