2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

◆Chastleton House

Moreton-In-Marsh近くの【Chastleton House】へ。

なぜここに行ったのか・・・?
今となっては不明。
たぶん、私の好きなJacobeanスタイルの屋敷と聞いてのことだと思われ。

141128.jpg

見ての通り、門から屋敷までものすごく近いです。
(ただし、駐車場から屋敷までは15分くらい丘を下る感じ)

これはこの時代の様式としてはとても変わっているそうです。
同時代の屋敷は、門から入り口まで、壮大なアプローチを描くことが普通。
また、屋敷に庭園が付随していないのも異色。

1607-1612年ごろ、法律家のWalter Jones氏が建てたそうです。
彼は元々はウェールズ出身の羊毛商人の家系の出ですが、James1世時代に
法律家として財を成した模様。

(おそらく自営農民)→羊毛商人→法律家→地主、と当時の人生すごろくを
上がってる感じです。

ところでこのお屋敷。
ジョーンズ氏が所有する前はなんと!!
火薬陰謀事件で有名なGuy Fawkesくん一味のリーダーであった、
Robert Catesbyが所有する地所だったそうです。
カトリック教徒であった彼は1601年、"Essex Rebellion"(エセックス卿の反乱)
に連座して、逮捕罰金刑を食らいます。
罰金を払うために、この家屋敷を売り立てに出し、それを購入したのが
ジョーンズ氏。

彼はケイツビーの建物をすべて取り壊し、新しく家を建て替えします。
それは1605年に彼が火薬陰謀事件を起こしたからかもしれません。
単に、ケイツビーの屋敷が古かったからなのかも。
それはわからないけれど。

国王大逆罪を起こした人物から買った家に住むなんて、ちょっと外聞も悪い
ですよね。

余談:ジェイムズ1世の頃のスコットランドの人口は80~90万人、
   イギリスのそれは450万人規模。
   現代UKの人口が5000万ですから、400年間でほぼ10倍って
   すごいですね。黒死病で人口が激減していたのもあるでしょうけど。

   ちなみにわが日本、同じころの人口は江戸で1200万人(多!)です。

141128-2.jpg

このファサード、Jacobeanの特色出ていますね。
このお屋敷、なんと400年間持ち主の一族が変わらなかったそうです。
すごい!!

141128-5.jpg

キングサリがきれい。
きれいに刈り込まれたyewと芝。

141128-3.jpg

屋敷の裏側には小さなキッチンガーデンとCroquet用の芝地があります。

141128-10.jpg

クローケーを楽しむ訪問者たち。
この階段すぐそばにこんなプレートが。

141128-9.jpg

    ”クローケーのフィールドルールはウォルター・ジョーンズ氏により
    ここ、チャッスルトンハウスにて初めて制定され、1866年4月7日に
    出版された”


競技クローケー発祥の地だというわけです。
それまでクローケーはどちらかというと地方色豊かで、バラバラでした。
それを国際的なスポーツ競技として、ルールをそろえる必要があったんでしょうね。

141128-8.jpg

こちら、貧弱なキッチンガーデンとフェネル畑。

141128-4.jpg

ヒイラギの枝を新芽に被せて、虫除けにしています。
初めて見ました。(効果あるの?)

141128-7.jpg

謎のトピアリーがにょきにょきと。

141128-6.jpg

心を無にしてみても、何を表現しているのか皆目見当もつきません。^^;

1991年にナショナルトラストに移譲されるまで、一つの一族が連綿と
受け継いできたという珍しさ。
また、資金力も乏しかったためか、あまり改装もされず、手つかずの
古い様式を垣間見られるのも特徴です。

屋敷の中は入場制限があり、まず時間制のチケットをもらって、
ガイドさんが案内して回る感じです。

中についてはまた後日。

| UK_2014 | 19:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Kiftsgate Court Gardens

人で混み混みのHidcoteから、車で5分のKiftsgate Court Gardensへ!

驚くほど空いています。えー。
そりゃあね、HidcoteはNTの人気プロパティですけども。
私はKiftsgateの方が好き。

Hidcoteはおじさんが作った庭らしく、次から次へと手広く広大に広げていく
ちょっと雑味のある感じのお庭。実験的というか。
それに比べてKiftsgateは女三代が作り上げただけあって、繊細。
個人の庭としては広大だけど、Hidcoteの半分もありませんからね。
サイズ感も(私にはちょっと大きすぎるけど)、好ましいです。

141105.jpg

このお庭は1920年、現オーナー女性の祖母上が作られました。
以来、親子三代、女性の手を通して守られて来ています。

141105-2.jpg

この素晴らしいお屋敷内は見学不可です。
でもきっとすてきですよ~~。ああ、この家の客人になってみたいわ。

141105-3.jpg

なんちゃってドーリア式石柱には藤が伝い、もちろん、建材はハニーストーン。

141105-5.jpg

テラスの感じや、テラコッタもすてき。

141105-4.jpg

ピンクのアストランティアと濃紫のコーンフラワー。

141105-6.jpg

わが友人の大好きな、ラムズ・イヤー。
ほんとにモフモフで、子羊やうさぎの耳たぶそっくり。

141105-7.jpg

和む・・・。

141105-8.jpg

咲き初めの芍薬。

141105-9.jpg

抑えた色味の牡丹。

141105-10.jpg

オダマキ。

141105-11.jpg

White Sunk Garden。
ここで日本人ご夫婦と出くわす。
元駐在さん。
今日はこれから(!)北上してスコットランドまで行くって言うのだから
びっくり。え、えーーっ?
7時間はかかるでしょ・・・。

141105-12.jpg

葉っぱだけで何が植わっているのかわかる人は通、です。笑

141105-13.jpg

アーチを潜った先はRose Border!!

141105-14.jpg

はい、これが超有名なKiftsgate Roseです。
6月初旬ではまだまだ。蕾は上がってきてますけどね。
例年開花は7月初旬なんですって。
私はこの庭、5回は来たけど、一度も咲いているところを見たことがありません!!

141105-15.jpg

その他の薔薇も、はい、ご覧のとおり!
全然咲いていません!!
咲いているのはセイヨウウツギね。

141105-16.jpg

いい香りです。
薔薇が咲いていない寂しさ、悔しさを補う・・・わけない!!笑

141105-17.jpg

気を取り直して進むと、Sorbus aria 'Lutescens'のアーチの先には
不思議なチェア(?)が。。。

141105-18.jpg

現代アートなんだけど、とても馴染んでいて好きだわ。
(Simon Verty作)

141105-19.jpg

Water Garden。
元テニスコートだそうです。

141105-20.jpg

ここにも謎の現代アート。
時間によっては水がちょろちょろ流れたりするんですよ?
蓮の葉の先から。
(Simon Allison作)

141105-21.jpg

なんとなく、禅。笑

141105-24.jpg

この庭は高低差がある作りで、崖のてっぺんに屋敷と上の庭があり、
下の庭(Lower Garden)は切り立った崖路を下ったところになります。
ハーフムーン形の池がありますね。

141105-23.jpg

池から屋敷を見上げるとこんな感じ。
崖面にも日陰を好む花々などが植えられて、東屋もあり、見どころ十分。

141105-22.jpg

遥か遠くEvesham方面を眺める。
時間さえ許せば一日いても飽きないです。

今回は時間がなくて寄れなかったけれど、ティールームも素朴な
テイストで好みです。
ガーデンチェアに腰かけて飲み食いしていると、ガーデンキャットが
きっと足元に寄ってくるはず。笑
私が会ったことある子は黒に胸白でした。

| UK_2014 | 00:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Hidcote Manor Garden

2014年5月末~6月初旬のイギリス旅行記より。

Lawrence Johnston少佐が作り上げたHidcote庭園へ行きました。
彼は1871年、アメリカ人の両親の元、パリで生まれました。
父親は株仲買で財を築き、その後ヨーロッパへ渡りました。

息子のローレンスはパリで教育を受け、その後、ケンブリッジ大学へ進学。
卒業後はなぜか英国軍へ参加し、アフリカが任地で第二次ボーア戦争に従軍。
第一次世界大戦で大けがを負います。
(一時は死体と思われ、埋葬される寸前に生存に気づかれたそうです!)

1907年に母親のWinthrop夫人がこの地所を買い求めていたので、
負傷後はこの家屋敷で暮らすことになり、やがては庭作りに興味を持ち
始めたものと思われます。

彼はアマチュアながら、優れたガーデンデザイナーでした。
そのうえ、プラントハンターでもあり、アルプスやアフリカ、中国へも
プラントハンティングへ参加したこともあるそうです。

私自身、この庭を何回訪れたのかなー。
思い出せませんが、この辺りに来ると必ず寄る庭園の一つです。

141104.jpg

建物はコッツウォルズ名物、ハニーストーン。やさしい黄色。

141104-2.jpg

訪れたのは6月初め。
まだ春の草花がメイン。

141104-4.jpg

後ろの茅葺屋根が借景。
日本の藤と同じものかな。

141104-3.jpg

日本では藤は終わってますから、若干ズレがあるかな。
昔はイギリスと日本の植生は1か月くらい時間のズレがありましたが
最近の温暖化のせいか、イギリスの花期が変わったように思われます。
日本のそれと近くなってる。(モノによっては)

141104-5.jpg

この花なんだっけ。

141104-6.jpg

花より緑が濃いなぁ。

141104-7.jpg

ジャンボサイズのアストランティア。

141104-8.jpg

羊歯羊歯の中からニョキっと。

141104-9.jpg

芍薬。
そう、この庭、芍薬や牡丹も多いのよね。

141104-10.jpg

この辺はオダマキが群生中。

141104-11.jpg

ホワイトハレーションしているけど、スモークツリーとアリウム。

141104-12.jpg

この日は雨もようで肌寒かった。
巨大なヒマラヤスギの下は格好の雨宿りスペース。

141104-13.jpg

ジャーマンアイリスの迫力。
広い庭じゃないとできない。。。

141104-14.jpg

パースペクティヴ!
庭めぐりの通(?)になると、葉色の濃淡や色味の違いを楽しみます。
紫蘇色の葉や銀葉、薄緑、濃い緑、緑と言ってもいろいろですもんね。
(剣葉のコルディリネと黒葉のカンナ・ブラック・ナイトなど)

ちなみにこちらはThe Red Border。
夏ならカンナ、ダリア、ヘメロカリスの赤が燃えるように咲き競います。

141104-15.jpg

フウロ草。
すてき。

141104-16.jpg

チューリップ。
チューリップは日本よりも花期が長いような気がする。

141104-17.jpg

Limeのアーチ。

141104-19.jpg

イっちゃってる顔の太陽。

141104-20.jpg

ここはたしか、Mrs.Winthropの庭。
黄色やオレンジ系の花で統一されていて、以前はあまり好きじゃなかった
けれど、今回は気に入りました。
黄色と言ってもどぎつくなくて、やさしい色なの。

141104-21.jpg

葉っぱがきれいな植物と、お花がきれいなそれとありますよね。

141104-22.jpg

The Long Walk。
疲れるから、歩きませんでした。^^;
行った先には何もないんですよー!(サギだ)

141104-23.jpg

芍薬とアリウム。
非常にvividだけど、きれいでした。←派手嫌いな私

141104-24.jpg

派手は嫌いなんだけど、なぜか花は一重より八重が好き。^^;
派手好きかしら?!

これは芍薬ではなく、牡丹です。
英語だと違いもなく、すべてPeonyって・・・乱暴な。

141104-27.jpg

こいつも牡丹です。

141104-28.jpg

美しい・・・。
吸い込まれてしまいそう!

141104-26.jpg

一瞬、何の花かわからなかったけれどチューリップね。笑
足元が紛らわしいのですよ!

141104-25.jpg

指サックみたいなトピアリー。
何を表してるんですかね・・・。

141104-29.jpg

こちらは庭の先、遠景には連なる丘と羊。
ザ・コッツウォルズ!という感じ?

141104-30.jpg

ちょっと拡大してみた。
黒靴下と黒いお面の羊さん。
かわいい!

141104-31.jpg

このLimeの刈込のすごさ。
木は枝と枝を繋ぎ合わせて一体化されてます。
たしか、これを見てSissinghurst のLime tree walkってインスパイアされたんじゃ
なかったっけ?

141104-32.jpg

これは東屋の壁のタイル。
古びた紫色がすてき。薔薇、かな?

141104-33.jpg

トリさんが実を食べてます。ザクロも見えますね。

141104-34.jpg

Theatreと呼ばれる芝生の一角。
てっぺんが円形のステージだと思うんですが、今は木が植えられていて
劇場の用途には使えない。

141104-35.jpg

白い藤と白いベンチ。
カップルが仲良く座ってました。

141104-36.jpg

藤は白いのが好き!

141104-37.jpg

もちろん、紫のも好き。

141104-38.jpg

アリウムの紫、二色の藤。

141104-39.jpg

アイリスも上品な紫。
紫色の靄がかかったような、天国のようでした。

141104-40.jpg

オダマキにルピナス。

141104-41.jpg

これ、なんですかね?!
すごい、産毛というか、繊毛。

141104-42.jpg

みっちり。

141104-43.jpg

蓮池。
あんなに薄暗かったのに、天気がいきなり好転。

141104-44.jpg

庭道具をしまう倉庫の前には巨大な藤の木が満開。
迫力。

141104-45.jpg

天気が良くなったので、The Bathing Pool Gardenへもう一度。

141104-46.jpg

有名な鳥ちゃんのトピアリー。

141104-47.jpg

人が多くてなかなか写真を撮るのがむつかしい。

141104-48.jpg

アザレアも右のような色のは好きだ。

141104-49.jpg

軽く一周して出るつもりだったのに、思いがけず長滞在しちゃいました。^^;
いかんいかん!

さて、お次はお隣の庭、Kiftsgate Court Gardenへレッツラゴ!

| UK_2014 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Charlecote Park

シェイクスピアで有名な、Stratford-upon-Avonの東に位置する
Charlecote Park】(NT)に行きました。

141103.jpg

この日はめまぐるしく天気が変わる一日で、バーーーっと雨が
降ったかと思うとピカーっと晴れる。
実にイギリスらしいと言えば言えるけれども。

141103-2.jpg

Gate Houseまでのアプローチが期待を高めます。

141103-4.jpg

謎の形状のトピアリー軍団。

141103-0.jpg

こちらはLucy家が900年にわたって所有してきた物件でございます。
Lucy一族はもともとはノルマン貴族。
De Luci(ノルマンディーのLucéという地名から派生した模様)というのが
オリジナルの姓で、紋はずばり、カワカマス(=luce)!

141103-84.jpg

これはThomas Lucyの楯紋。

141103-76.jpg

なんつうか、オイル・サーディンの缶詰の模様のよう・・・汗。

141103-5.jpg

屋敷は1558年(エリザベス1世戴冠年)、建設。
前述のカワカマスの旦那、 Sir Thomas Lucyが建てました。
(と言っても、ヴィクトリア時代の所有者により改装されまくり)
彼は下院の議員であり、この地方の行政長官でもありました。

141103-80.jpg

この右のおぢさま。

141103-82.jpg

アラバスターの石碑が敷地内にある教会に祀られています。
子供はふたーり。

141103-77.jpg

他のご一族のこの方なんて、子供がずらずらーーっなのに。少子化?<違

141103-78.jpg

女子8人、

141103-79.jpg

男子6人。
子だくさんでしょ。

しかし、 Sir Thomasの石碑は男女1名ずつ。少ないねぇ。

141103-83.jpg

この方(Sir Thomas Lucy3世)のはバロックっぽいわね。

141103-81.jpg

面白いのは時代が下るにつれ、像のポーズも寛いでいくってことかな。笑
ソファに転がってるみたいなポージングだわ。

141103-73.jpg

こちらがSt Leonards churchです。
もとは12世紀からあった教会がありましたが、ヴィクトリア時代のぶち壊し運動で
建て替えられています。

141103-74.jpg

というわけで、往時の面影ゼロ。

141103-75.jpg

だいたい、19世紀中ごろの装飾になります。

さて、話は邸宅に戻ります。

141103-6.jpg

ここから邸内へ。
まずはお約束のGreat Hall。

141103-15.jpg

おわかりでしょうか?
パッと見た印象で、「あ、新しいな」と思った方、正解。
こちらもヴィクトリア時代に改装したものです。
「なんちゃってエリザベス時代」の装飾なんです。
はーあ。

飾られているものの多くは1830~40年代頃、当主夫妻がgrand tourで
イタリア買付旅行で購入されたものだそうです。

141103-18.jpg

マホガニーの家具のわんこ。ワン。

141103-11.jpg

偽エリザベス時代の暖炉の上のファミリー・カンバセイション。
Sir Thomas Lucy3世と妻、13人の子供のうちの7人と姥や。
大所帯のルールは下記の通り。

  1.家の中でパチンコをぶっ放さない
  2.客には礼儀正しく
  3.年配者の前では沈黙

141103-13.jpg

パパと娘、絡み合わない視線。笑

141103-12.jpg

足元にはわんこと息子たち(まだ女装時代)。
※上流階級の男児は5歳頃まで女装。女児の方が丈夫だったから。。。

141103-14.jpg

ママと娘たちとばあや。

141103-17.jpg

パパのすてきなハイヒールおみ足とわんこ。

141103-16.jpg

古の時代(1690年代)のこの屋敷の全景図。

141103-10.jpg

誰かな~?

141103-7.jpg

こちらもSir Thomas Lucy3世の娘と息子。

141103-8.jpg

右の僕ちゃんがこの家の跡継ぎ。
Richard Lucyくん。

141103-9.jpg

姉さまたちのドレスの刺繍のパターンを図書館の壁紙に起こしたそうです。
19世紀半ばにね。

141103-19.jpg

The Dining Room。
うわ、もろヴィクトリアンな感じ。
毒々しい家具ですね・・・。

141103-20.jpg

古めかしく見せかけた新しいステンドグラス。

141103-21.jpg

プラスターワークはHatfield Houseのジャコビアン様式をまねしたそうです。

141103-22.jpg

あんまり趣味がよろしくないですね。

141103-24.jpg

続いてLibrary。
こちらの壁紙が先ほどのお嬢様たちのドレスの模様をまねして作られたものです。

141103-23.jpg

ピアノもあるし、

141103-26.jpg

地球儀もあります。

141103-25.jpg

こういう前髪の子、今もいますよね。笑

141103-27.jpg

エリザベス1世陛下。
彼女自身、この屋敷に滞在しています。(1572年)

141103-28.jpg

Ada Fairfax-Lucyと息子のWilliam。
残念ながら、この子は1910年にEton在学中に亡くなったそうです。

141103-29.jpg

こちらはThe Billiard Room。
ヴィクトリア時代のカントリーハウスたるもの、必ずこの部屋はなくては
なりません。主に男性用。
ここでゲームをしたり、パイプを吸うために使いました。

141103-32.jpg

The Drawing Room。
こちらはディナーの後、女性陣がひっこむ(withdraw)ための部屋。
女性用です。

141103-33.jpg

元々あった大きな絵は1870年代に負債を払うために売り払われたので
今は残った小さなものを飾っています。

141103-31.jpg

ロイヤルファミリーの肖像画は定番。

141103-30.jpg

飾って楽しいか?・・・という疑問は置いておいて。

141103-35.jpg

ゲスト用の部屋。
落ちたら、首の骨を折りそうに高いです!こわっ。

141103-34.jpg

メインの階段とは別に使用人などが使った業務用?階段。

141103-36.jpg

独身者用ゲストルーム?
ヒップバスがあったわね。

141103-38.jpg

続いて、Service用のwing。

141103-39.jpg

ここはスカラリーメイドが一生懸命洗い物した流し台。

141103-40.jpg

ヴィクトリアンのオーブン。

141103-41.jpg

キッチン。

141103-42.jpg

天井が高い。匂いや熱がこもらないように工夫されたんでしょう。
実演中のおばさまのかっこうがかわいい。

141103-43.jpg

銅鍋は磨くのが大変そうだ~。

141103-44.jpg

火の気もありました。鍋置きがすてき。

141103-45.jpg

秤もクラシカルだわ。

141103-46.jpg

ここはLaundry room。
重労働!

141103-47.jpg

こちらはビール醸造所。

141103-48.jpg

昔は使用人への俸給にはビールも含まれていました。
水を飲むのが危険だった時代、人々は低アルコールのビールを
よく飲んだんでしょう。

141103-49.jpg

こんな感じで作ってたのね。ふむふむ。

141103-50.jpg

この排水溝は賢いね。

141103-51.jpg

お馬車1号。

141103-52.jpg

2号。

141103-53.jpg

わかりますかしら?
左上のクォーターにカワカマスちゃんが3匹いるのが。

141103-3.jpg

ふぅ。
外へ出ます。

141103-54.jpg

門が素敵。

141103-37.jpg

ものすごく手が込んでる。

141103-55.jpg

庭は屋敷の裏手、Avon川に面した方角にあります。

141103-56.jpg

雰囲気がいいですね。

141103-57.jpg

黒雲が・・・。

141103-58.jpg

パルテール。刺繍花壇です。
残念ながら、まだ何も植わってない・・・。

141103-59.jpg

外側はエリザベス時代風ですてきなんですけどね。中は俗悪。

141103-60.jpg

手すりの欄干とかすてき。

141103-61.jpg

Avon川。

141103-62.jpg

船着き場。
ここから川を利用して旅に出たんでしょうか。

141103-63.jpg

建物の裏側。
煙突の数がすごいですね。

141103-64.jpg

増水したらこわいわ~。

141103-65.jpg

こんなところでランチしたら気もちいでしょう。

141103-66.jpg

ハマナスが茂ってます。

141103-67.jpg

キングサリ。
見ると鼻がむず痒くなるのは私が花粉症だから?(^^;

141103-68.jpg

meadow越しに館を見る。

141103-69.jpg

バターカップ銀座。

141103-70.jpg

何かのロケに使えそうですね。

141103-71.jpg

教会へ向かう途中には鹿がいっぱい。
ここ、deer parkなんです。

141103-72.jpg

メスと子供ばかりだから、そんなに怖くない。
奈良公園のある国の人だから。笑

141103-85.jpg

夜は近くのPubにて。うまうま、でした。たぶん。←印象薄

| UK_2014 | 19:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |