under_the_willows

ARTICLE PAGE

◆Baslow to Froggatt(Peak District Walking)その1

2013年6月の旅行記より。

今回、けっこうあちこちで歩きました。
歩くつもりで、装備も万全!
トレッキングシューズ(重いのに・・・)も持ってきたし、トレッキング用の
シャツやソックス、防水ハット、レインポンチョ、リュック、磁石も持参しました。

naokoさんと合流後の翌朝、満を持して(?)トレッキングへ出発!
宿から車で20分ほどのBaslowという村からFroggattという面白い名前の
村まで、トレッキングルートで往復9kmほどのプラン。
ま、行って帰って4時間コースでしょ?
・・・なんて思ってたのが、甘かった!!(><)
けっこう、ハード目でした。(私には)



Baslowの駐車場に車を停め、そこから丘を登り、トレッキングコースへ
入ります。

131016.jpg

こちらはBaslowの村外れのお宅。
軒下に藤が満開になってるの、見えますかね?
6月なのに。。。
今年は春が遅かった。
この日も朝は薄曇りで、肌寒く。

131016-2.jpg

まだ元気が有り余ってる(<なにせ歩き出して10分以内)感じ。

131016-3.jpg

だんだん、陽が出てきて、青空が! ナイスヴュ~!

131016-4.jpg

人っ子ひとり、車一台通らない道を2人でてくてくと。

131016-5.jpg

このコースは農場の真ん中を突っ切るコースで、農場の通り抜けが
パブリックに許されている、いわゆるパブリックフットパスなのね。

鳥がコワイnaoko嬢にはちと試練の道でもありました。
農場のゲート付近には鶏がワラワラ湧いていたので。

131016-6.jpg

右手の斜面の、羊囲いから脱走羊発見!!

131016-7.jpg

春に生まれた子羊くんたち。

131016-8.jpg

道には出られないハズなのに、脱走してる・・・。
なんてヤンチャな・・・。

131016-9.jpg

我々と出合ってしまって、ちょっとパニくった彼ら。
どうやって、囲いの中に戻るのかな~?と観察していると、
なんとバラ線とバラ線の隙間にカラダを突っ込んで戻ってました。
大胆。

131016-11.jpg

さらに進むと、バタカップ畑。←いや、勝手に生えただけだけど。

131016-12.jpg

お馬さ~ん!!

131016-13.jpg

北海道みたい。

131016-10.jpg

馬は怖くないnaoko嬢、進みます。笑

131016-14.jpg

この辺りから、牧草地から林へと移っていきます。
木の下にはおいしそうな、ラムちゃんズ。

131016-15.jpg

石垣にはカラスの子!!
か、かわいい~~~っ!!
鳴いてました、「ビヤッ!(ママ!)」って。

131016-16.jpg

石で出来たスタイルとフットパスサイン。

131016-17.jpg

だんだん、森っぽく・・・。
シダとワラビ、それにイギリスの春の花ブルーベル。

131016-18.jpg

道は徐々に斜面を上る形に。
足元は岩がゴツゴツ。苔も。木の皮や葉が落ちて、地面はフッカフカ。

途中で宿から持ってきたショートブレッドと昨日購入したベイクウェルケーキで
休憩。
かなり、しんどい!!
この辺りで、上から下りてきた集団とすれ違ったけど、高齢かつ軽装で
ちょっとびっくり・・・。

131016-19.jpg

気を取り直して再度、登ります。
途中で見つけた面白い人面苔

131016-20.jpg

上を見上げると、頂上が見えます。あそこまで登るのか~。
ふ~っ

131016-21.jpg

だんだん、岩が大きくてゴツゴツしてきました。
これ、転がったりしないのかな?
こ、こわい・・・。

131016-22.jpg

とりあえず、たどり着いた!!
疲れた~~!!

0 Comments

Post a comment