PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Bibury

2009/6月の旅行記より。


大きな地図で見る

母垂涎の、Cotswolds巡りにて超有名スポット【Bibury】へ。

090828.jpg

村の真ん中を流れるColn川。
この脇ビッシリと路駐の列が見えますでしょうか?

090828-2.jpg
090828-3.jpg

ミレーのオフェーリアでも流れてきそうな、水藻が多く、魚も泳ぐ清流です。

090828-5.jpg

村の中心にある【The Swan Hotel】。
この近くにある養殖場の鱒料理を出すので有名らしいです。
鱒は苦手なので、パス。

090828-4.jpg

白鳥ホテルの前には当然、白鳥もいる。
※英国の白鳥はすべて、女王陛下に帰属します。

さて、コルン川の先に有名な長屋住宅【Arlington Row】があります。
17~18世紀頃、羊毛で栄えたこの辺り。当時の機織職人の住宅であった
そうな。

090828-8.jpg

その後、19cの産業革命では鉄道の路線から外れ、これといった産業もなく、
イギリスの中でも目を覆うほどの貧者の集う地域としてコッツウォルズは有名
でした。

090828-9.jpg

農民も貧しければ職工も貧しく、地主階層(ヨーマンに毛が生えたような
小地主)に至ってさえ、貧乏。
この地域に豪壮なマナーハウスが皆無なのも頷けます・・・。
貧乏時代の、小地主やジェントリ層の虚しい努力に関する論文を昔、読んだっけ
なぁ・・・当時の贅沢品のタバコを栽培したりして一時的に「これはイケるぞ!!」と
思ったりするのですが、政府からいぢめられて(?)タバコは栽培禁止令
をくらったりね・・・。
何をやっても、成功が見えると潰されるの。
なんだか、会津の武士みたいで気の毒になる・・・・・・。<勝手な同情

貧民に思いを馳せると、そこには突然雪が!!

090828-6.jpg

      ん?!

090828-7.jpg

おやまぁ、こ・・・これは羽毛じゃないですか!!
コルン川と並行して、農業用水路があるのですが、その辺りは鬱蒼とした
樹の茂みになっていて、コルン川に集う野鳥のホテルになっている模様。
見るからに、気管支に悪そうなので手マスクで逃げる。

090828-10.jpg

ちょうど昼前だったので、ここで昼食。
Cirencester(サイアレンスター)方面に坂道を登って左手にあります。
右手にはしょぼいアンティークショップ、売家の立て札の付いた家なども。

090828-11.jpg

ここのパブのお客の車と思われる・・・しゅてき。

090828-15.jpg

なんてシンプルな内装!

090828-16.jpg

Caterham Super 7 Sprintか。。。
かわいい黄色です。乗るのに勇気が要るけどねー。

さて、昼食。
若干薄ら寒いものの、せっかくなので裏庭のテーブルで。

090828-12.jpg

crayfish(ザリガニ)のマヨネーズサラダ。

090828-14.jpg

watercress(オランダガラシ)のスープはこの時期、毎回飲む。

090828-13.jpg

パン・ド・カンパーニュでサンドされた具はなんだっけ・・・ツナかな?
これにミネラル水とコーラで、23.00GBP(≒3,680円)なり。

ここまでは、ママンとケンカせずに済ませられました。<修行中

| UK_2009 | 00:05 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お天気がいいと眺めも違うわ~
私もちょっと前に行ったんだけど、曇ってて写真もなんだかどよよーんだったのよ~
ここなら、お母様も気に入ってくださったんじゃない?
駄目?

| naoko | 2009/08/28 06:38 | URL | ≫ EDIT

お母様は

最初の一箇所見たら、後はもうみんな一緒の人ですので・・・。
初日だけ、「きゃーきゃー」言ってるけれど、2日目以降はもう醒めたものです。
「・・・また庭?」「ここ(B&B)に何泊するの・・・?」「教会はどれも
同じねぇ」と。。。
天気が悪いと、写真はイマイチですけども、実は私は天気が悪い方が好きです。
荒天の中に光あり、一瞬のよい天気に恵まれるようなのが好き。v-353

| 真木 | 2009/08/28 10:54 | URL | ≫ EDIT

この

レタス、いかにも古そうやね?
なまじ交通の便が悪かったからこそ、貧乏だったからこそ、この街並が残ったのよなぁ~。
こういう古いお車にのった素敵なおぢさまはええのぉ。

| LE | 2009/08/29 00:38 | URL | ≫ EDIT

レタスは

たしかに、古かったですよ。
そして、注文から出来上がりまでがまたまた英国タイムで。。。
母はかなり絶望してました。
長々待たされると、どうしても時間が保たないのですよねぇ。
日本人の場合、カップルでも夫婦でも会話は乏しいから。。。
今、英国政治史を読んでるのですが、もーもー、読んでるだけで疲れます。
政治的人間って、やっぱり男子だと思います。
精神的男性(?)属性の強い、LEさんが時の英国男性だったなら。
政界進出間違いなし!
私には絶対に近寄れない世界ですわぃ。。。(恐

| 真木 | 2009/08/29 01:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT