under_the_willows

ARTICLE PAGE

Lechlade

2009年6月の旅行記より。

090917.jpg

B&Bでたっぷりの朝食後、本日はJapaneseおばさま垂涎(?)の
Kelmscott Manor】へ!
この屋敷は現在、the Society of Antiquaries所有ですが、元の所有者は
言わずと知れたWilliam Morris氏であります。え、知らない?

Arts and Crafts Movementの立役者、あの髭もじゃらーなオッサマです。
【Victoria & Albert Museum】の食堂?の装飾とかもしてますでしょ。
壁紙とか、印象的なテキスタイル系。誰しも一度は目にしたことがあるハズ!


(知らない人はこの動画を見てみましょー)


で、こちらへ行く前に・・・まずは一波乱
B&Bの駐車場に停めた、レンタカーのトランクの上に凹み傷を発見したのです。

090917-5.jpg

貸し出しのときに、車の状態をチェックするのですが、何しろ風邪でぼ~っと
していたので記憶がありません。
車載してある車のチェック表にも載ってないし。
でも、誓って言いますが、自分がこんな凹みを付けた覚えはありません!!

そこへ、my spiteful motherがこう言いました。

    「あらっ、凹んでるわね!
     ママね、途中で 『あっ、ぶつけたな?』 って思った時が
     あったわよ。きっとそーよ、あの時ぶつけたんだわよ」

    「・・・はぁ?!( ゚ω゚)
     もしそんなことがあったなら、なんでその時に言わないの?
     というか、そんな記憶ないんですけど。
     いったいいつぶつけたって言うのよ?!」

    「さぁ~・・・・・・?
     でも、どこかでたしかに当たった気がするわ
     真木ちゃんに言うとコワイから、言わなかったけど!」

    「・・・・・・。」


再度、誓って言いますが、わたくしは絶対にぶつけてない。
凹むような衝撃を受けて、気付かぬドライバーがいるでしょうか?いや、いまい!
第一、リア部分だぜ・・・。普通、バックする時に付くんじゃない?
バックはゆっくりするもの。少しでも抵抗を感じたらわかるっちゅーの!

車を運転する人ならおわかりでしょうが、ドライバーにとって、自分の車に
傷を付けたかもしれないというのは非常に気分が悪いことです。
その日、1日クヨクヨするくらいはダメージがあります。
ましてや、自分に記憶がないことなのに!!
この人はどうして、こう、人の神経を逆なでするような言動をするのだろう・・・。

この日はこんな波乱含みで始まりました。

先に結論を述べますと、車の傷は私が付けた傷ではありませんでした。
レンタカーオフィスの記録にちゃんと、貸し出し前より傷ありの確認があった。
そこへ来て初めて、

    「まぁ~~~そ~~~お・・・・?
     じゃあ、ママの勘違いだったかもね?」

ですって・・・。
ふっ・・・・もはや何も言うまい・・・。( ̄‥ ̄)=3


Morris氏の村近くの、Lechladeの町はアンティークで有名とのことで、とりあえず
立ち寄ってみました。

090917-2.jpg

まぁ、どこにでもある田舎町。
アンティークセンターも、何軒かあるようでしたが、我々が入った方ははっきり
言って、「ジャンク屋」でした。
アンティークというよりは、町の不要品リサイクルショップに近い趣が・・・。

ここでも、母が母節全開でした・・・。
私が何かを手に取ろうものならすかさず、水を差す。

    「あら、そんな感じのもう持ってるじゃない?要らないわよ」

    「お皿を買ってもしょうがないでしょ、もうたくさんあるでしょ」

    「ちょっとそんなの買わないで?気持ち悪いわ」

    「誰にあげるの、そんなの?」

    「それにその金額は高いでしょ」

辟易。
買い物くらい、好きなものを買わせて。
・・・っていうか、私から離れて。おまえは濡れ落ち葉かっ!c(`Д´c)
しかも、本人はいいことをしているつもり。

    「ママはあなたが無駄なお金を使わないように見張って
    あげてるのよ。(感謝しなさい)」

     ウンザリ。┐('~`;)┌


それでも、会社の同僚用にペンダントを購入。
いつも私の留守を守ってくれるコなので、彼女が好きそうなロケットを。
(母の目を掻い潜って選びました!)

090917-4.jpg

何も言ってないのに、センターのオッサンはなぜか数ポンド負けてくれました。
なぜ?<私の不機嫌顔に恐れをなしたのかもしれない・・・。誰のせいだ?

090917-3.jpg

これは中古車販売のお店の車。
流線型が美しいね。
狭苦しい車は好きじゃないけれど。
この車の色はいいと思います。

さて、いよいよKelmscottへ!
ここからはすぐです。10分もしない。
そもそもなんでこんなに朝早くからウロウロしてるかというと。
このKelmscott Manorというのは非常に開館日数が少ないので有名なのです。
何せ、開いているのが週に1日だけ!というひどい有り様でして。
(2009.6月現在、水曜のみ11-17時)
Gardenだけなら他の日も入れますが、屋敷の中が見たいのよ観光客は!!

というわけで、11時の開館時間よりだいぶ早く着いてしまう勢いで到着。
View map of GL7 3HJ on Multimap.com
Get directions to or from GL7 3HJ


・・・たいへんなド田舎にありました。さすが、『この世の楽園』by Morris。
車を停めてから、入口にたどり着くまでの案内もまばらで、道に迷う人も
けっこういるんじゃないかな・・・。
だいたい、向こうの標識って、ウソ八百の方角を示していることが多過ぎ。
2枚の矢印がまったく別の方角を指していたら。
あなたならどちらを選びます??

続きます。

2 Comments

LE  

その

人の行為にあれこれ他人のくせに(まあ、貴女のバアイは母親という濃き血族でありますが)指図するのって、年寄の証拠じゃない?
わたしも今回の仕事、まあ、わたしゃフリーランスだから直上司ではないにしろ、それにあたる輩から、食べものの注文に関し、輩が決めたホテルの馬鹿高レストランで我慢して食べることに同意して「やった」上、ろくなアラカルトがないのでビュッフェを一人頼んだら、みんなと同じにしないだの、そんな給食みたいなもんをここで頼むとはとか、夕景をカメラに撮ろうとすると、こんなところでみっともない田舎のおばさんみたいなことするな、とか、ワインはグラス一杯だけにしろとか、我々がレギュラーになってるフィッシュレストランにつれていけといったときには、そこで頼むメッツァの皿数がいつも多いから2つでやめろとか、グリルの魚を頼んでも残すだけだからやめろとか、それがさ、輩がおごるならまだまかるけど、割り勘でそこまで口だすか、放っといてくれッ!と相当気分悪かったっす!
ああいうこと、ごちゃごちゃ言うのってアルツの始まりじゃないっ?むっき~っ!v-217

2009/09/23 (Wed) 23:43 | EDIT | REPLY |   

真木  

うーむ

うちの母の場合、ムスメのなけなしの(?)お金を減らさぬようにという親心(要らぬのですが)
からの善意と解釈すればまだ許せないこともない。
心底、ウザイけど。v-40
でもでもっ!!
なんなんですか、その直属の上司ではないにしてもケツの穴のちっさい輩は!?
LEさんのようなお仕事ってチームワークが大切なのにね。
現場の空気を悪くしてどうするんだ・・・。
常に場の中心でいたいのですかね?
それだからあーだこーだケチを付けるのか、よっぽどの世間知らずの蛙?
しかも割り勘・・・・・フッ・・・v-27射殺。

2009/09/23 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment