under_the_willows

ARTICLE PAGE

◆Attingham Park (3)

ほんと、長くてすみません・・・。
旅行記は自分自身の備忘録なので、書かないと端から忘れてしまう~。^^;

150520.jpg

さて、[Attingham Park]の話もこれで最後です。

屋敷の外へ。

150520-6.jpg

広大な敷地には牛や鹿が放牧されています。

150520-7.jpg

お屋敷牛。
のどか~な景色ですね。

150520-8.jpg

屋敷の前庭と放牧地はこのようにHa-haで仕切られていて、
動物は屋敷の周りには近づけない仕組み。
(でもけっこう、入り込んでるヤツもいる模様。←証拠の糞があるもん)

150520-2.jpg

あの橋のある辺りにTern川があると思います・・・。
あそこを越えると、鹿園が広がってるらしいんですけど、もう歩くのに
疲れちゃってパスしました。
たぶん、5kmくらいは歩かされると思う。
健脚の人はトライしてみてください。

軟弱な人は屋敷の裏手から、Walled Gardenへ向かいましょう。

150520-5.jpg

こちらでも、1kmはあったかな・・・。
通常だと、屋敷とWalled Gardenってこんなに離れていません。
ただこの辺り、どうも土地が低いみたいで、たびたび浸水被害があった
ようです。
そのため、ちょっと高い地所に庭を造ったみたいです。

150520-13.jpg

この庭も広かった~。
だだっ広い、と申しますかね。
Walled Gardenと聞いて想像するような、花にあふれた庭!という感じではなくて。
キッチンガーデンとMeadow(野原)と花壇と果樹園の混合部隊?
ちなみにこの煉瓦壁、全部煉瓦だそうです。
普通はもっと低価格で実現できるように表面以外はモルタルやコンクリにしますが、
この屋敷のは最高級オール煉瓦仕立て。
なおかつ、ボイラーで壁の中に熱を送る仕組みもあったとかなかったとか。

150520-14.jpg

植えられているのもデルフィニウムやピオニー、

150520-17.jpg

白いジギタリス、

150520-19.jpg

ニゲラ。

150520-18.jpg

とりあえず、地面をむき出しにするのもなんだから植えてみた、風。

150520-15.jpg

この辺りはキッチンガーデンと果樹園コーナーかな?

150520-16.jpg

この植え方は日本じゃ見ませんが、イギリスではたまに見ますね。
リンゴの木を斜めにエスパリエする感じ。

150520-20.jpg

一角にはガーデナーの作業部屋兼住居があります。

150520-22.jpg

このケトル、ほしいなー。

150520-21.jpg

瓶♪

150520-23.jpg

庭師の机。

150520-24.jpg

乾燥中の植物などの仕分け棚。

150520-25.jpg

引き出しには種・種・種。

帰り道ではこんな子に遭遇しました。

150520-3.jpg

胸朱っ!脚、細っ!

150520-4.jpg

Robinちゃん。ヽ(´∀`)ノかわいい~♪

150520-9.jpg

はっ

150520-10.jpg

灰色リスちゃん。

150520-11.jpg

尾っぽがくるんとカール!おお~二匹もいる~ぅ。

150520-12.jpg

ぎゃ~、目が真ん丸っ!(≧▽≦)
かわいすぎる。。。

疲れた心にしみる、かわいさでした♪

0 Comments

Post a comment