2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

◆Scotney Castle(3)

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、[Scotney Castle]の続きです。

161103-104.jpg

この階段を上って、二階へ上がります。

161103-47.jpg

階段も、古い昔の様式の建築だとね、もっとこう格式といいますか、
「ドヤーっ?!」感を醸し出すといいますか。
近代になればなるほど、普通の階段になる。

161103-48.jpg

階段踊り場に掛かっていた、すてきなレディの肖像画。
これはBettyさんより前の時代の女性ですね。

"Mrs Edward Winsdsor Hussey on the terrace"とあり、画家はアメリカ人の
James Jebusa Shannon (1862-1923)だそうです。

テラス・・・そうそう、このテラスに座ってポーズをとったのですね。

161103-7.jpg

絵の背後には旧館の遠景が見えますし。

161103-9.jpg

で、このHussey夫人であるMary Rosamond Anstrutherは1900年に
結婚しました。
この絵は1910年になってから、結婚直後に撮られた写真を基に
描かれたようです。お値段、1,000ポンドなり。←当時としてもけっこう高額

ちなみに旦那様のEdwardはこの新館を建てた人物の息子です。

161103-49.jpg

階段を登り切ると、そこにはまたしてもBettyさん。

161103-50.jpg

その膝には黒猫氏。
Bettyは画家や文化人との繋がりが深く、彼らにたくさんの絵やイラストを
描いてもらっていたようです。

161103-52.jpg

2階の最初の巡回ルートがバスルームって、あーた。笑

161103-53.jpg

現代のトイレットロールの上に、ちょいと昔のトイレットペーパー
ホルダーが。昔は携帯ティッシュ入れみたいな様式だったのですよね。
うちの両親が子供の頃の日本も、こんな感じだったそうです。
トイレットペーパーがロールになったのは、そんなに昔のことではない
ということですね。

161103-51.jpg

マントルピースの上の飾りやイラスト。
一つ一つ、面白いものが多いです。

161103-54.jpg

ここは客用寝室、だったかな・・・。

161103-55.jpg

ベッド脇のスクリーンはVictrianに流行したコラージュで飾られています。

161103-56.jpg

雑誌とかカードから集めて切り抜いたイラストなどを、自分の好きなように
コラージュして貼り、最後にニスを掛けるとこんな感じになります。

161103-57.jpg

元々は廃品利用(?)から始まった女子供の手芸(おかんアートの一種か?)
なんでしょうけど、面白いですよね。こういうものから見えるモノって、たしかに
ある。(センスとか、流行とか、好みとか・・・)

161103-58.jpg

フェミニンなお部屋。

161103-59.jpg

かわいいけど、ベッドのスプリングはとてもやわやわっぽい・・・。笑
私は固いベッドが好きです!!( ̄^ ̄)ゞキリッ

161103-60.jpg

壁紙も女性らしい雰囲気で。

161103-61.jpg

これ、ちょっと面白い家具でした。
すごく背が高いハイチェスト(2m超)。
一見、てっぺんまですべて引き出しに見えますが、その中の一つだけは
手前に引き出すと、ライティングデスクになるんです。
こんなの、初めて見た!

161103-62.jpg

ここは少し小さめのお部屋。

161103-63.jpg

隣のピンクの華美な部屋より、こっちの方が私は好きだな。
ベッドもシンプルで寝やすそう。

161103-72.jpg

ここにも猫がいますよっ。
刺繍ですね、古い刺繍。

161103-64.jpg

この壁紙、とても好きです!!

161103-65.jpg

そんなに古そうには見えません。
現代ものだと思う。

161103-66.jpg

このツインベッドルームはたしか、[Bamboo room]とか言ったような?

161103-67.jpg

なぜか中国風。
シノワズリが流行したのは17~18世紀。・・・なんで19世紀にチャイナ?

161103-71.jpg

この壁紙もいいねぇ。
竹の葉を緑にするのではなく、背景を緑にするって逆転の発想。
すごいシックでいいわ~。これも欲しいなぁ。

161103-68.jpg

ベッドもドレッサーも、竹の雰囲気を醸し出した緑色の家具で統一
されてます。

161103-69.jpg

唐子の絵・・・傍らには、

161103-70.jpg

猫?
しかも、蝶々を咥えてる?

161103-74.jpg

この部屋はなんとなく、赤い。

161103-75.jpg

寄木細工のライティングビューロー。

161103-73.jpg

おっと、釣りだ!

161103-78.jpg

地味・・・いえ、シックな寝室。

161103-79.jpg

コーヒーテーブルにも興味深いものが。

161103-80.jpg

釣り人の絵が付いた、マッチ箱?

161103-81.jpg

後で追加でインストールされた、客用寝室用バスルーム。
狭い。昔はここ、クローゼットか何かだったのでしょう。
寝室にバスルームが付くようになるのはせいぜい、20世紀以降の
話であって、それまではどんな大富豪でも大貴族でも、寝室には
バスルームもなければトイレもありませんでした。
あるのは、夜用おまる。
日中は屋外トイレ、もしくは屋内トイレを利用。

お風呂は週に何度か。
階下からお湯を何往復も召使に運ばせて入る、ヒップバスくらい。
もちろん、セントラルヒーティングもありませんでした。。。

昔のイギリスの屋敷は、人間が極限状態に置かれていたとも言えます。
身体が(神経も・・・)丈夫じゃないと、とてもサバイブできない。

161103-83.jpg

ここはちょっとマスキュリンなイメージ。
男性用もしくは年配の夫婦者用ゲストルームかな?

161103-82.jpg

ちなみに、電気も20世紀に入るのをまたないと導入されません。。。
それまでは蝋燭・ガス灯がメインの照明。(召使たちの)掃除が大変。

161103-84.jpg

だいぶ時代が下った感じのお部屋。
マネキンが着ているのはローウェストの、フラッパーなドレス。
1920年代でしょうか?

161103-85.jpg

これくらい、コンパクトな部屋の方が落ち着くわたくしは、ええ、
庶民ですとも!

161103-86.jpg

こちらはサロンかな。

161103-87.jpg

置時計の彫像は・・・

161103-88.jpg

なぜかワンコ!笑
これだけ猫だらけのお屋敷で、突然、ワンコ!!

161103-89.jpg

そしてこちらが、女主人Bettyの寝室です。

161103-90.jpg

ドレッサーは日差しがさんさんと入る、この屋敷で一番すてきな見晴らし。
この窓からは谷間に旧館が見えるのです。
素晴らしい!

161103-91.jpg

妙に生々しい、Bettyさんの衣装用クローゼット。^_^;
服が最近まで着ていた雰囲気感満載だからでしょうか??

161103-93.jpg

寝室の横の彼女のバスルーム。
ピンク基調で、かわいらしい。

161103-92.jpg

トイレも洗面台も、なんだかまだ生きている人の使ってる感じが濃厚で、
私はちょっと、なんだか居心地悪く感じてしまいました。^^;
人のプライベートな場所に踏み込んでるみたいな??

161103-95.jpg

お風呂場も猫グッズだらけ。

161103-94.jpg

猫とハエのスケッチ、かなぁ。

161103-76.jpg

Florisの石鹸。

161103-77.jpg

画家のプレゼントのイラスト。

161103-96.jpg

嬉しいだろうなぁ。こんなのもらったら。^▽^

161103-97.jpg

うふふふ、ちっさな愛玩犬が洋服着てる!

161103-98.jpg

たくさんの猫ちゃん。

161103-99.jpg

肉球!

161103-100.jpg

・・・というわけで、館内ツアーはこれで終わり。
猫でお腹いっぱいになりました!!ヽ(´∀`)ノ
逆に言うと、猫嫌いは行かない方がいいかも。笑

最後にBettyからの一言。

   「Scotneyは素晴らしく偉大なイギリスのカントリーハウスの一つでは
   ないかもしれないが、わたくしにとってはイギリスのカントリー
   ハウスが持つべき暖かさや人々を歓迎する雰囲気がこの屋敷にはあり、
   我々が現代生活を快適にするために加えたどんな変化があったとしても
   わたくしが知る限り、もっともよく居心地の良い屋敷の一つのままである
   と思う。」(Betty Hussey 1985)

さて、今度は谷を下ってお庭へ参りましょう。

| UK_2016 | 00:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Scotney Castle(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、[Scotney Castle]の続きです。

161103.jpg

まずは"New House"、2007年から公開されるようになった「新館」から
見てみましょう。

161103-101.jpg

玄関のドアを開けてすぐ、古めかしい木彫りのキャビネがあります。

161103-102.jpg

一見、とても古めかしい。。。

161103-103.jpg

うーん、でもなんか違和感。
私がうんうん唸って(?)いたら、NTの職員のおぢさんが「それは建築家が
作ったレプリカの家具だよー」と。
なるほど。

161103-104.jpg

こちらがいわゆる、[Hall]です。
この造りからわかるように、古い時代の[Great Hall]とは違います。
1836年頃に新築された、「新しい屋敷」なだけにとても「モダン」な造り。

161103-105.jpg

それなのにわざと、古い時代の様式であるオークのパネルで壁を
覆って、古い時代の雰囲気を醸し出しています。
この雰囲気に合わせるために、建築家氏がキャビネも時代に合わせて
デザインしたのでしょうね。

161103-11.jpg

光がとぎきれると、とても薄暗い。。。

161103-12.jpg

冬場は一日、こんな感じなのかしら。。。

161103-13.jpg

まぁ、落ち着きますけどね。^^;

161103-14.jpg

屋敷のあちこちに、最後のオーナー夫人である猫好きBetty(と猫)の
肖像画があります。

161103-15.jpg

猫グッズもたくさん!!

161103-16.jpg

ここはBettyの夫君の書斎。

161103-17.jpg

夫妻の写真です。
この二人が、1950年代に庭をロマンティックに改造し、現在あるような姿に
変えた功労者です。

161103-18.jpg

暖炉の右横の、読書用の椅子にご注目。

161103-19.jpg

書見台付きです。
こんなの、欲しい~~~っ!!

161103-46.jpg

マントルピースに飾られたこの壺は、旧館を壊したときか何かに
どこかからか出てきた発掘品(?)らしいですよ。

161103-20.jpg

こちらは[Library]。

161103-21.jpg

素晴らしい・・・。

161103-22.jpg

・・・うっとりしつつ、視線を下げるとそこにも猫好きの痕跡が。笑

161103-23.jpg

歴代にゃんこかな。

161103-24.jpg

左のにゃんこはBettyが飼った最後の猫、Pussちゃんの写真。
Bettyは遺言で、Pussが亡くなるまで、ここできちんと面倒を見てあげて
欲しいと言い残したそうです。
係員の人に尋ねると、「Pussは最近、亡くなった」とのこと。残念・・・。

161103-25.jpg

仲が良かった旦那様が亡くなってから、35年近くをBettyはここで
猫たちと暮らしました。
猫がいなければ、過ごせない夜もあったはず。

161103-26.jpg

あらゆるところに残る、猫好きで、(きっと)おちゃめな女主人の残り香。

161103-27.jpg

猫グッズは自分で集めたもの、友人たち、家族のプレゼントなどでしょう。
どんどん、集まるんですよね。

161103-28.jpg

ボンネットかぶってる!

161103-29.jpg

どれも素朴で、暖かいフィギュア。

161103-30.jpg

なごみます。

161103-31.jpg

しかし、小さなものが多いので、盗難が心配だわ~っ!

161103-32.jpg

これも、建築家によるへたうまを装った昔風のカーヴィング。

161103-33.jpg

この廊下はチャイナを飾る廊下。

161103-34.jpg

地震国ではありえない飾り方ですよね。

161103-35.jpg

[Dining]です。

161103-36.jpg

10人分の食器。

161103-37.jpg

レプリカは私は好きじゃないんですが、ここのは屋敷の雰囲気によく合って
ますね。

161103-38.jpg

・・・そして、突然モダンな[Kitchen]に!

161103-39.jpg

おぅ、電子レンジがある。笑

161103-40.jpg

クッカーもAGAも。

161103-41.jpg

冷蔵庫の横には猫用ベッドも。。。きっと、Pussちゃん用でしょうね。

161103-43.jpg

冬はきっと寒いこの屋敷。当然、台所が一番暖かいところです。
その中でもちゃんと暖かくしてもらってたのね。^^

161103-42.jpg

食器もとてもなじみ深い現代もの。笑

161103-44.jpg

シリアルやら粉ものやら、

161103-45.jpg

紅茶のパッケージに至るまで、つい最近までBettyさんが生きていて、
ここで生活していたんだなぁ・・・というラインナップ。

長くなったので、ここまで。
お次は2階へ!!

| UK_2016 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Scotney Castle

2016年6月のイギリス旅行記より。

161103.jpg

この日はナショナルトラストの超人気プロパティ、[Scotney Castle]へ
参りました。
写真はお屋敷(New House)の裏側。

161103-3.jpg

そこから眺める、一面のmeadowはデイジーでいっぱい。

161103-4.jpg

隅っこにはサマーハウスとプール(・・・使用できる季節があるとは思えないけど!)
廃墟。
大勢の人間が働いている時代にはこの辺りもきちんと下草が刈られて
いたのでしょう。

161103-5.jpg

鮮やかなセントランサス(ベニカノコソウ)越しに。

161103-2.jpg

この噴水にはかわいい彫像が。

161103-6.jpg

猫好きで有名だった最後のオーナー、Elizabeth Husseyの90歳の
誕生年に、彼女が愛したビルマ猫の"Minou"たちをモデルに彼らの
思い出のために作製されたそうです。
襟のベルトに名前が付いています。
金魚でも狙ってるのかな?

Scotney Castleの来歴を簡単に説明すると、まずは現在メインの屋敷と
なっているのは1830年代に新築された"New House"と、谷を下った
低地の人口湖に浮かぶ"Old Castle"の2つが存在します。

元々この旧館は12世紀に記録に現れ、随時増改築されていきます。
カトリックが弾圧された16世紀にはカトリックの神父を匿う"hole"も
建物には残っています。

Darrell家が350年に渡って屋敷を保持した後、18世紀末にEdward Husseyが
地所を購入します。
そして同名の孫が、この古い屋敷に住むのを止め、高台に新たな屋敷を
建設します。建材は旧館のものを使用して。
なので、現在残っている旧館は廃墟の雰囲気なのです。
全部建材を使うのではなくて、ガーデン・オブジェとして、古い屋敷をあたかも
廃墟のようにして庭の飾りとして残したのです。
とてもロマンティックで、当時流行した廃墟趣味の影響があったからでしょう。

ちなみになぜ新館を建築したかというと、地所を購入したEdward氏とその息子が
相次いで亡くなった原因が、旧館の空気の悪さにあると未亡人が考えたため
のようです。
実際、旧館は湖に面していることもあり、冬場には寒くて湿気た最悪の環境
だったようです。それに加えて、古い時代の建築だったため、ベッドルームが
少なく、家族は部屋の割り振りに難儀しました。

1843年に新館は住めるようになり、Edwardはそこで10年間独身生活を
送ったのち、"Clive of India"のひ孫であるHenriettaと結婚して、6人の
子宝を得ます。

屋敷の最後のオーナーであるChristopher Husseyはその長男です。
彼が1970年に亡くなると、地所はナショナルトラストに寄贈されました。
しかし、存命の夫人は新館に住み続けたので、こちらは長らく非公開でした。

夫人のBettyが亡くなったのはつい最近、2006年のこと。
その後、2007年から新館は一般にも公開されることになります。

ちなみに、新館の内いくつかのフラットは賃貸としてナショナルトラストが
貸し出していて、80年代~90年代にはサッチャー首相も政治の世界
から逃れて、こちらで週末を過ごしたこともあるそうです。

161103-7.jpg

こちらは屋敷のそばにある、ロマンティックなテラス。

161103-8.jpg

見事な紅葉やカエデ越しに旧館が見えます。

161103-9.jpg

眠れる森の美女がいそうな、そんな雰囲気。

161103-10.jpg

日本的な樹々が植わるロックガーデンもありますし、春から夏にかけては
大きな大きな西洋石楠花(ロードデンドロン)も花盛り。
これこのように、大きいんですよ。
一房が人間の顔くらいあります。
私はね、苦手です、この花・・・。見事だけど、けばけばしいんだもの。。。

と、いうわけで。

とりあえず、屋敷の中を探検してみましょう!!
実は私、屋敷内は初めてです。
これまでこの庭に来たのは2007年以前だったもので。
つまり、10年以上ぶり(!)ってことか。

以下、続きます。

| UK_2016 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■Lewes近くのすてきB&B(2)

2016年6月のイギリス旅行記より。

さて、お待ちかねの朝ごはんです。

161102.jpg

ここのマダムは、誰だっけ、ほら、BBCのドラマにもよく出てくるあの女優さん、
えーと、えーと、彼女にすごく似ています。
口元がおちゃめで、いつも目がキラキラしている、あの・・・。←誰だ?

161102-2.jpg

かわいいティー・カップ。

161102-3.jpg

摘みたての庭の花々。
そう、このピンクの薔薇が、例のクライミング・ローズ。
名前は"Ayreshire Splenden"と言い、別名、"Myrrh-scented Rose"と
言うそうです。

最初、オーナーの発音する「Myrrh」が聞き取れず、「はぁ?まー?」と。^^;
通じ合わない私とオーナーのおじいちゃん。

おじいちゃんが、書斎から薔薇の本をもってきて説明してくれて、
ようやくわかりましたよ。
おぅ、なるほど!! 「マー」って、「ミルラ(=没薬)」!!なのか・・・。

図鑑によると、「起源不明のクライミングローズで、ミルラの香りがする」と
あります。
しかし、おじいちゃん曰く、「ほら、嗅いでご覧?何の匂いがする?」と。
実際、嗅いでみるとミルラ香というより・・・なんかヘンな臭い・・・。

   私:   「・・・ペンキ?」
   おじい: 「そう!生乾きのペンキ(distemper)の臭いだよね?」

Distemper・・・犬猫ジステンパーのアレって、「テンペラ画」の意味もあるん
ですねぇ。へええええ。

というわけで、きれいなのは見かけだけ、匂いは決して嗅いではいけない
らしいです。おじいちゃん曰く。

ミルラってさ、没薬でしょ?
東方の3賢人がたしか、キリストが生まれた際に「乳香と没薬」を持って
祝福に現れたんじゃなかったでしたっけ?つまり、いい匂いなんじゃ?

私の脳内イメージでは日本の御香(伽羅とか)と同じ感じなんですけどね。
ミルラ香、いつか嗅いでみたいですよ!本物の匂いを。

161102-4.jpg

昨日は遅くにいっぱい食べてしまったので、今朝は少なめに。

161102-5.jpg

窓からローンの庭を眺めながら。

161102-6.jpg

昨日、おじいちゃんから聞いた話では、元々ここは貧しい農民のコテージ
とのことで、1階の天井はこのように低いです。
昔の下層階級のイギリス人は背も低く、暖房を効率よくするためにも天井は
低めに作ったようです。
壁も床も天井もたわんで、歪んでいます。
いったい、築何年なんでしょうね?

さーて、お腹いっぱいになったところで、いざ出発です!( ̄^ ̄)ゞ

| UK_2016 | 00:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |