under_the_willows

ARTICLE PAGE

Painswickで散策

この日はコッツウォルズからWalesへの移動日。

何を思ってPainswick(発音:ペインウィックだそう)に寄ったのか、
今となっては不明ですが・・・。
この日は私にしては(<I'm 晴れ女!)珍しくお天気がすぐれず、
写真も冴えない。

けっこうな登りの先に、Painswickはありました。
とりあえず、駐車場に車を突っ込んで、寒い中を散策することに。

141224.jpg

こちらははちみつ色というには薄すぎる石材。
冴えない天気とあいまって、paleカラーは人を意気消沈させます・・・。
ちなみにこちらの売り文句は「Queen of England」。←誇大広告

141224-2.jpg

【St.Mary】教会へと続く墓地門は、ゲートハウス形式になっていました。

141224-3.jpg

なんだろ。
讃美歌?

141224-4.jpg

樹齢200年を超えるイチイの木々。
どーみたって、あーた、こりゃ「きのこの山」っしょ?!

141224-20.jpg

一部は周りの木とくっついちゃってるし。

141224-19.jpg

多大な時間を経ないと生み出されない不思議なトピアリー。
なんでも、伝説では99本植えられているそうです。
100本目を植えても悪魔が引き抜いてしまうので、どうしても99本しか
植えられないそうです。

141224-17.jpg

うーむ。どの角度から見ても変!

141224-6.jpg

そして、町の規模にしては不似合いなほど、墓地が大きい。

141224-7.jpg

あっ

141224-8.jpg

ああっ!!

141224-5.jpg

なんなの、このピラミッドは?!
碑文はすでにすり減っていて、読めなかった・・・。謎~。

141224-9.jpg

14世紀の創建だそうです。
御多分に漏れず(?)、こちらも羊毛貿易で財を蓄えた商人たちが
浄財を注ぎ込んだ教会です。

ん~。だがしかし。
なんだか白ちゃけていて、古式ゆかしい感じがゼロ。新築物件みたい。

141224-10.jpg

これは海軍関係者の墓碑でしょうかね?

141224-11.jpg

誰だろ~?

141224-12.jpg

16世紀のご夫婦の墓碑と思われ。

141224-13.jpg

二人が跪く前には本でできたテーブル。
これって異色じゃない?
ご主人が本に関わる仕事に携わっていたのかな。

141224-14.jpg

この碑名。

141224-15.jpg

笑える。ヘタくそどくろ。

141224-16.jpg

このHatchmentはウィリアム4世のだと思いますが、どうして彼のだけ
掲げているのか?
他の国王のは?

そばにいた教会賛助会員の男性に聞くも、そもそも「Hatchmentってなに?」
って聞き返された・・・orz。
ごめんなさい、中途半端な歴女で!!

Painswickは内乱時代、クロムウェル一派の議会派の重要拠点でした。
その時代には王党派に何度も取り囲まれ、攻撃されたそうです。
塔には二つの小さな砲弾の跡もあるらしい。
洗礼盤もぶっ壊されて、その後に新しいのを設置したそうです。
しまいには火まで放ったというんですから・・・恐ろしいですね。

141224-18.jpg

右手のハーフティンバー様式の家、元Post Officeです。
今は空き家っぽい。

141224-21.jpg

町は高台にあるので、見晴しはとてもよいです。

141224-22.jpg

小さな町なのに、かわいいアンティークショップやカフェが数軒、
パブにホテルもあります。

141224-23.jpg

     見たにゃーーー

メインストリートも一部、交互通行しなければ通り抜けられないほど
細い部分があります。
マニュアル車だとけっこう大変かも。。。

一歩奥へ入ると、新興住宅地!がたくさん建っていました。
バンガロー的な家もけっこうあり。
行き止まりの道も多かったので、あまり迷い込まない方が吉かも。。。
見るべきものは何もなかった・・・。

141224-24.jpg

カフェで一服。

141224-25.jpg

寒いから温かい飲み物がほしくなる~☆ 微妙にぬるかったけど。。。

ところで。
イギリスはwifi天国で、私のような旅行者はとても助かりました。
野良wifiは危険だから使う気がしないけど、こうしたお店等ではどこでも
パスワード制のフリーwifiになっているので、安心して使えます。
その点、日本は「おっくれてるぅ~!(><)」なぁ。

2 Comments

Saori  

真木さん、明けましておめでとうございます。
ペインスウィック(スなんですね~ずっと、ズだと思ってました)は6年ほど前行こうとしたら、大雨で道が陥没して不通になってて辿り着かなかったある意味思い出深い場所です(苦笑)

今年もまた引き続き旅行記楽しみにしていますね。
そうこうしているうちに、今年の旅行のご予定なんぞがそろそろ出てくる頃かしら?^^
2015年が真木さんにとって楽しいことがいっぱいの良いお年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします^^

2015/01/01 (Thu) 20:07 | EDIT | REPLY |   

真木  

ことしもよろしくです

Saoriさん、
遅くなりましたが明けましておめでとうございますv-457

発音は不明です。。。
そう発音すると聞きましたが、イギリス人は人によって
言うことが違う(As you know)し、Cirencesterだって
私は「サイアレンスター」と言うと言われたけど、これまた
諸説あり・・・。謎。
英語はフランス語に比べると、不規則で、謎発音が多すぎる
という印象。
フラ語は知らない単語でもどう発音するか、よほどでない限り
わかります。でも英語はさー。(--;

大雨で道が。☆
Paiswick自体は高台だから、そこへつながるルートが寸断
されたのでしょうか。
イギリスの洪水も年々増えてますよねぇ・・・。
温暖化の影響なんでしょうかね。

今年ものんびり更新!
・・・している間に次の旅行!笑
いつもどおりの、通常営業ですがよろしくお願いいたします。v-353

2015/01/06 (Tue) 16:18 | EDIT | REPLY |   

Post a comment