PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Lea Gardens (Matlock)

2013年の旅行記より。

最初に泊まった、ピークディストリクト近郊のMatlock近くのB&B。
そこのマダムに強く勧められた〔Lea Gardens〕に行きました。

ここはRhododendrons(西洋石楠花)やAzaleas(西洋ツツジ)の
コレクションで有名な庭園。
逆に言うと、それしか咲いてない・・・・・。
そして私はそれらの花が苦手。(苦笑)
でも、Noといえない日本人としては渋々、寄ってみることにしました。笑

130725-2.jpg

これは庭の入り口近くにあったフットパス。
こういう道、すごく好きです・・・・・・!!
時間があったら、歩きたかった。。。

130725.jpg

庭のマスコット(?)カー。
ちっせぇ。かわいい。



こちらの庭はJohn Marsden-Smedley (1867-1959) というおぢさまが
造りました。
ご存知、高級セーターで有名なあの〔John Smedley〕です。
私のB&Bも、スメドレー家のお城(現在は廃墟)のふもとにありましたし、

130725-37.jpg

この庭のあるLea村もスメドレーの地所。
アウトレットファクトリーもあります。すごくお値打ち商品がいっぱい
ありましたよー!

・・・と、そんなことはどうでもよく。

そのスメドレー氏が有名庭園〔Bodnant Garden〕にインスパイアされて
造ったのがこのお庭だそうです。

庭に入るとすぐ、カフェコーナーと苗木の販売コーナーがあります。

130725-12.jpg

左手がアザレアのコレクション、

130725-4.jpg

ご覧のようにもみじや菖蒲、シダ、ロックガーデンと、

130725-3.jpg

池もあり。
どことなく和風・・・。

130725-5.jpg

あっ。
イギリス人の大好きな南国の植物、Gunneraもございましてよ!

130725-11.jpg

ブルーベルも群生しています。
ところで。

130725-9.jpg

コレと、

130725-10.jpg

コレ。
スパニッシュとイングリッシュですよね??紫が濃くてうつむいてる方が
イングリッシュ?
ピンクとか白いのもありますよね?
あれは園芸種なのかな?

さて、入口右手はロードデンドロンのコレクション・コーナー。

130725-13.jpg

右手のクレマチス・モンタナが小さく感じられるほどの石楠花!

130725-14.jpg

花房がとにかくデカイ!

130725-17.jpg

このように道の両端に石楠花、石楠花、石楠花。

130725-15.jpg

とにかく、色がケバイ。

130725-16.jpg

日本の石楠花と違って、香りの強い種類もけっこうあります。

130725-23.jpg

だんだん、色の洪水に

130725-32.jpg

頭がくらくら(@@;してきます・・・。

130725-30.jpg

うーん、heavyな庭だわー。

130725-29.jpg

一種類のものを偏執的にコレクションする庭って、

130725-20.jpg

私の趣味ではないです・・・。
バランスよく、組み合わせてナンボじゃないでしょうか?庭って。

130725-18.jpg

ふぅ。
杉木立の先までずずーーーっと石楠花。

130725-34.jpg

奥のほうはほとんど半野生化。
ノラ石楠花状態。。。

130725-27.jpg

この一角は好きだわ。
こんな感じは。

このたいへん派手派手しいコレクションの中から、私が気に入ったのを以下、
列挙してみます。

130725-19.jpg

光にかざすと透けてきれい。
シフォンのドレスのようです。

130725-22.jpg

中がクリーム色、外が薄いピンク。
かわいい。

130725-21.jpg

不思議なアプリコット色。

130725-24.jpg

薄いレモン色。
清楚。

130725-25.jpg

散り際であまりきれいじゃないですが、珍しいモーヴ色。

130725-26.jpg

薄いピンク。花形が上向きで、きれい。

130725-28.jpg

上の拡大。ふちが波型です。

130725-31.jpg

これは匂いが強い品種だったかな?

130725-33.jpg

これは色の組み合わせが好きです。

130725-36.jpg

ちょっと色味がきついけど、これくらいなら許せる。笑

130725-35.jpg

まぁ、できればこれくらいで止めたいけど。


よく、庭好きの人と話すんですが、「イギリス人って意外と(?)
派手好きな人が多いよね」って・・・。

天候がアレなので、明るさを求めるのかもしれません。
また、新奇なものに興味を引かれる、冒険心もあるのかも。

新奇なものといえば、こんなものもありましたっけ。

130725-6.jpg

わかります?
枝の下に葉がだらーんと延びていて、その先に新芽が付いてるんです。

130725-7.jpg

だらーん。

130725-8.jpg

だらーん。

けっこう、イギリスではよく見かけるのですが、日本では見た覚えがない。

| UK_2013 | 01:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も苦手、、、実はRも。

ケバい笑
まさにマキちゃんの言う通りの理由。

すごく繁殖力が強いと、先日ドキュメンタリーで言っていましたよ。

マキちゃんのセレクションを見ると、可憐で清楚なものがお好きな様で。

ないものねだ、、
いえ、なんでもございません。

| naoko | 2013/07/29 04:14 | URL | ≫ EDIT

チョット!

>ないものねだ、、

ジロリ。i-180

naokoさんとRさんも苦手?
あはは、なんとなくわかります!

うちの母は逆に、こーゆー派手派手しいのが大好き。
わかるでしょ、うちの親子がどれだけ気が合わないか。笑

繁殖力、確かに強そうですよね。北ウェールズの山が紫色の石楠花で
染まってて、現地のおぢさまが「あれはヒマラヤから誰かが移植した
ものが大繁殖して自然を壊してしまった」とボヤいていました。
強すぎる外来種は危険ですよね。。。一度根付くとなかなか駆逐でき
ませんから。

| 真木 | 2013/07/29 10:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://willows66.blog.fc2.com/tb.php/15-0c75348f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT