2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Lea Gardens (Matlock)

2013年の旅行記より。

最初に泊まった、ピークディストリクト近郊のMatlock近くのB&B。
そこのマダムに強く勧められた〔Lea Gardens〕に行きました。

ここはRhododendrons(西洋石楠花)やAzaleas(西洋ツツジ)の
コレクションで有名な庭園。
逆に言うと、それしか咲いてない・・・・・。
そして私はそれらの花が苦手。(苦笑)
でも、Noといえない日本人としては渋々、寄ってみることにしました。笑

130725-2.jpg

これは庭の入り口近くにあったフットパス。
こういう道、すごく好きです・・・・・・!!
時間があったら、歩きたかった。。。

130725.jpg

庭のマスコット(?)カー。
ちっせぇ。かわいい。

≫ Read More

| UK_2013 | 01:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

English Full Breakfast 見比べ

2013年、泊まったB&Bは全部で6ヶ所。
その朝食一覧。


◆1軒目(ピークディストリクト)

breakfast1.jpg

◆2軒目(ノースヨークシャー)

breakfast2.jpg

◆3軒目(ピークディストリクト)

breakfast3.jpg

◆4軒目(デヴォン)

breakfast4.jpg

◆5軒目(コーンウォール)

breakfast5.jpg

◆6軒目(ドーキング)

breakfast6.jpg


結論。

≫ Read More

| UK_2013 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B&B(Brockham:Dorking近郊)

最後の宿は、ヒースロー空港に小一時間ほどのDorking近郊。
Brockhamというところなんですけど、いやー、なんか、お金持ちの
においが立ち込めた小村でした・・・・・・。

泊まった宿はこちら。

130724.jpg

うろこ壁が美しいおうち。

130724-2.jpg

中庭のテーブルでウェルカムティーをいただきました。

130724-3.jpg

ERコンスタンス・スプライ。

130724-4.jpg

お庭もとてもすてきなんですけど、

130724-5.jpg

えーと、

130724-6.jpg

どういうわけなんです?!

130724-7.jpg

暖かいはずのコーンウォールよりよっぽど薔薇が咲いているって!!
気温もずっとずっと高くて、暑いくらいだし。

がーーーん。。。

こんなことなら、モティスフォントの薔薇園に寄って来ればよかった。。。
今年は春が遅かったし、コーンウォールではあんまり咲いてなかったし、
きっとダメだろうって思ってしまったんですよね・・・。
なのに、ロンドン近郊の方が薔薇が咲き進んでるこの不思議!!!
なんでやーーーっ

130724-8.jpg

ぐすん。

130724-9.jpg

このB&BはPaulとJoannaがやってるんですが、彼らはケータリング会社
も経営していて、敷地の端にはそちらの厨房やらがあり、
私たちが到着したときも仕出しの準備でてんてこまってました。
働き者!(下の写真の左手の建物が厨房)

130724-11.jpg

ケータリングにも使ってると思う、にわとりちゃんたち。(卵ね!)

130724-12.jpg

ちょっと大雑把だけど、とてもいい人たちでした。
今回の旅は、宿的にはみんなそれぞれ個性があったし、当たりでしたわ。

130724-13.jpg

宿にはpapricaさんちのGus君と同じ犬種?なのかな。ボーダーテリア?
そっくりだけと血縁のないコたちが4頭!いました。
おとなしくて、すごーーーくいい子達でした。

130724-14.jpg

庭でSnowyとサッカー。
ワシ!とくいついて、離してくれないの。
サッカーするにはワンコごと蹴り上げる羽目になる・・・危険!

130724-15.jpg

我々の部屋は3階・・・。
フッ。
この日、荷造りのために重い重い荷物をすべて上に上げましたよ・・・。
死ぬかと思いました。

130724-16.jpg

Privateのバスルーム。
広いっ!!
余裕で、ここで寝られるくらい。笑

130724-17.jpg

洗面台も広くて使いやすいし、シャワーブースも立派、タブも立派。
不足はまったくありません!!

130724-18.jpg

      あるわけないワン。

130724-19.jpg

キッチンもかわいいー。

130724-20.jpg

ダイニング。

130724-21.jpg

マントルピースの置き物。かわいい。

130724-22.jpg

最後の朝ごはん!

130724-23.jpg

ケータリング会社やってるくらいだから、期待大!

130724-24.jpg

おっと。
私のはLuckyな双子ちゃんでした。
うまうま。

空港へも近いし、村はとても感じがいいし、美味しいパブもあるし。
今後はこの宿を帰国前の定宿にしようかな~??
しかし、シングルユース85.00GBPはちょっち高いなぁ。

| UK_2013 | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B&B(Cornwall:Truro近郊)

お次は一路、西へと進路を取りまして。
目指すはCornwall州です。

130719.jpg

こちらの宿のwebサイトを見つけて以来、どーしても泊まってみたかった
のです。
結果的に言って、大当たり!!

≫ Read More

| UK_2013 | 01:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B&B(Dartmoor:Exeter近郊)

さて、ここからは旅の後半の宿です。

Heathrow空港で、古くからの友人Snowyを拾い、一路Devon州へ!
だいたい、310km。約3時間の道のりです。

SnowyのANAが16時着。
彼女と合流したのが17:30くらい。
時間との戦いです。
暗くなってから野中の一軒屋たるB&Bを探すのは至難の業!ですから。
(カーナビのTOMTOMはだいたいの場所しか指示してくれない・・・)

案の定、宿近くになってからが大変でした。
TOMTOMのナビが終了した後、探せどもそれらしき家がなく・・・。
もちろん、人気なんてものはありませんから、意を決してその辺の
お宅のドアを叩いて道を尋ねるか、もしくは宿へ電話して聞くか。

幸い、Snowyは5年ほどアメリカ暮らしをしていて、現在も英字新聞
の翻訳者なので、英語には自信あり。
大学の同窓生なんですが、彼女の英語をン十年ぶりに耳にして、

  いやー びっくりするくらいの早口米語だこと!!

のけぞる。(^^;
宿の人ともなんとなくコミュニケーション不通な感じ・・・。

しょうがないので、電話を代わる。
よくわかりませんが、家の前を通り過ぎる我々を見たそうです。
家の前に出て待ってるから戻ってきてみてと。

ものすごーーーーい、急坂な小道を下りたところに、探していた宿は
ありました。こ、怖いっ。

130718.jpg

地面から生えてきたような、コテージです。

≫ Read More

| UK_2013 | 01:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

piano

naokoさん宅のお庭の端っこに、旦那様のRさんの小屋
いえ、オフィスが建てられてました。
春先からせっせと準備して。
イギリスにしてはあっという間に完成したなーと感心。

130717-2.jpg

このときはまだ、最終の色が塗ってない、下塗りの状態でした。
(7月の今頃は塗り終わってるかな?)

もう、完全に男の子の城!状態で・・・。
オフィスのはずなのに、なぜかキーボードやらタンバリンやら本棚やら
フィギュアやら、ジム器具やら・・・ここで本当に仕事できるんかいっ?!
というお部屋。

naokoさんと2人で、ビートルズなどを練習しているそうです。
私も弾かせてもらったけど、難しい!!

エレクトリックキーボードなので、まず、鍵盤がツルツルして軽く、
これは相当弾きづらいです。ピアノユーザーには。

加えて、ビートルズの曲。
簡単に弾けるようにアレンジされた楽譜でも、リズムがすごく難しい!
私はリズム感ゼロ。
従って、まったくダメ。

その点、naokoさんはすごく上手だった~!!

子供の頃しかやってないというのがウソみたい。
リズム感ある!(バスケの賜物?)

ピアノは重くて邪魔だろうけど、naokoさん用におうちにもピアノがあると
楽しいのにねぇ。
そういえば、肝心のRさんのお手前を披露してもらってないわ!!

今度お邪魔したら、楽譜持っていきまーす。
懐かしのポップスや映画音楽の簡易版なんてどう?
みんなで弾けそう

| UK_2013 | 02:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

naokoさま宅(London近郊)

すてきなホステスさんがいるお宿なんですよーっ

≫ Read More

| UK_2013 | 01:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B&B(PEAK DISTRICT:Matlock近郊)

さて、2013年の旅行記より。

YorkからCreweへ舞い戻り、naokoさんをピックアップ。
そして、再びピークディストリクト国立公園近く、Matlock近郊の別の宿へ。

130716-7.jpg

なんということでしょう。
この宿の部屋の写真はおろか、全景の写真もナイ!!
撮ったハズなのに、なぜか記録されておらず・・・おおぅ・・・。

130716-6.jpg

こちらはゲスト用の居間。

130716-5.jpg

とても古い、珍しいピアノがありました。
紙オルゴールみたいな、楽譜を読ませて自動演奏できる仕組み?に
なっている模様。

ただ、滞在時は修復中だったので、アウト・オブ・チューンで
とても不快な音階になってました。(^^;

130716-2.jpg

こちらがキッチン&ダイニング(&家人の居間?)。
増築された部分で、設計デザインは奥様のHelenaが、実際の建築部分は
旦那さまのSimonが行ったそうです。
彼らの娘のAbigailもテキスタイル・デザイナーとして一歩を踏み出した
ところだそうで、アーティスト一家のようです。

Helenaは本当に人好きがする人で、いい意味で何もかもがおおらか。笑
お客様の前ではボロなんて出さないわ!的な完璧さはありません。
はっきり言って、あちこちとっ散らかってるし・・・。
でも、そこが魅力。
飾らないし、構えない感じの、優しい人です。

一家は一時、ニュージーランドに住んでいたそうで、自然しかないところで
人恋しい生活を経て、やっぱり人が好きだし、人間とかかわらない生活は
人間には厳しいものであると思い至ったそうです。

ニュージーランドからイギリスへの帰路、香港経由だったそうですが、
人間を久しぶりにたくさん見て、「興奮した!」んですって。
わかるかも・・・。
私などは、ふだん、人でいっぱいの東京で暮らしているので、人けの少ない
イギリスとかヨーロッパの田舎に惹かれます。笑
逆もまた真なり。

130716-3.jpg

増築部分は天井がガラスで開放されていて、とても明るいです。
冬など天気が悪いときでも、明かりが入るのはいいですよね。

130716-4.jpg

朝ごはん。
Derbyshire Oatcakeが敷いてあります。
そば粉のクレープみたいで、モチモチしていて、美味しかった!!

130716.jpg

ストック。
・・・日本では3月4月の花ですけどね。笑

130716-10.jpg

臭いワンコ。
キツネを追う猟犬らしく、キツネの巣穴を見つけてはもぐりこむらしい。
そしてキツネの○ンコはものすごーく臭いらしいです。
だから、このコもすごく臭い!

130716-8.jpg

庭のお手製ブランコ。
乗ってるのは旦那様のSimon。
ほとんど、役に立たない方らしいです。笑<奥様談

130716-9.jpg

ここで「飼われてる」羊の夫婦。
呼ぶと来るんですよ!!

130716-11.jpg

「William & Kate」夫妻だそうです。笑
薔薇の葉っぱが好物なんですって。

| UK_2013 | 23:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B&B(Malton:York近郊)

2013年のイギリス旅行記より。

2番目のB&Bをご紹介。
今回の旅行、北へ西へと大移動だった理由のひとつがこの宿のせい。

去年初めて泊まったのですが、あまり居心地がよくて、宿のご夫婦とも
そのご友人夫妻とも仲良くなりすぎて(?)、今年もまたイギリスへ来るなら
どうしてもおいで、と。

長くなるので下へたたみます。

≫ Read More

| UK_2013 | 01:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B&B(PEAK DISTRICT:Matlock近郊)

さて、早速2013年の宿1軒目のご紹介。

今回の前半んも旅程はこんな感じです。

初日:ヒースローより一路、ピークディストリクト近郊Matlock近くへ
2日目:ピークディストリクト内
3~4日目:York近郊へ移動・宿泊
5日目:naokoさんをCrewe駅にてピックアップ、Matlock近郊へ
6日目:ピークにてトレッキング
7日目:買い物をしつつ、ロンドン近郊へ南下。naokoさん宅にお邪魔

最初の4日間は1人旅。
ヒースローからの4時間ドライブ。
つ、疲れました・・・!!(@@;
思った以上に!!死ぬかと思ったヨ!!

My TomtomのキヨシはM1を使えと言うんです。
が、そのM1がすごーーーく渋滞してましてっ。
金曜の17時といえば、帰宅ラッシュもありましょうが・・・。
いやはや。
2時間30分の予定が、渋滞も含め、3時間半は掛かりましたね・・・。
12時間の長距離フライトの後ですから、もう、フラフラ。
いやー、しんどかった!!

そもそも、ヒースローから国内線でマンチェスター空港にでも飛べば
いいんじゃない?というご意見もありましょう。

しかし、レンタタカー料金って、ONEWAYレンタルがすごく高いんです。
借りた場所と返す場所が違うだけで、2万円近く高いんですよ!!
だったら、ヒースローで借りてヒースローで返したいですよね??
ふぅ・・・。

長くなったので、宿の話は下で!

≫ Read More

| UK_2013 | 01:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Soul Sister(A340-600)

130708.jpg

こんな、素っ頓狂なお姉ちゃんが付いているのがヴァージンっぽい。

| UK_2013 | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねずみーびすけっと

130707.jpg

一番最初の宿にあったイギリス屈指の(?)スーパー、
〔Marks & Spencer〕のビスケット缶

こーゆーの、すごく好きです・・・。
シンプルだけと、グッときますわ。

楽天で買うと、驚きの3800円!!(@@;
ひょえー。
そこまで出すほどのものじゃ(rya

| UK_2013 | 01:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦利品(一部)



今回の戦利品。
意外と緑ボトルが豊作でした。
しかも、ナショナルトラストの片隅などでゲットしたものなどで、
1つ1ポンドとか2ポンドという格安品。
アンティークショップでも売ってるんですが、そちらは状態はいいにせよ、
1つ8ポンドとかです。ちょっと高すぎ。

いままでは緑の薬品ボトルのみ集めておりましたが、今回から青いものに
まで手を出し始め・・・ちょっと収拾がつかない感じに。(^^;
今後も集めるかどうかは不明です。

・・・っていうか、わたし、このボトルを集めてどうしようっていうんで
しょうか?!(自問自答)

このほかに、大皿一枚と段ボール1箱分の古本を購入。
後はテーブルクロスなど、布モノも少々。

トカゲ皮の札入れなどどいう、ちょっとレアなものも。

また後日、upします。

| UK_2013 | 01:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第一弾!

2013/6/7~2013/6/22まで、英国に行ってきました。

高齢の、いえ、恒例のUK行脚。(^^;

そこッ!
OLの分際で2週間も休みを取るなんてとか言わない。笑
私は旅行のために生きているんです。ふふん。


さて今回は、前半(ピークディストリクト~ノースヨークシャー)と後半
(デヴォン&コーンウォール)の2段組。

ヒースローからinしてoutなので、イギリスの南東から北へ抜け、
再度ヒースローを経由して、今度は南西へと大移動。

距離にして、なんと1,768miles走行しましたよ。

つまり、2,830kmです!!すごくない?!
ほとんど、日本の南北の長さです!!
全部、たった1人で運転したんですよ~。
すごーいー!!<自分
誰も言ってくれないから、自分で自分を褒めとく。笑

途中、どんだけ睡魔に襲われたか・・・。
ちょっと長距離ドライバー的アンニュイさに陥ったりして。

130702.jpg

ちなみに今回借りたのがコイツ。(我々の命名:Becca)
Vauxhallの比較的新しいので、借り出し時の走行距離は15000kmでした。
(Firefoxのキツネみたいなロゴが目印!)

現在、イギリスの燃料価格は大高騰してまして、旅行中に入れたガソリンの
平均料金は1リットル=135ペンス(VAT込)くらい。
1ポンド=150円計算で、リッター200円超。
日本では今、145円くらいですから・・・。長距離旅行には響くわぁ。

昔は1リットル100ペンス以下だったのにね。
昔って言っても、10年以上前のことですが。

| UK_2013 | 19:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご挨拶

いろいろありまして、心機一転。
こちらで出直しますので、みなさまよろしゅー!


HN:    willows66

Blogタイトル:under_the_willows
("under the rose"と"Wind in the willows"を掛け合わせてみたです 笑)

基本線:   旅行記メイン

自己紹介:  いいかげんな四十路
       最近のハマリ道は鍼治療。効くっす。

連絡先:   こちらからフォームが送れます。
        http://form1.fc2.com/form/?id=858831

| Greeting | 19:17 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |