PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Coughton Court

2009/06の旅行記より。

View map of B49 5JA on Multimap.com
Get directions to or from B49 5JA


北Cotswoldsの宿を発ち、西のWalesの宿へ向かう途中で一旦北上し、
Coughton Court】へ立ち寄りました。
1409年より、Throckmorton家の居館であったこの館。
今年でちょうど600年という記念すべき年。
いやー、それにしてもしぶとい一族です!!
よく生き残れたものですよねぇ・・・。
Roman Catholic信者なのに。
『火薬陰謀事件』の首謀者と縁戚関係にあったのに。

091020.jpg

まずは正面、ファサードより。

091020-2.jpg

こちら、その反対(裏)側。

091020-3.jpg

石造りの塔の裏側両端にある、木組みの屋敷。
どちらかがオフィスで、どちらかが現在のThrockmortonご一族が
居住するスペースだそうです。
(館自体はNTに譲渡されています)

091020-4.jpg

塔の上から庭を眺め下ろして。風がものすごく強い!
体重の軽い母は軽く飛ばされそうに・・・!

091020-5.jpg

この塔の最上部の片隅に、東屋のようなスペースがありまして、
そこは密談をするための場所だったそうです。
屋上ですから、遠くからでも屋敷に近寄ってくる騎影が見えますよね?
いつなんどき、お縄になるのかわからない状況下で暮らしていたのかが
偲ばれる感じです。
他にも、司祭をかくまっておく部屋とか、抜け道とか、いろいろな仕掛けが
あちこちに・・・。

Henry VIIIの宗教改革後、カソリック教徒がどんな苦労をして信仰を維持
したのか。
歴史に「if」は厳禁ですが、あの改革がなかったらイギリス史はどうなって
いたのか、時に想像してしまいますね・・・。

屋敷の中はいろいろと見ものはたくさん!!ありますが。
すでに退屈している母連れなので、聞きたいことは最少だけ聞いて
急ぎ足で回りました。
それでも、館内にいるガイドさんはどの方も熱心で、ああ一人で来て
たらな~~!!・・・なんて思ったりして。
ガイド氏によると、Throckmorton男爵は12代で終わり、現当主は
タイトルなしだそうです。(たしか、女性だったような?)
多産の家系で、敷地内にある「新しい教会」(=国教会仕様)に
18人の子供を産んだ夫婦の面白い墓碑があるから見てみてね、と。

庭へ出る頃には日が照っていて、かなり暑くなっていました。
まずは中庭のカフェでランチ。

091020-17.jpg

カフェの風見キツネ!

091020-15.jpg

スコットランドのサーモンと芋とにんじん。
(写真は撮り忘れて後から撮ったもの。ぐじゃぐじゃ!)
これが美味しかった~~!!
例のごとく、量が多いので2人でシェアしましたが、一人で一皿でも
食べられたかも。
塩気が効いていて、それでいて甘くて、パリっとしていて、ディルまで
ちゃんと乗っていて、本当に美味しかった!
8.95ポンド(≒1,350円)。

暑かったのでついでにアイスクリームも。
母はキウイ、私は苺。

091020-16.jpg

ひとつ300円弱。
おいひー

091020-6.jpg

ライムツリーの近くのベンチでまったりアイス舐めて。
元気を取り直していざ庭へ!!

091020-14.jpg

けっこう北部なのに、薔薇はかなり咲いていますね~~。
イメージ的には南の方が暖かいハズなんだけどな~?
よくわかりません。

091020-7.jpg
091020-8.jpg

ハーベイシャス・ボーダー。

091020-9.jpg

川が敷地内に流れ、

091020-10.jpg

ジャーマンアイリスも美しく。

091020-11.jpg

不思議な仕立ての藤~。足元にはピオニー(芍薬)も。

091020-12.jpg
091020-13.jpg

ホワイト・ガーデン?

091021-12.jpg

こちらは「古い教会(=ローマン・カソリック)」。
中はがらんどうです。ハイ。

091021-2.jpg

薔薇園の奥に見えるのが「新しい教会(=国教会)」。
こちらが公式(?)の、Throckmorton家の教会です。

091021-10.jpg

旧教会と違って、中身は充実しています。
ご先祖様の大理石の墓碑。
並んで横たわる両親の足元に、子供の像が彫り込まれています。

091021-11.jpg

なるほど、たしかに子供の数が多い。

091021-6.jpg

誰だったか、書き止め忘れましたがお父様。

091021-7.jpg

お母様。

091021-8.jpg

8人の坊ちゃんズ。
見事なコワフュール・ド・ボルだこと!!

091021-9.jpg

10人の嬢様ズ。量産型モビルスーツのように劇似。無個性。
あ。これか!!<総勢18人の子供

この他にも、最初の妻+2番目の妻で合わせて23人の子供とかも
いたような気がします。恐るべし。

やっぱり、不安定な時代ですから。
健康で頑健な肉体に恵まれなくば、生き抜けなかったのでしょうね・・・。

さて、最後は薔薇園。
こちらはNT会員は別料金(1人2.50ポンド≒400円)支払います。

091021.jpg

煉瓦の壁に囲まれて、寒さと風から守られた薔薇園。
満開ではありませんでしたが、やっぱりけっこう咲いている・・・!!
Londonよりもずっとずっと北なのに、あそこよりも開花の進行具合が
進んでるのは壁のせいかはたまた?

091021-3.jpg
091021-4.jpg
091021-5.jpg

比較的狭いスペースに、ほとんどの訪問者が集まってる感じ。^^;
みんな、ぐるぐる回っては薔薇の香りを嗅ぎ、名前をメモし、ベンチに休む。
甘い香りがあたりに漂い、ロマンティック!!
白髪頭のじーさま&ばーさまばっかりだけどねぇええええ。
若い人はどうして来ないのかな?←平日だっての

そうこうする内に段々曇って来ました。
これからややロングドライブ(300kmくらい?)なので、そろそろ出発せねば。
今夜からはWalesです。
母がどんなところが好きなのかいまいちわからなかったため、都会やら
郊外やら田舎やらリゾートやらを織り交ぜて泊まることにしたのです。
ロンドンとコッツウォルズは気に入った模様。
さて、Walesはいかがでしょうか?!( ̄‥ ̄)=3

| UK_2009 | 19:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT