2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆Killerton

2013年6月の旅行記より。

朝イチでExeter近くのアンティクセンターへ寄った後、午後は
National Trustの〔Killerton〕というお屋敷へ。




こちらで軽くランチをとることに。
入ってすぐのところがカフェだったのよ。

venison.jpg

ジビエは苦手なのに魔が差して(?)、Venison(鹿肉)のスープを
頼んでしまいました。
しっぱい。。。
臭みが強くて、泣きそう。
Snowyが頼んだ、怪しいカレーにすればよかった・・・とほほ。

killerton.jpg

さて、この館はAcland準男爵家の所有で、1778年に仮設住宅(?)として
建てられたものだそうです。
ちゃんとした建築家に頼むまでのつなぎ・・・だったハズが息子が亡くなったり
なんたりで、建て替えのチャンスがないまま現在に至ったそうな。

マナーハウスとしては、小規模でシンプルな作りなのはそのせいかも。

中も、実にシンプル。
音楽室には古いフォルテピアノがあったり、ミニパイプオルガンが
あったり。
NTの人にオルガンは弾いてもいいよ、と言われ。
友人Snowyにバッハ弾いてと所望されるも・・・そんな突然言われたって!!

困った挙句、こいつを弾いてみた。



自慢じゃないが、暗譜で弾けるバッハ先生は5つくらいしかない。。。
でもオルガンって、気持ちいいね!
一体全体、どこの鍵盤を弾けばいいのかわからないところも含め。笑
足鍵盤はいったい全体どーなってるのか、皆目わからないけど。

このプロパティに来たお目当ては、アンティークファッションのコレクションが
あるというので。

しかし、ショボかった・・・。(--;


   うそーん!!これだけ?!(サギだ!)

という、小展示。
まぁ、いい・・・。
地元の人々の手作りグッズが販売されていて、なかなかかわいかったので
いくつかお買い上げ。
お土産にしました。

続いてお庭へ!

killerton5.jpg

壺、いい仕事してますね。

killerton2.jpg

この庭はWilliam Robinsonが刺繍庭園を手掛け、そのあとにJohn Veitchという
園芸家が改良したそうです。
この人物、なかなかのやり手のスコットランド人で。
19世紀は世界中にイギリスがPlant Hunterを送った時代ですが、彼もまた
世界中の珍しい植物を入手し、気候の温暖なこの地でまずイギリスに根付くか
どうかを見極めた実験農場を作ったそうです。

この庭にはぬわんと、はるばる日本からやってきたと思われる、高野槇
あるんですよ☆
真木ちゃん、感激!!

killerton6.jpg

そうこうしているうちにまた、雨。

killerton9.jpg

羊も木の下へ避難。

killerton4.jpg

さりげない植え込みがすてき。

killerton7.jpg

突然現れたるこのステンドグラス。

なんと、ペットの熊の家(!)の装飾です。
すごいんですよ。
2間もあるの、熊公の分際で・・・。
もちろん、一軒家です。ふん。

killerton11.jpg

このゴシックホラー映画にでも出てきそうなのは、プライベートの
チャペル。
お金持ちって・・・。

killerton10.jpg

このほかにもロックガーデンやら氷室やらが点在していて、かなり広い。
お天気が良ければ楽しめるかと思われます。
もーとにかく、羊の糞が雨でドロドロで!
きっちゃない。。。

killerton8.jpg

道端には猫も落ちてました。
スポンサーサイト

| UK_2013 | 00:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Topsham Quay antiques

2013年6月の旅行記より。

この日は朝からヘヴィな雨。
Exeter近くに泊まっていたので、とりあえずTopshamにあるアンティークセンターへ。

小さいんだけど、深い。
1階から3階まで。

宝探しは続く・・・。

やっぱり地方都市はスレきったロンドン近郊より、価格が安い!
私がコレクションしている緑の薬瓶なんかも、激安い!
うわーん!

安いけど、割れ物を購入するにはホドがあるわけで・・・。

泣く泣く、諦めたものも多数ありけり。


3時間くらいあると、くまなく一通りは回れますかね・・・。

最後まで、クラシックなバッグを買うか買わないか悩んで、止めにしました。

今思うと、買っておくべきだったかもー。(><)

| UK_2013 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。