PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それを言っちゃあ、おしまいよ・・・。

ものすごーーーく、個人的にして聞き苦しいこと甚だしい話。(おぃ
読まない方がいいかも。。。
読んで気分が悪くなっても私は知りまへん。
以下、気にしない方だけどーぞ。


2009/6月。
母との2人旅。
彼女を知る、姉は言いました。

     「・・・なんでそんなチャレンジを・・・?!止めとき!」

一番仲良しの歳若い叔母(=母の末妹)は、

     「いったい、なんの修行なの?!止めなさいって!」

とのたまった・・・。
彼らは彼女と旅行するなんてお断りだそうです。
わが家の女性陣はけっこう、シビア・・・っつうか、冷たい・・・。

そもそも、今回の英国旅行は、

     *真木ちゃんが毎年行くほどハマる英国に一度行ってみたい!
     *真木ちゃんはパパとばかり外国へ行って!ママも連れて行け!

という、母の一方的な希望によって強引に押し切られたものでした。
国内旅行だって、母とは2人旅したことないのに。(<父とはあります)
父は猫の世話(?)があるので留守番・・・。嗚呼・・・。

そして、某国立公園のmoor(=失言・・・もとい、湿原!!)ドライブ中のこと。
空気の読めないことには人後に落ちないわが母上はこう言いました。
その時、私はハンドルを握っていたにもかかわらず、マジマジと母の横顔を
見つめてしまいました・・・。こ、この女は一体どうして・・・っ!
(事故らなかったのが奇跡・・・)

    「・・・ママね、こうして真木ちゃんにイギリス旅行に連れて来て
     もらって、感謝してるし嬉しく思ってる。
     あなたが普通の娘じゃないから、パックツアーとか団体旅行ではなく、
     こんなに自由気ままな旅行ができる。

     でもね。

     ママは、『海外?え。。。ツアーじゃないと~』っていう感じの、
     普通の娘が欲しかったわ。
     あなたみたいな変わり者の娘ではなく、きちんと結婚して、子供や
     旦那さんとちゃんとやってるような娘が良かったのよねー」

と、言われました・・・。

      No 脚色。 <むしろ、言葉を少し控え目にしたくらいです・・・。

こ、このタイミング、この状況でそんな発言するかフツー?!c(`Д´c)
しかも、「あなたにだけは言われたないわぃ、そんなことっ!!」と
言いたい。誰が娘を普通じゃなく育てたんぢゃっ!!おまえじゃボケっ!!

母の横顔から察するに、彼女はどれほどひどい言葉を吐いたかはまったく
気付いていない模様です。
あっけらかん・・・と、毒を吐く。まさしく毒親。その姿、アサリの如し。(違

そもそも、うちの母はたいした教育ママでして。
わが家はちょっと家庭が複雑な上に、母方(=堅実な商家)と父方(=良くも
悪くもけれん味のある不労所得家庭)は正反対の家風。
母に掛かると、子供の長所は全部母方のものであり、短所は全部父方に
由来するものだそうです。(なんと単純な責任転嫁・・・!)

父は母からすると「旦那選びに失敗してしまった」という印象。
父は母を「親戚に押し付けられた負債」と捉えている印象。
そこに愛はあるのか?(いや、ない) ←正しき反語遣い

というわけで、母は我々姉妹が子供の頃から、シャブ漬けならぬ、勉強漬け
を強いて育てました。
曰く、

    「パパみたいなしょーもない男に引っ掛かるくらいなら、自立して
    生きて行ける女になるべし」

だそうです。
つまり、この時点で「短大でも出て、腰掛け仕事をして、お嫁ちゃんになる」
という「普通さ」を自分で否定したクセに。

この母の身のほど知らずの野望(大学⇒国家公務員 or 地方公務員上級)
は果たされず、私は超氷河期をかいくぐって出版社に就職しました。
(公務員の方には悪いけれど、私は公務員が大嫌いだ!!)

この、就職を巡っても母とは熾烈なバトルを繰り返しましたっけ・・・・・・・。
何が何でも公務員になれ!!と言い張る母と、自分の人生だ好きにすると
言い張る娘の。
母は私の人生を自分が生き直す道具にしていたのです。
完全に、私と自分の境目がつかず、ノイローゼ状態でした。
おかげで、就職活動という果ての見えないストレスフルな時期に、家庭は
心休まる場所ではなく・・・疲れて帰ってくると、玄関で母が待っていて、
呪いごとを延々と訴える・・・たまらん・・・・。
あの当時の自分を思い返すと、「立派だった!」と褒めてやりたい。
母の圧力に屈して望まない仕事についたら、今ごろ鬱でも病んでたかも?

・・・とさまざまなアレコレが走馬灯のように思い起こされる中、この母を
moorに蹴り倒して帰ったらバレるだろうか・・・・・・・と真剣に吟味。
ああ、でも車にヤツを乗せている私の映像があちこちの防犯カメラに収め
られているっけ・・・。行方不明の最後まで一緒にいたのが私だとバレバレ
やな・・・。

英国がこれほどの監視社会でなければっ!!
私は犯罪に手を染めたかもしれない。
ありがとう、監視社会。

こうして、罪は未然に防がれたのでありました。
次に狙うのは、未必の故意しか・・・(違

| UK_2009 | 12:10 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

あはは!

ご本人にとっては真剣なバトル記であろうが、読んでる方は楽しませていただきやした。ああ、口からぽろぽろでる毒舌ね、でも深い思想はその奥にないから、もう吐かせておくしかない。
わたしもたっくさん言われましたよぉ、色々。このあいだ、リグレッションセラピストのところにいったら、わたしの感情的自信emotional confidenceは、7歳で停まってると。。。な、ななさい?
ああ、その頃に色々あったし色々言われた!リレーションシップでうまくいかないのは、母から常々、「あなたみたいにはっきりせずぐすぐすしてる子は、○○ちゃん(親友)にボーイフレンドを次々取られて、誰も相手にしてくれないわよ」と言われ続けたせいに違いないのだ。
言うかぁ、そういうことをたかだか7歳の小娘に?その呪文はずうっと効果を発揮しておるのだっ!くそっ!
愛のない夫婦生活を娘でリベンジするなと言いたい。そのくせ、ムスメが恋愛にて幸せを掴もうとすると、それは嫉妬ですか?というぐらい、罵詈雑言が飛び交うのじゃ。
更にはだ、仕事をばりばりやれるキャリアウーマンになれ、という反面、家には10時に帰れだの、見合いせよだの、まったく理不尽というか、コンシスタンシーのない方針であり、もう最後は無視して、自分の人生をばりばりと、何を言われようが、わたしの人生、あんたのもんじゃねーと反旗をふりかざした。するとくるのは、「あなたみたいな親不孝なムスメはない。○○さんちは一緒に同居して母親の面倒をみている、△△さんちは、毎年旅行につれていく」うんにゃらかんにゃら。悪いわね~、できの悪いムスメで、とだけ言っておく。
なにしても勝てん、距離を置くのが一番であるぞよ~。
(先輩より)

| LE | 2009/08/22 23:01 | URL | ≫ EDIT

そ、そんなっ!!

世の中にはLEさんちやうちのような母親しか存在しないって言うなら、
いっそ諦めもつきまする・・・。
でもねー、たまにいるでしょう?
憧れるような、(他人様の)母親!!
自立していて、子供との距離のとり方が上手くて、子供をコントロール
しようなんて露とも考えないような?
そういうのを目の当たりにすると、「ああ・・・」と思うわけです。
比べちゃいけない、とは思うものの・・・。「なんでうちの母親は?」とは
思うわけですよ。はー。
>でも深い思想はその奥にないから、もう吐かせておくしかない。
そうなんですよねぇ。
「無邪気に」毒を吐くのです。うちの母親はさらに悪いことに、
意図して言うのでなければ、どんなにひどい悪口雑言でも言われた方は従容として
受け容れるべきであるという思想の持ち主。
どんだけ「ジャイアニズム」心棒者なの?!
>なにしても勝てん、距離を置くのが一番であるぞよ~。
せ、先輩ッ!!
そんな~~~っ!!v-12
夢も希望も砕くような・・・・・・・でもわかります、想定内であります。
結局、これほど自分と隔たっている母親という存在と、
わかり合いたいと思う気持ちがいけないのかな?(弱気)
親子なのに、星ほどに遠い。

| 真木 | 2009/08/24 10:55 | URL | ≫ EDIT

v-535上記のお母様のセリフ、順番が逆だったらまだ
こんなにモヤモヤしなくてもいいのでは・・・と思いました。
「普通の娘ではない」っていうの、言いようによっては誉め言葉にもなると思うんだよなぁ。
「こんな風に、お仕着せツアーでなくて自由に海外旅行できるなんて
あなたのおかげよー^^」みたいに。
あーでも根底にあるものが変わらなければ一緒なのかしら・・。
真木さんに甘えてらっしゃるのねー、とも思いました。
何を言っても許される、だって私の娘だもん、と。

| ケロ | 2009/08/24 11:06 | URL | ≫ EDIT

ケロさ~ん!

v-535さんが書かれたような、好意的な雰囲気ゼロ(アハー)なんですよぅ。
「普通じゃない=変わり者=(あの変人一家の)お父さんの方の血ね」
みたいな・・・?
>真木さんに甘えてらっしゃるのねー、とも思いました。
>何を言っても許される、だって私の娘だもん、と。
まさしく、そう!
甘えの上に、自分と子供の区別がつかない妄想に取りつかれているので、
私は彼女の前では一個の人間ではありません。
彼女の認識では、生涯へその緒が繋がっていて、自分と
同じ考えをするのが正しい娘のあり方、らしい。。。
疲れますよ、もう・・・。

| 真木 | 2009/08/24 11:16 | URL | ≫ EDIT

ははは!

わたしも一度、かなり大人になってるときに、「あなたはわたしの一部だから」と言われた時に、おぞぞ~っときて、それは違う!と断固抗議しました。魂レベルの話をしてやりゃあいいんですよ。たまたま肉体的にはこの身体を借りて、この家族が形成されているが、魂レベルではあなたとわたしはまったく別個のものよ!と。言ってもわかんないかもしれないが。
このさ、無邪気に毒舌タイプは、自分がどれだけ毒吐きまくってるか認識がないため、その1/10でも言い返されると、酷く傷ついたりしません?言うだけ言うが、人には言わせない。。。。ううっ、やな性格っ!v-17

| LE | 2009/08/24 16:39 | URL | ≫ EDIT

まさしく、そう。

>無邪気に毒舌タイプは、自分がどれだけ毒吐きまくってるか認識がないため、
>その1/10でも言い返されると、酷く傷ついたりしません?言うだけ言うが、
>人には言わせない。。。。
傷付きやすくて繊細な人を装いますよね。
自分はその10倍は人を攻撃(口撃?)してるっちゅーねん!
うちもそうです、自分は言いたいことを言いたい放題言うくせに、反論は一切受け付けず。
相手が折れて、周りはどんどん「はいはい・・・(あなたには言ってもムダ)」
という態度になっても反省しない。むしろ、増長する。
困った人なんです。。。
そんなに難しいこと頼んでないですよね??
母親は母親、私は私。
そのスタンスでお互いやっていきましょーや?って言ってるだけなのになぁ。v-40

| 真木 | 2009/08/24 17:41 | URL | ≫ EDIT

真木さんの大変さをよそに楽しく読ませて頂きました(ごめん!)
だってなんだか他人事じゃなかったもので。
家の毋も昔はコントロールフリークに近いものがあったのでは、と記憶しています。
その頃、何かの本で(多分心理学だったか)
”自分が幸せな結婚を、もしくは幸せな人生を送れなかった母親は無意識に自分の娘の幸せを邪魔する”
と読み、これか~ と首が飛ぶほどぶんぶんうなづいた記憶があります。
昔から、母親に護られて育てられてきた私、いつも自信のない子でした。お母さんがなりたくてもなれなかった美容師になりなさい、そしたらどこでも食べて行けるから、って。そしてなったらなったで、今度は結婚のプッシュ(25歳以前でした)相手は地元の公務員がいいと言う。
まぁ、母親の手の平から抜けられたのはイギリスと日本との距離のお陰かも、と思っていますが、真木さんのお母様と比べるとまだまだ可愛い方かもしれないな。
可愛くない、醜いとは言われても、変わった娘、とは言われなかったものなぁ笑
あっ笑う所じゃないね?
しかし、ほんと悪意はないのだと思います、LEさんもおっしゃるように。
これも愛情くらいに思っているのでしょうね。
6月に帰国した際に母親から
お母さんは実は違う人と結婚したかった、でも母親に(私のおばあちゃん)お父さんと無理矢理結婚させられた、断れなかった
と聞き、ショックだったものの妙に納得しました。あきらめの人生だったのかなぁ、んじゃぁ娘達に自分が出来なかった事、よかれと思って押しちゃうよなぁ。ちょっと同情してしまいました。
結果娘2人とも、母親が思い描いている結婚はしませんでした、特に私。すまないけど現実こんなものです。
なんだか自分事ばっかりになってしまいましたが、
自分が母親にならないと、母親の気持ちはわかりません。もしかしてなってもわからないかもしれない。だって娘と母親でも全く違う人間なのだもの。
しかし、修行の旅、無事にやってのけましたね!偉い!
お母様、きっと真木ちゃんの事大好きなのね。
でも依存しちゃいけませんね。お母様の一言一言にどうじない、さら~っと流せるようになったらいいですね。
それももしかして修行?!

| naoko | 2009/08/25 06:35 | URL | ≫ EDIT

母親族は

困ったものですね・・・。
naokoさん、
>可愛くない、醜いとは言われても、変わった娘、とは言われなかったものなぁ笑
>あっ笑う所じゃないね?
そんなこと言われたの?!<可愛くない、醜い??
それは傷付く・・・傷付きますよね?
自分の延長、みたいに考えてる(=甘えてる)から、言いたい放題言えるのかしら?
本人は自虐的なつもりなのかなぁ?(--;
「お母さんだから、言ってあげるのよ!」みたいな?
>お母さんは実は違う人と結婚したかった
これはショックですよねぇ・・・。
我々の母親世代までは、結局、愛情から・・・というよりも、
生活のため、家同士の都合、などで結婚するのが当たり前でしたから、
こういうことも往々にしてあったのでしょうけど。
そんなこと、子供には言って欲しくないなぁ。
聞かされた方も切なくなるだけ・・・v-356
naokoさんも妹さんも、結果的に母親の期待とは微妙に違う(?)生活でも、
今は認めてくれてる(諦めてる??)のだから良しですね。v-308
日々、修行ですにゃー・・・v-282

| 真木 | 2009/08/25 15:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。