under_the_willows

ARCHIVE PAGE: 2015年10月

READ MORE

♪水の都の音楽家

ふふふふふ。ついにやってきました、あのお方の日本ツアー!!2年に一度なのです。東京近辺ですと、この4公演。わたくし、何か月も前より入手して楽しみにしておりました。さて、早速10/21のトッパン・ホールから。このホール、凸版印刷さんの本社ビル。いわゆる、バブル期に流行ったメセナ的なホール?400席ちょっとだし、ステージと客席は近い。音響も悪くない。ただ、傾斜がフラットなので、前の席に座高の高いオッサンが座った...
READ MORE

■Lavenham(2)

Long Melfordでエビだかカニだかを食いはぐれ、流れ流れてふたたびLavenhamに戻ってきましたー。実は目を付けていたパブがもう一軒、あったのよね。うふ。Lady Streetにある[Number Ten]、右手の建物です。Tudor朝の始祖、Henry7世時代に遡る歴史のある建物らしいです。ちょっとドキドキしつつ、予約がないけれど食事ができるかどうか尋ねると中庭の外席で良ければOKとのこと。建物をくぐり抜けると、フツーの中庭スペース。木製の...
READ MORE

■Long Melford(2)

さて、観光も終了したところで、【Melford Hall】より少し先にあるLong Melfordの町へ移動。ここはアンティークショップがたくさんあると評判の町なので、少し楽しみにしていました。たまたま駐車したんだと思うんですけど、すごいグラデーションじゃないですか?!諮ったような絶妙な色合い。似たような車種。こちらは家具などが多いと噂のアンティークセンター。ま、時間が時間なだけに開いてはいないんですけどね。それにしても...
READ MORE

◇Melford Hall(2)

さて、【Melford Hall】の庭へ。Banqueting Houseの階段を上がり、少し高い目線から屋敷を臨んで。なんか、真ん中の塔の辺りなんて私の滞在しているB&Bと似てません?それもそのはず、当初の所有者が同じくBury St.Edmundsの司教ですもんね。この煉瓦の積み方はオランダ積みかイギリス積み?ところどころに黒い煉瓦で飾り模様を入れていますね。トピアリー。謎の形だわ。壁沿いにボーダー。Banqueting Houseを振り返って。屋敷の正...
READ MORE

◇Melford Hall

さて、お待ちかね(?)のSuffolk州はLong Melfordにある【Melford Hall】。こちら、現在はナショナルトラスト所有の物件です。写真はGate House。ここをくぐって左手が駐車場となっています。この建物は現在、NTのショップ兼トイレですが、往時は左右それぞれに居住家族が居た模様。館へ続く道は本来はDeer Parkですが、現在は羊の放牧地。黒羊ちゃんや白黒羊(ヤギ?)がのんびり草を食んでます。おお~っ。見えて来たぞ。奥に見...
READ MORE

■Long Melford

Lavenhamでお腹がいっぱいになった後、そう遠くはないLong Melfordへ移動。目的はナショナルトラストの【Melford Hall】ではあるものの、まずは教会詣でしませんとね。Village Greenから町の中心の教会を臨んで。おお~っ。ホリホックとあじさい、クレマチスが満開。家の脇の狭い花壇ですが、いいですね、大胆な植栽だわ。セイヨウアジサイは日本のそれより花付が密ですね。ところで、Long Melfordには珍しく、至近距離にお屋敷が...
READ MORE

■Lavenham

さて、Suffolk州はLavenham(ラヴェナム)へ行きました。写真後方に大き目のParkingがあります。そこの真ん前に教会があり(時間がなくて割愛)、駐車場の入り口にはPub。このPub"The Cook"は残念ながら閉店した模様。ハイストリートも脇道も川のようにクネクネ。そして、家屋敷も・・・。車さえなければ、何時代かわからない景色。左手の建物(有名なHotel"The Swan")の一階は天井が二階と屋根の重さで押し下がってますねー。こ...
READ MORE

Lavenham factory shop

日本では冬になると、こちらのジャケットが大流行りします。かくいうワタクシもジャケットとジレと両方持ってます。しかーし。いかんせん、日本で買うとお高いのでね。あんまり物欲はなかったけれど、せっかく近くに行くのだからとわざわざ遠回りして、ファクトリーショップへ寄ったですよ。すると・・・。なんとなんと!!ショップのみ別の場所へ移転する予定とのことで、2015年現在は営業してないんだってー。(扉に張り紙があっ...
READ MORE

Bury St.Edmunds近くのお屋敷(2)

さて、Bury St.Edmunds近くのお屋敷B&Bの続報。見惚れますね~、この立派なタワーゲートときたら。私が泊まったのは黄色で囲んだ2階の一室。塔と母屋を繋ぐコリドール。2階はライブラリーになっていて、タワーには例のへたうま壁画が残されています。ずっと昔はあちこちの壁が彩色されていたと思われます。こちらが朝食室。大きな田舎式暖炉を真ん中にして、片側がサロン、もしくは居間。反対側がこちらの食堂です。たぶん、屋敷...
READ MORE

Bury St.Edmunds近くのお屋敷

Suffolk州にあるBury St.Edmundsほど近くにこの屋敷はあります。どうです?見事なTower Gate Houseでしょ?引きで撮るとこんな感じです。タワーゲートと母屋の間は回廊で繋がれていて、上階には部屋が増築されています。珍しい建物ですよね。そういえば、KentにあるSissinghust Gardenのタワーにも似てるかも。奥の部屋から塔の裏側と回廊を見るとこんな風。タワーゲートの前にはハーブガーデン、手前の門より外側は果樹園になって...