under_the_willows

ARCHIVE PAGE: 2014年10月

READ MORE

◆Chipping Campden散策

Chipping Campdenはコッツウォルズの村の中では規模が大きめで、町のメインストリートであるハイストリートも趣があって、観光地観光地したこの辺りでは落ち着きがあるように思えます。いや、そこらじゅう観光客がうろついてますけどね。(^^;右手の建物が有名なマーケット・ホールで、初代Campden卿であるBaptist Hicksさんが1627年に建造しました。お値段、90ポンドなり。1627年ですよ、奥さん。Charles1世が戴冠した翌年です...
READ MORE

◆William Morrisの愛した教会 in Inglesham

さて、話は戻りまして。Cotswolds滞在中の話。【St John the Baptist Church】はSwindon近郊の野中にある古ぼけた教会です。鐘楼が少し変わっていますが、まぁ、普通にどこにでもあるような?村の教会です。横から見ると、増築されているのがわかりますね。この教会はアングロ・サクソン時代に起源を持ち、およそ13c初頭に構築されました。  ☆ちょっとwikiを読んでみました。   なんと、1205年John王によりBeaulieu Abbeyの...
READ MORE

◆Pubごはん in Baschurch

ShrewsburyのB&BのEdward氏においしいごはん所を尋ねる。推奨は、こちら。Shrewsburyから車で10分くらい。宿からは至近。ただし、街道沿いにあるのではないので、ここは知ってる人しか来ない。Edward氏曰く、夜は予約がないと危ないとのこと。予約していただく。街道から離れた、本当に小さな村のまんなか。教会墓地の真ん前。こちらは1850年創業。前身は郵便局もやってたみたい。建物の右手に駐車場へ続く細い通路がありまして...
READ MORE

◆1403年7月21日◆Battle of Shrewsbury

ShrewsburyのB&BのEdward氏に、「君は歴史好きだよね?(←見破られてる!)そんな君が絶対に行くべき場所がこの近所にある。ぜひ行くべき!」とプッシュされたのが、ここ。Battlefieldというところです。以下はEdward氏が身振り手振り、口真似までして説明してくれた話。◆Battle of Shrewsbury(シュルーズベリーの戦い)◆今を去ること600年前。1403年、7月21日の暑い日に戦いは行われました。前段階として、シェイクスピアの『ヘ...
READ MORE

Shrewsburyでお散歩&お買い物♪

さて、Shropshireの州都であるShrewsburyに参りました。宿から車で10分もかからない。ただし、こちらは駐車場地獄。そのうえ、けっこういい値段取るんですよ・・・。ここはBathかっ!・・・という強気な価格。(--;しかも混んでるし。Severn川という暴れ川が町をぐるっと蛇行して囲んでいます。本好きなら、『修道士カドフェル』シリーズの舞台になった町として知ってるかも?手前の教会ではなく、奥の四角い赤い建物です。こち...
READ MORE

★イギリスで一番おいしいスコーン!

独断と偏見により、決定!!それはここ、【Wollerton Old Hall Garden】のティールームにありまぁ~すぅ~!(小保方さん風)庭もすっばらしかった!!イギリスの数々の庭を経めぐった私が讃嘆するほど・・・。っていうか、他の庭には感じられなかった「日本的繊細な手入れ」を感じられた稀有な庭っていうか・・・。お庭については後日改めてまた。こちらのティールームですよ。正直、期待してなかったの。期待してないだけに驚き...
READ MORE

■2014_B&B■Newbury

Hampshire州はNewbury近郊のB&B。最終の宿です。Heathrowへ1時間圏内で行ける宿、そしてリーズナブルで感じがよいところが希望。正直、これまで泊まった1時間圏内の宿はどれもこれもおposhだったり、値段が高すぎだったり、宿の周りの環境が悪かったりして今一つでした。19世紀初頭に建てられた農家の納屋を改築してB&Bに変えています。母屋とは独立していて、ここにキッチンとダイニング、居間があります。B&Bのマダムが朝、ここ...
READ MORE

■2014_B&B■Mells

Somerset州はShepton Mallet近くのB&B。私はよく、Garden loversご用達の【Alastair Sawdays】を使って宿を探すのですが、この宿もそこでとても評判が良かったのでチョイス。道はすごくわかりにくい(またか!)ですが、宿自体はとてもすてきでしたよ。わたくしの部屋。古い建物ですが、内装はとてもセンス良く、清潔で。言うことなし!・・・のハズでした。ところがどっこい。...
READ MORE

■2014_B&B■Shrewsbury(2)

どうしても長くなっちゃうなー。(><)さて、続き。宿の私の部屋。二階です。なんかかわいい感じ。そして広い。バスタブ付です。他のB&Bと違って、ここは毎日タオルを取り換えてくれました。なんか、悪いなぁ。こちらはダイニング。パネルで壁を囲むのは古い様式です。そして、ご先祖さまの肖像画がずらり。(正確にはご主人のステップファーザーの一族)通常、肖像画は結婚の折に描くもの。子供の肖像画ってなかなかないです。...
READ MORE

■2014_B&B■Shrewsbury

さて、次の宿はShrewsburyの町中から車で10分ほどの場所にあります。Googlemapの地図と私のカーナビのTOMTOMとが一致せず、たどり着くまで難儀しましたが・・・。<毎回、難儀しているけど見ての通りのお屋敷!!えーっと、これ本当にB&B?出迎えてくれたのは宿のご主人、Edward氏。「パックン・マックン」のパックンに似てます。(←意味不明)奥様と上のお嬢さんは馬術の大会で南へ行ってるそうで、今日は下のお嬢さんと二人しか...
READ MORE

Leominsterでお買い物

さて、Ludlowは美食の町でした。そのLudlowと目と鼻の先にあるのがこのLeominster(と書いて、リーミンスターと発音する)。町の規模はさらに小さいですが、立派なHigh Streetにはアンティークショップ、ブロカント系、ゴミ、いえ中古品ショップなどが建ち並び、その筋の趣味がある女子は喜びで震えます。笑最近は本当に、このHornseaを始め、J&G MEAKIN、Midwinter、Figgjo、Arabiaなどが大人気ですね。我々の母親世代には懐かし...
READ MORE

■2014_B&B■Tenbury Wells(4)

(4)って、どんだけこの宿のネタを続けるんじゃー?!^^; >自分夜はこのゲスト用Sitting Roomのガスストーブに火が入り、ものすごーくまったりするんですよ。大好きな本がたくさんあって、お好みなら、ボードゲームやチェス盤なんかもありますし。おやつは毎晩置いておいてくれるし。紅茶もコーヒーも飲めるし、自家製ブランデーもあります。これは別の日のおやつ。数年前に泊まった時は、この本の作者であるMirabelさんの...
READ MORE

◆Pubごはん in Ludlow

B&Bからほど近くに、Ludlowという町があります。このように白黒のハーフチェンバー様式と呼ばれるエリザベス女王時代の古めかしい建物が残っていたり、かわいい子供服屋があったり、即位前のEdward5世が住んでいたお城(廃墟)があったり、広場では市が立ったり、なんちゅうか、けっこう賑やかしい町なのであります。・・・この辺では。市は生活必需品がほとんどで、正直、観光客が買うようなものは何も売ってません。でも、市が立...
READ MORE

■2014_B&B■Tenbury Wells(3)

それではB&Bのお庭めぐりをいたしましょー。庭に興味のない人はすっ飛ばしてけっこう。。。右手がB&Bのある元農場の母屋。この玄関への細いアプローチ、お気に入り。    ツ・・・ツーショット?(汗奥庭から母屋を振り返って。母屋の左手はハーブ・ガーデンになってます。ミントとかタイムとか、料理に必要なものはひょいと摘まめる感じ。この色合い、好きー。奥に見えるのはセルフケータリング用コテージ。前日の雨で何もかも...
READ MORE

■2014_B&B■Tenbury Wells(2)

モーニングコーヒーは部屋まで届けてくれます。うっ うれしい!(しかもマグがかわいい!)ダイニング。おー。ここも去年までとは違いますね。ちょこちょこ変えてるのねぇ。天井から釣り下がった気球がかわいい。アンティークの水切りラックを飾りに使うとは・・・やりおるな!この、野鳥の卵色の壁も塗り替えてますね。かわいい色だわ。絵になるのぅ。隙が無いっ!独り占めがもったいないわ。この日はチャレンジモード。普通のイ...
READ MORE

◆Pubごはん

さて、小腹が空いたのでB&Bのマダムに勧められた近所の美味しいPubへ。イギリス人の書く、謎多き地図(・・・)を頼りに出発!無事に着きました。笑 宿からは車で10分くらい?【The Salway Arms】。お勧めだけあって、地方の割には感じがよいです。Pubというよりガストロパブ系なのかなぁ?Pubコーナーは覗かなかったので不明ですが、予約しないとなかなか席が取れないかもです。何頼んだんだっけ・・・?魚介のシチューっぽい...
READ MORE

■2014_B&B■Tenbury Wells

数少ない旅行記読者(?)のSaoriさんに呆れられないよう、(^^;年内になんとか終わらせたいこの旅行記。。。さて、前回の続きです。お次の宿はWalesとEnglandの国境(おっと)近く、LudlowとLeominsterの間辺りに位置するお気に入りのB&B。到着日はあいにくの雨降りでした。晴れ女の私が傘をさすことはない(きっぱり!)のですが、全体にどんよりしめっぽくて残念。後述しますが、こちらはオープンガーデンもしていて、お庭が...