PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

歩こ~ 歩こ~♪

2010年5月の旅行記より。

本日はお昼前に駅でnobukoさんを拾う約束。
それまでのフリーな時間に、naokoさんRさんの住む町の散策へ!
Rさんとnaokoさん合作のあやしげな・・・立派な地図を持って。

昨日の晴天とは打って変わり、雨雲、もといnobukoさんが近付いて来るのを
予感させるような曇り空。。。しかも寒い!!

下は長靴、上はしっかり着込み、傘まで持って出発。

100705-2.jpg

麦畑。
その脇にはこんな小道。

100705.jpg

ネトルの花も(見てる分には)かわいい。

100705-3.jpg

左に折れると【Footpath】の表示が。
迷ったけれど、この日は天気も悪いので市道を行くことに。。。

100705-4.jpg

なんちゅうか、立派なお宅にはもれなく立派なお庭が付いているものね。

100705-5.jpg

高そうな木が植わってます。笑

100705-9.jpg

黄色いのはLaburnum anagyroides。
別名、Golden rainともGolden chainとも言います。日本名はキバナフジ?

100705-8.jpg

それにモンタナ系のクレマチスをクライミングさせてる。珍しい組み合わせ。

100705-7.jpg

今回の旅行中、とてもよく見かけたのは上記ラバーナムとこれ。ライラックです。
私の旅行シーズンではいつも終わり近くになってるハズの2種なんですが、今年は
春が遅かったみたいで、軒並み開花時期が1ヶ月遅れてる感じ。

100705-6.jpg

こでまり。
葉っぱが斑入りなのが変わってるかなぁ。

100705-10.jpg

送電所か何かの標識。怖すぎ。

100705-11.jpg

Commonと呼ばれる原っぱの広場の一角にある、Parish church。
※場所は伏せますが、こちらは地名にもある通り国王の直轄地だったそう。
 国王RichardⅢが近くにある宮殿に滞在し、狩に使っていたそうな。

100705-16.jpg

なんていう石なのかな。イギリスでは比較的あちらこちらで見かける、このスタイル。
こういうちょっと装飾的な(脆そうだけど)石を壁にみっちり使ってます。
この教会はVictorianなので、あんまり古くはなさそう(せいぜい150年くらい)。

100705-12.jpg

中もアッサリした感じ。
公民館的な使い方もしてるようです。

ちょっと面白いなーと思ったのはこちらのステンドグラス。

100705-13.jpg

よーっく見ると。

100705-15.jpg

エロイカ(c)池田理代子。っぽい。

100705-14.jpg

こっちのはアラベスクのミロノフ先生(c)山岸涼子。っぽくない?

なんか、人物が少女漫画っぽい。(^^;
イケメンすぎるでしょ、これ・・・。

100705-17.jpg

墓地に回ると、(<墓碑を読むのが趣味の一つなもので・・・)

100705-18.jpg

なんとBluebellが群生してました!!(@@;
驚いたのは墓場に・・・ってとこじゃなくて、もう6月にもなろうというの
花盛りだってことに、です。
本来、これって春の花だから。
どんだけ遅れてるんだ、春が?!

イヤーな予感・・・。
私のお目当ての、薔薇はもっと春が進んでないと咲いてないもの・・・。
イギリスでは初夏の花なんだから。
ということは、今回は薔薇の蕾とばかり出会うのか?!
一番キライなパターン!!(><)

100705-19.jpg

き、気を取り直してVictorianの元小学校。
ここの壁もあの石だわ。
ヴィクトリア女王のジュビリーを記念して作られたとかなんとか書いてあったかも。

100705-20.jpg

その横にはすてきな感じのPub。
naokoさん曰く、味はいまひとつらしい。。。残念!

100705-21.jpg

キジの風見鶏。

100705-22.jpg

Royal CipherがGR、すなわち国王George V(1910-1936)。古い方ですね。

100705-23.jpg
100705-24.jpg

煉瓦屋敷。
坂を下っていくと右手にPubとCafe。

100705-26.jpg

その斜向かいに中古車屋さん。

100705-25.jpg

KIA・・・?
聞いた事のないブランド。
これってどこの国の車?
なんか、ローバーと日本車をパクったような車体が多いこと。
※W杯の広告に出てましたねー。お隣のS●uth K●reaかぁー。

100705-30.jpg

そうそう、この木も満開でしたわ。どこもかしこも。

100705-31.jpg

Chestnut Tree、セイヨウトチノキ。
馬栗とも呼ばれる、美味しくない実が生る木です。
イギリスでは子供の遊びで【Conker】というのがありますね。
日本だと掃除がたいへんだけど、こちらの人は落ち葉や実を掃除する文化がない
から、そんなこと気にしないであちこちに植わってるのかもしれない。

そろそろ散歩も出発点に戻りつつあります。

100705-28.jpg

naokoさんが「小さい方のガーデンセンター」と呼ぶ園芸店へ。

100705-29.jpg

おお、やっぱりGunnera Manicataは売ってるのね。(^^;
なぜか知らないけど、イギリス人はこのエキゾチックな植物がお好きよね。
他にもモミジとか、珍しいPhotiniaとか売っていたっけ。。。
日本で売ってるのより、相対的に値段は高いような気がする。

100705-27.jpg

2時間近くうろついて、出発点のクレセントロッジングに戻る。
不思議なカタチの建物よねぇ。
外側は通りに合わせて円形で裏側は直線なのだった。

ここの右端にお肉屋さんがあって、Rさんはそこで立派な牛ブロックを
買ってきたらしいですよ。
すごい人気店で、ちょっと突っ立って見てる間にも続々と人がやって来る。
土曜だってのに。

これは明日のランチ、期待できるなぁー!!
食材良し、シェフの腕良し、ですからね。


雨がぽつり、ポツリ・・・。
きっと、御大(=nobukoさん)が近付いたのね!!
お迎えに行かなくては。

| UK_2009 | 23:23 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

雨女

旅行記始まったねー。
あの頃は真木ちゃんの晴れ女パワーに対抗(?)できたけど、真木ちゃんが帰った後は急に雨女度が下がったようで、最近はずっと晴れ続き。
ここ70-80年で最小降雨量記録してしまったらしく、水不足がかなり深刻な問題になりそうです・・・

| nobuko | 2010/07/06 06:38 | URL | ≫ EDIT

これGunnera Manicataっていうのね~
Nobuko↑とこの小さいの方のガーデンセンターに行った時にこれ見て”きもっ”
って言っていたの笑
買う人いるんだね、わざわざ。
そうそう雨が降らねーだよー
庭の芝生が藁色だよー涙
こう言う時にNobukoの雨女っぷりを使ってほしいわぁ↑
ところのこの円形の家、今テナント探してるよー
どう?

| naoko | 2010/07/06 07:27 | URL | ≫ EDIT

水不足?!

nobukoさん、出張しなくちゃ!
・・・って、ロンドンも晴れ続き?
私より後に出発された方から「毎日、快晴すぎ~!」という
羨ましいカードが届いたんですよぉ。
Cornwallだから!!と自分に言い聞かせてごまかしていたのに。。。
くすんくすん。
本当の雨女はもしかして・・・?!<私?

| 真木 | 2010/07/06 23:26 | URL | ≫ EDIT

なっ

>ところのこの円形の家、今テナント探してるよー
>どう?
「どう?」って・・・、お姐さん、何言いますのん?!
でもnaokoさんの地域、本当に理想的。
鄙すぎず、都会にも近すぎず遠すぎず。
町のサイズも小さいけれど、小さすぎず、落ち着いていて
変な人が少なくて、極端な貧富の差もなさげで、
老若男女がバランスよく住んでる感じ。
Home Stayしたいわ~~笑
半年くらい。(遠い目)
しかし、日照りは困りますなぁ。
日照はまぁいいとして、水はガーデニングと農業には
マストアイテムですもんね?!
ぜひ、散水機を例のガーデンセンターで購入してくださいまし。
けっこう、安めの売ってましたゾ!

| 真木 | 2010/07/06 23:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT