PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◆Packwood House(2)

Packwood House】の続き。

庭の前に、内部見学で見かけた気になるあれこれをご紹介。
まずはstained glassシリーズ。

150122.jpg

[Hall]の大窓。1階~2階ぶち抜きの高さです。

150122-2.jpg

王家の紋章。←マンガじゃないですよ(笑

150122-3.jpg

ん~。
ガーター騎士団(Knight of the Garter)のmotto(Honi soit mal y pense)が
見える・・・。
誰の紋章でしょうね。
たぶん、Baron Ash氏がどこぞの競売で購入してきてインストールしたもの。

150122-4.jpg

同上。

150122-5.jpg

[The Parlour]の窓。
聖書の一場面を表していますね。
Grisaille stained glass、モノクローム仕立て。
色ガラスでギトギトなのより、私はこちらの方が好み。

150122-7.jpg

外の天気が今一つなので、美しさも半減。

150122-6.jpg

これも聖書の一場面かと。

150122-8.jpg

[The Long Gallery]のもの。
「楽園追放」の場面。
イヴの腹筋がすごい。
神が「カトリックの法王」風なのもいかがなものかしら。

150122-9.jpg

帆船。

続いて、[The Great Hall]のガラス。

150122-10.jpg

こ、これは・・・!
日本人なら、100人中100人が

        蚊取り線香だっ!!(@@;

と思うハズ。笑
これはAsh氏が発注した新しいステンドグラスシリーズのようです。

150122-11.jpg

これはどこのだったかなぁー。
1613年の年号が見えますね。文字からするとドイツ語圏のもの。

150122-12.jpg

たぶん、上と同じものの一対。
もはや、コラージュのようになってますね。^^;
色々な年代のガラスが埋め込まれてパッチワークみたいになってる。

150122-13.jpg

隅っこの枠にはフルートを吹く天使。

150122-14.jpg

1598年と銘のある、騎士像。
ドイツ語っぽい気がするけど、どうでしょう?

150122-15.jpg

1723年。
これもウムラウトがあるし、ドイツ語っぽい。
文頭が "Ich hoon..."とあるし?

150122-16.jpg

[The Dining Room]のもの。
たぶん、聖人を描いたもの。

館の持ち主Ash氏は有り余る資産を用いて、近隣の古屋敷から、
あるいはサザビーズ、あるいは外国から、「時代のあるもの」を
購入して、屋敷を飾ることに精魂を傾けていました。

※この屋敷は元々は豪農の屋敷。
300年くらい一族で所有したものですが、貴族ではないわけです。
(Yeoman→Barrister→地元の代議士という出世コースは歩むものの)
由緒正しき身分というわけではないので、当然ながら紋章やら先祖の
肖像画やらはありません。

次は絵画部門。
こちらもAsh氏があちこちで集めて来たコレクションと思われます。

150123.jpg

ヘンリー8世。

150123-2.jpg

「花輪を持つ少女」

150123-3.jpg

フランドル風な感じ。
こんなに幼げなのに、薬指に指輪が。婚約中?
おばちゃん、見逃がしませんことよ?(キリッ)

150123-4.jpg

キャンバスに描くのではなく、板に直接描いています。
これは衣装からもかなり、古そう。

150123-5.jpg

エドワード6世じゃないかと思うんですけど。

150123-11.jpg

スコットランドのメアリー女王。

150123-6.jpg

この絵もイギリス風ではないですね。
胸元のレースやヘアスタイルも、どことなく大陸風。

150123-7.jpg

1588年の銘のある、鉄製の火の粉除け。

150123-8.jpg

フランドル風のタペストリー。

150123-9.jpg

17世紀頃のsedan chair(椅子かご)。

150123-10.jpg

中の人形(等身大)もドレスも、昔のものです。
こ、こわい・・・!!

150123-12.jpg

こちらは18世紀のファッションドール。体長40cmくらい。
足元のアフリカ人の人形はドールハウス用?かなぁ。

150123-13.jpg

spinet。
小型のチェンバロです。

150123-14.jpg

サイドには鍵の鎖が。

そうそう。昔の楽器って、鍵付きなんですよね。
うちにあった昔のピアノも鍵が付いていたけど、最近のピアノにはよほど
高級楽器でもない限り、鍵なんて付いていません。

というわけで、次はいよいよお庭!に参りたいと思います。^^;

| UK_2014 | 01:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~面白いお屋敷ですね。
ステンドグラスを眺めるのが好きなので、じーっくり見せてもらいました。
一番のお気に入りは蚊取り線香(笑)
あれは一体何を表したものなんでしょう?
とっても気になっています。

そういえば王家の紋章ってまだ続いているんですか?
ガラスの仮面とか、、、全然終わらないマンガってどこまで続くのか気になりますね。

| Saori | 2015/01/26 19:33 | URL | ≫ EDIT

うふふ

こんばんは。(^・^)

蚊取線香はたぶん、水辺を表してるのではないでしょうか?
帆立貝も見えるし。
巡礼…。遍歴の騎士とか?笑

王家の紋章も、ガラかめもまだ続いてますよ〜。
終わる気がしません。笑
速水真澄の年齢をとっくに超えた自分に驚きます。
彼、31歳なんですよ…。汗

| 真木 | 2015/01/26 22:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/266-f93c9f30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT