under_the_willows

ARCHIVE PAGE: 2017年03月

No image
READ MORE

スポンサーサイト

READ MORE

◆Mottisfont Abbey Garden in 2016(6)(ラスト)

2016年6月のイギリス旅行記より。終わりが見えないナショナルトラストの[Mottisfont Abbey Garden]も、ようやくラストでございます!!(;´Д`)ひーっ(朝イチ)薔薇園→(昼休憩)邸内→(夕方)薔薇園+その他の地所、合計で7時間滞在中。いやもう、満喫!ですね。笑スコッチローズの根元には散り敷かれた花びら。美しいです。アーチに仕立てられているのは[Adélaïde d'Orléans]です。ツゲのヘッジでボックス仕立てにされた長い通...
READ MORE

◆Mottisfont Abbey Garden in 2016(5)

2016年6月のイギリス旅行記より。終わりが見えないナショナルトラストの[Mottisfont Abbey Garden]の続き。さて、邸内へ入りますよ~。入口は二階のバルコニーから。本来の入り口ではないところから入ります。(なぜかは後述します)さて、紆余曲折あって、MottisfontはHenry8世からSandys男爵へ譲られました。Sandys男爵家はテューダー朝の貴族として、もう一つの屋敷[The Vyne]とこことを行き来して暮らしました。1569年と1574年...
READ MORE

◆Mottisfont Abbey Garden in 2016(4)

2016年6月のイギリス旅行記より。終わりが見えないナショナルトラストの[Mottisfont Abbey Garden]の続き。さて、元厨房であったカフェで遅めのランチをいただいた後、数年ぶりに館の中へと入ってみることにしました。どうです、このトイレの辺り。どことなく、修道院風なのがわかりますでしょうか?そもそも、こちらのプロパティは小修道院(Priory)の地所でした。(修道院が手に入れる前はサクソン人の聖域だったと思われます)1...
READ MORE

◆Mottisfont Abbey Garden in 2016(3)

2016年6月のイギリス旅行記より。ナショナルトラストの[Mottisfont Abbey Garden]の続きです。早くも終わりが見えない感じ。(^_^;いつ書き終わるのかしら・・・。さてっ。お庭の続きです。これはわが友Mが大好きな、[Ramb's Ear](子羊の耳)。その名の通り、肉厚で、目をつぶって触るととても植物とは思えません。新しいカメラの機能を使ってエフェクトを掛けてみました。笑真ん中の王冠型のアーチを引き立たせるために、周り...
READ MORE

◆Mottisfont Abbey Garden in 2016(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。ナショナルトラストの[Mottisfont Abbey Garden]の続きです。薔薇園にはさらに奥にもう一区画ありまして、こちらは主にオールド・ローズのコレクション(NTに貢献した庭園設計士であり、オールド・ローズのコレクターでもあったGraham Thomas氏の)で有名です。1960~70年代、オールド・ローズは当時流行していたハイブリッドローズに押されて、「古臭い」「ださい」とどんどん隅へ追いやれていま...
READ MORE

◆Mottisfont Abbey Garden in 2016

2016年6月のイギリス旅行記より。さて、この日はナショナルトラストの中でも大人気のプロパティ、薔薇好きの聖地、[Mottisfont Abbey Garden]へ参りますよ。こちらはTest川が敷地に流れています。イギリスの川って、流れが緩やかなところが多いけれど、Test川は水量も豊かな方だし、流れが速い。屋敷は正面奥にあります。Test川へ流れ込む小川。この辺りの遊歩道は新しく整備されたもの。以前にはありませんでした。この上流に何が...
READ MORE

■Altonで夕食

2016年6月のイギリス旅行記より。さて、古本もいっぱい買ったし、後は予約していたレストランへ行くだけ。Sarahに勧められたお店です。つい先日、Henryの17歳の誕生会もこちらで開いたそうな。(大変よね、欧米の親御さんは・・・!)時刻はまだ18時半くらい。誰も来てません。笑テーブル席か、手前のソファ席かお好きな方をどうぞ・・・とのことで、薄暗い奥の席より明るい方がいいかな~とソファ席を選択。まずはハーフパイント...
READ MORE

■Alton

2016年6月のイギリス旅行記より。さて、Selborneから戻り、今度はB&Bの近くのAltonへ。折しも町の広場ではFeteが。この一団はイギリスの村祭りには欠かせない、[Morris Dance]の面々。オペラ『魔笛』の「パパゲーノ・パパゲーナ」みたいですね。(^ε^)広場の一角にはミニSLも!!ちゃんと石炭焚いてます!さてさて。まだショッピングアワー(たいていは17時まで)まで少し時間があります。Sarahに教えてもらった古書店巡りを敢行...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。