under_the_willows

ARCHIVE PAGE: 2016年04月

READ MORE

■最後のEnglish Breakfast

B&Bのご主人、大佐夫人とは朝食で初体面。ナンシー・レーガン風のおばあさま。ダイニングで朝食をいただきます。ヨーグルトとたくさんのフルーツ。どうでもいいですけど、ハエが…。庭のスイートピーを飾ってくれてるのがすてき。少なめに・・・と頼んで、この量です。^^;さて、食後、本日の予定は?とマダムに訊ねられ、飛行機が19時半なのでその3時間前にはヒースロー空港に着きたい。なので、移動に2時間とっておけば・・・15...
READ MORE

■Westonでイギリス最後のディナー

宿のあるMorton Pinkneyからたったの2マイル、6分のWestonにてディナー。B&Bの大佐の言う道なき道を進んで、道に迷っただよ。(--;[The Crown Inn]。パブのカウンターの外にはInnのご主人がいて、地元の顔なじみと会話で盛り上がっているような、気取らない店。まずは駆けつけ一杯をいただき、バーでメニューを検討。ご主人が相談に乗ってくれる。   あのね・・・   あんまりお腹空いてないのね・・・   肉とか魚!よ...
READ MORE

■Morton Pinkney

B&Bは元々、[St Mary the Virgin]の牧師館でした。裏庭から教会へ。おや、厳重に扉が閉じられてますね。それもそのはず。この狂暴な羊たちが放牧されてますから。こっち来ないで!(*゚ロ゚)普通の羊は人間を遠巻きに眺めるのだけど、ここのはどつかれかねません。^^;羊の活躍のおかげで、下生えは短くすっきりと。しかし、どことなく荒涼とした感じ。。。教会は12世紀末に創建されたもので、ヴィクトリア時代に改修されています。...
READ MORE

■Moreton PinkneyのB&B

さて、Yorkから今度は一路、南下します。その前に、ちょっとだけ。。。おととい見かけて、寄れなかった古本屋さんに行きたい!(まだかぃ)Bootham Bar(城門)の外側、この古本屋さん。本好きイケメン(?)がたむろってますねー。ドキドキして中へ入りますと・・・。建築系の専門古書店のようです。2階にも売り場はあって、けっこう私のような建築門外漢でも興味深い本が多かった。(よそよりちょっと高めでした)ここではインテ...
READ MORE

■Breatonでディナー

Aysgarth Fallsから、Harrogateへ移動。B&Bのご夫妻から、Harrogateはすてきな町よ~と勧められたので。でも、町に着いたのは4時過ぎ。急がないとショッピングアワーが終ってしまう!(5時閉店多し)焦りながら歩き回って発見した、この古本屋!ものすごく趣味が悪い外装。。。(--;だがしかし。ここはお宝の山でした!!^▽^2階建てなんだけど、1階も2階も私の探している少女向けの本とかたーーーっくさん!!あって。特に嬉...
READ MORE

■Aysgarth Falls(エイスガースの滝)

Thirskから一路、西へ。ヨークシャーデイルの西の端、Aysgarthの滝に向かいます。今回は時間がなくて、ヨークシャーのこういった所を歩けず、残念。実は、滝を見に来たのではなくて、この黄色いドアの古本屋さんに寄ったのです。B&Bの夫妻の友人で、以前はYorkで古本屋を営んでいたのをたたんで、この僻地へ越したそうです。現在はもっぱらオンラインで注文に応えているそうな。しかし・・・。誰もいなーい。┐('~`;)┌ しょぼん。...
READ MORE

■Thirsk

ヘリオット先生の物語の舞台はDarrowbyですが、これは彼が実際に住んでいたThirskを元にしています。ThirskはDomesday Bookに二度も記載のある、古いマーケットタウンです。ロの字型の広場を中心にした、小さな小さな田舎町ではありますが、ホテルは2軒もありますし、パブは3軒、小売りの様々なお店もカフェもあります。(私はここのチャリティーショップで本を買いました!)ここはヘリオット先生、もとい、J・A・ワイト氏が結婚式...
READ MORE

◆The World of James Herriot

この日は私の大好きな作家、ジェイムズ・ヘリオット氏の旧居を博物館にした、Thirskにある[The World of James Herriot]へ行きました。うーん。。。赤字の垂れ幕がいやらしい・・・。誰の発案だ?(--;こんなのなくても、ヘリオット先生のファンはやってくるのに!!おかんむり。こちらが家の入口です。ヘリオット先生を知らない人がいるとは思えませんが、念のため。ヘリオット先生は40年代からヨークシャーで活躍した、いにし...
READ MORE

■お宝Hunting in York(2)

小腹も満たされたところで、いざお宝探しを再開!!イギリスの小売店はほとんど、17時には閉店になってしまうので、実際のショッピングアワーはかなり短い。9:00-17:00でしょう?日本だと、10:00-20:00が多いと思う。と、いうわけで。前のめりに焦りつつ、お買い物を再開しました。まずは大聖堂の脇の小道にある、古本屋さんから。ここは地上・地下5階、すべて本がぎっしりです。焦りながら物色する私。重い本を抱えつつ、ハ...
READ MORE

■Yorkでランチ

お宝Huntで少し疲れました。B&Bのご主人から推薦されていた[Filmore&Union]で早めのランチをとることに。こんな店、ありましたっけ~?下はデリっぽくて、二階がレストランになってます。お店の雰囲気もいいし、給仕のお嬢さんも笑顔が素敵。まずはお水。小腹しか空いてなかったので、リゾットの量がどれくらいか不安でしたが小食のジャパニーズでも足りないくらいの上品盛りでした。このリゾットは、私がイギリスで食べた中でも絶...
READ MORE

■York

さて、この日は大聖堂のあるYorkへ向かいます。あらまぁ。珍しくも線路の信号機が赤。止まります。電車が来るよー。日本だと踏切前は一旦停止、しかしイギリスでは「注意して(止まらずに)渡れ」。これ、頭ではわかっていても、体はつい止まりそうになるんですよね・・・。後続車にぶつけられぬよう気を付けなくては。で、York到着。気になったのはコレ。建設中の建物の、足場です。一応、単管使ってるみたいですけど、通路は材木...
READ MORE

カフェランチ。

最近、気に入りのおしゃれ・カフェ。女性好みのおしゃれな店なんだけど、栄養士の資格のある女店主さんがやってるだけあって、出てくる食事は非常にきちんとしたもの。本日の日替わりは「回鍋肉定食」。うまうま、です。デザートは私は苺のチーズケーキ、同僚は黒ゴマのブラマンジェ。美味しいコーヒーと一緒に。これで、1,100円。ちょっとお高めではあるけれど、値段分の価値のあるランチ。たまにはこんな贅沢も良いかと。...
READ MORE

■お宝Hunting in York

無理やり、赤いてれふぉんぼっくす~ぅ♪と大聖堂。Yorkにはもう何度も訪れていて、観光名所を見るというよりは、買い物が目的です!キッパリ。なんという真っ赤なアジサイなんでしょう。最初にイギリスでこの色のアジサイを見た時の衝撃と言ったらなかった。「新種か?!」とか思ったもん。笑土が、アルカリ系なんですよね。もう驚かないゾ。大聖堂の入場料は高い。(10ポンド≒2,000円/2015.7月当時)・・・ので、今回はパス。まず...
READ MORE

■York近郊の常宿

イギリス東部East Angliaを後に、一路北上してYorkへ。今夜はYork近郊のB&Bです。もう何度、泊まったかなぁ。裏庭より。この庭には大きなサクランボの樹があります。時は7月。たわわに実っています。ご主人夫妻は食べないと言っていましたが、盗み食い(ぉぃ)してみたところ、アメリカンチェリーのように甘ったるくなく、佐藤錦とも違う、野性味のある爽やかな味でした。食べないなんて、もったいない。庭には最近、イギリス各地...
READ MORE

ランチ☆彡

最近、ランチはあちこち遠出中。海外のみなさま、おほほ、どうぞご覧あそばせ。喫茶店のカレーライス。680円。とても美味しいビーフカレーです。サラサラッと。不思議な形の「カレー用スプーン」。こんなの、初めて見ました!(@@;これは駅の近くのカフェ。私はシチュー、同僚はデミグラス・オムライス。手際が悪くて出てくるのが遅いところをのぞけば、ナイスな店です。両方とも850円。これは最近リニューアルしたカフェにて。...
READ MORE

◇Deene Park(3)

【Deene Park】の続き。さて、邸内の見学も終えました。中庭の隅より、再び庭へ。アナベルが満開です。こちらは[White Garden]。2013年に亡くなった、Marion夫人を偲んで。屋敷の修復に貢献したEdmund氏の奥様です。仲の良いご夫婦だったのでしょう。奥様が亡くなり、後を追うようにご主人も1年後に亡くなりました。少し、日差しが和らぎ、優しい日陰に包まれたサマーハウス。人口湖に沿って、庭の奥へ。少し小高くなったところに...
READ MORE

◇Deene Park(2)

さて、【Deene Park】の続き。実は屋敷に到着後、まず[Old Kitchen]を改造したカフェでお茶しました。ふふふ・・・。何を見るより前にティールームへ直行だなんて、イギリス人っぽい行動。嵌め殺しの古い窓の前には先ほど見たすてきなゼラニウムの鉢。頼んだのはアップルタルトとティー。見てください、トピアリーと同じ形!!外はとても暑いのに、厚い壁に囲まれたこの古いキッチンはひんやりと涼しかったです。壁には墓碑のブ...
READ MORE

◇Deene Park

Northamptonshire州はCorbyにほど近く。こちらは Brudenell一族が500年に渡って所有してきた、【Deene Park】。お濠・・・ではなくて、川でもなく。人造の湖です。さすがは貴族、やることがデカイ。うん、この湖があるとないとでは景観が大違いですねー。この屋敷、公開日がとても限られているのです。だいたい、気候のいいシーズンでも月に4回くらいしか開けてない。だから、今回、やっと念願かなって訪れることができました。建...