2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

■St.Albansの町

2011/10月の英国旅行記より。

2日間お世話になったnaokoさん宅を辞した後、一路、St.Albansへ!
夕方にHeathrow空港にて友人Miriamと合流するまでの時間つぶしに、
訪れたことのないこの町の大聖堂を見学しようかと。


naokoさん宅からだとほんの20分のハズ。
ところがぎっちょん、高速の方向を間違えてしまい・・・なんだかんだで
40分もかかってしまいました・・・ううう・・・。
ナビのTOMTOMを最新版に更新して来なかったのが敗因か!!(><)

St.Albansの町は”街”ではなく、”町”といった感じ。こぢんまり。
それでもハイストリートの両脇にお店が集中していて、人もそこそこ行きかい、
僻地好きの私にはやや都会過ぎる感じかな。(^^;

実はここへ寄ったお目当ては大聖堂もさることながら、
Marks and Spencer(M&S)でのTC両替なのでした。
私は外貨はFXで購入しているので、現金化するには

 FXで外貨を購入 ⇒ CITI Bank口座へ移動 ⇒ CITIからTCとして出金

・・・っちゅう、繁雑な手続きを踏むのでありました。
(ポンドって本当に使えない通貨!!)

以前はヒースローにあった、アメックスのカウンターでTCを手数料無料で現金化
できたので便利だったのに、3年位前から手数料が有料化になったんですよ!!
ありえん。

M&Sの両替所なら、TCは一日250.00GBPまでは手数料無料です。
でもすべてのM&Sで両替をやってるわけではないので・・・。
事前調査の結果、ロンドン近郊ならSt.Albansくらいだったのよねー。

さくっと両替して、いざ町へ。

111116.jpg

中世の時代の建物が点々と残っていますね。

111116-4.jpg

2層目の床がうねってますなぁー。

111116-5.jpg

111116-2.jpg

カップケーキ屋さん。
ディスプレイが斬新・・・っちゅーか・・・。Pop?

111116-3.jpg

これは1403-1412の間に建設されたという、”The Clock Tower”。(時計塔)
説明書によると、時計塔に近接した”French row”なる通りは百年戦争時に
後のフランス王LouisVIIIが王太子であった1216年に、はるばるイギリスへ
遠征した際に辺りを占領されたときの名称だそうな。

また、近くにある"Fleur de lys Inn"は1356年にフランス王JeanII
"ポワティエの戦い"で今度はイギリス側の捕虜になった際に、この宿に
拘束されていたそうであります。
このInnの名前はこの故事によって、屋号を変えたのでしょうかね?
"Fleur de lys Inn"って、【百合の花亭】だもの。<百合の花はフランス王家の紋
あー、でもこの頃のイギリス王家はフランス王権を主張していたわけだし、イギリス王家
の紋章にも百合紋は付けてあるから、どちらの側のものかはにわかにはわかりませんね。
紋章関係は複雑だわ~(お手上げ)

111116-7.jpg

さてこちらが【the Cathedral & Abbey Church of St Alban】であります。
3世紀にブリテン最初の殉教者と言われる、"St Alban"が斬首された地に建てられた
修道院を基礎にしています。

この聖オルバン・・・絵で見ると、刎ねられた自分の首を持って立ってたり
寝転んでたりするんですよねぇ。(怖)

111116-15.jpg

こんな感じ・・・。

元々、この町にはケルト系の住民が築き、1世紀ごろにはローマ都市Verulamiumとなり
Londinium(ロンドン)に次ぐ大都市だったようです。

そのローマ支配時代の2世紀頃。キリスト教は禁止されている時代。
Alban(ラテン語名:Albanus)はローマ兵士でした。
ある日、逃亡中のキリスト教司祭を家にかくまう中で、次第にキリスト教の教えに
影響を受けるようになりました。
そしてついに、追っ手のローマ軍兵士がやってきたとき、司祭を逃がしてやり、
彼が身代わりに出頭しました。

裁判が行われ、ほとんどキリスト教徒化していたAlbanは棄教を拒否し、斬首が
言い渡されます。

ところが、処刑人が彼の首を斬ろうとしてもできなかったそうです。
二人目の処刑人が、Albanの首を刎ねましたが、その途端に処刑人の眼球が
地面に落ち、Albanの斬られた首を見ることができなかったと言います・・・エグイ。

その後、処刑が敢行された丘は聖オルバンを祭る修道院となり、数々の奇跡と
共に人々の尊崇を集め、かつてはイングランド第一の修道院となりました。
その政治的重要性を反映し、マグナ・カルタの最初の草案がこの場所で書かれた
そうです。

111116-9.jpg

こちらは伝統あるパブリック・スクール、【St Albans School】。
こなまいきそうな坊ちゃまたちがジャリっといましたヨ・・・。
sixth form(大学入学資格試験Aレベル受験学年?)には女子もいるようです。
私が見た中では男子ばっかりやったけど。

St.Albanはロンドンへも至近だし、北上するにも便利。
そのためか、大変な高級住宅地だそうな~。

111116-14.jpg

お昼はこのタイ料理屋にて。

111116-13.jpg

来て2日でアジアン・フードに逃げてる?? <だめじゃん。
エビの炒めたもの。
辛味が足りなかったかなぁ。

111116-12.jpg

暖かい秋ですが、そこそこ紅葉している葉っぱあり。

111116-8.jpg

さて、そろそろ大聖堂の中へ入りましょう!

111116-10.jpg

出入り口は改装されておりまして。
写真奥に見える方が入り口です。(入り口から振り返って見ている感じ)
元々あった入り口を包み込むようにして、現代建築で覆っています。

111116-11.jpg

もしかして、建物が傷むのを防ぐためなのかも?

(その2へ続く)

| UK_2011 | 19:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お世話になりました~

2011/10月の英国旅行記より。

2日間、たいへんお世話になったnaokoさんRさん宅を辞するときが
参りました。
お二人には毎度本当にお世話になりっぱなしです。。。

ただでさえ、すごく魅力的なお二人の元に、新たなアイドルSushiちゃんまで
加わったのですから、最強のお宅ですわ~~
また遊びに行きたい!!
sushiに会いたい!!

111113.jpg
111113-2.jpg
111113-3.jpg

・・・メーワクかもしれませんけど。笑<誰にとっても

日本でもまた、お会いしましょう!!
3人ともいろいろありがとう

| UK_2011 | 01:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Rさんのローストビーフ

2011/10月の英国旅行記より。

いつも餌付けしてもらっている、ご馳走していただきまくりのRシェフのDinner。
今宵はローストビーフ!!

111112.jpg

ぎゃっ、湯気でモヤってますね・・・!!
おいしそう!!

111112-2.jpg

付け合せも完璧!
お肉を切り分けてもらい、さ~さ~!!
ごはんごはん!!

111112-3.jpg

        うンまいっ!!

お肉も美味しいけれど、ポテトがカリっとしていて、すごく美味しかった~!!
お野菜もシャキッ にんじんも甘い。
ワインもおいしいし、ほんとうにRさんは腕を毎度毎度上げまくりですな。( ̄m ̄)

111112-4.jpg

Sushiちゃんはnaokoさんのひざの上。

111112-5.jpg

ちゃんとお行儀よく、参加しています・・・
すごーい!!

111112-6.jpg

        お嬢様でちゅもの、わたち。

おデザまで手作りなのもすごいよねぇ。

111112-7.jpg

明かりが・・・ 足りなかった・・・

111112-8.jpg

お肉も脂っこくなく、あっさり胃袋に収まり、デザートもこってりしてなくて、
身体に優しい料理でした。
毎度毎度、本当にごちそうさまです!!←手伝いも片付けもしないでっ


この後、土日付き合ってくれたN子さまとM子さんはロンドンへ戻ることに。
二人とも、いつもいつもお世話になりました!!

| UK_2011 | 00:05 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

選べない

2011/10月の英国旅行記より。

Hughenden Manor】のアップル・フェスティヴァルから帰り。
この日は秋とは思えないほど、暖かく、最高の天気でした。

Rさんご寵愛のSushi嬢が待ち構え(てなかったけど)る、naokoさん邸へ。
Sushi子はかわいすぎる!!!(><)

写真がどれもこれもかわいく撮れていて、選べませんっ!!

111111.jpg

白いよだれかけに、おしゃれなネームプレートが光る。。。

111111-2.jpg

意外と精悍(?)な、背中。

111111-4.jpg

ごろん。

111111-5.jpg

ごろん。

111111-6.jpg

肉球、くに。

111111-7.jpg

ぼーっ。

111111-8.jpg

鼻下の白毛ドットがチャームポイント!

111111-10.jpg

じーーーーっ

111111-9.jpg

ふぁあああああ。

         ・・・・ハァハァ。

かわいすぎる・・・。
Sushiちゃんは真っ黒というわけでもない(こげ茶?)ので、意外ときれいに
写真に撮れるのですね。黒猫は写真に撮るのが難しいですもんね。
お鼻の下に白いドットがあるのがかわいいよぅ・・・・

ひとしきり彼女と遊んでもらい、お庭へ!
※Rシェフが夕食の準備に集中している間、我々一同はキッチンへの侵入を禁止されたのだった。。。

111111-3.jpg

いちじくとハムと、珍味。それにワインとビール。うまー。

| UK_2011 | 19:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆Hughenden Manor

2011/10月の英国旅行記より。

本日はみんなでナショナルトラストの【Hughenden Manor】へ。
※発音は「ヒューイ(エ)ンデン」。「ヒューンデン」と読みがちなジャポネ族は要注意。。。



ここは英国で唯一のユダヤ人宰相Benjamin Disraeli(ディズレーリ)の
邸宅です。
目的は"Apple Festival"なんですけどね。(^^;

けっこう朝早くに出てきたはずが、着いたらちょうどよい感じにお昼でした。
駐車場はすでに満杯!!
下の方にある予備の駐車場に停め、丘でランチ。

111110.jpg

いい~天気!

111110-2.jpg

朝、みんなで作ってきたサンドウィッチとかサラダとかイチゴ。
特別なものではないけれど、本当においしい!!

111110-3.jpg

後で見学したお屋敷のダイニング。
・・・こんな暗い部屋でしゃっちょこばってご飯を食べるしかなかった
ヴィクトリア時代の人たちはお気の毒です。美味しかぁないでしょ?

111110-4.jpg

ここが壁に囲まれた果樹園の入り口。
秋なので、りんごがたわわでした。

屋敷の内部は私とN子さまが見学。
naokoさん、Rさん、M子さんはお庭で待機することに。

内部は意外にこぢんまり。
カントリーハウスにしては小さい。家庭的(?)なサイズに近いです。
こんな小さなお屋敷にヴィクトリア女王がたびたび訪れたんですね~~。
お付きの人の控えの間を用意するのも大変そう。

111110-7.jpg

ドローイングルーム。
女性用客間。

写真はディズレーリの書斎。

111110-6.jpg

蔵書は・・・うーん、たいしたものなさそ・・・。

111110-8.jpg

マントルピースの大理石に描かれた鳥。
全体的に新しく、家具調度も趣味がケバい。。。

111110-9.jpg

この脚立は欲しいなぁ。

111110-5.jpg

ディズレーリの執務机。・・・ん?なんや、この足は?!

111110-10.jpg

ディズレーリといえば、保守党の名宰相。
グラッドストーンと共に、ヴィクトリア女王時代を代表する政治家ですね。

ユダヤの家系に生まれ、祖父の時代にイギリスへ渡って来た彼。
若い頃はさまざまな仕事に就き、たくさんの失敗を経て、政治家へ転身。

そんな彼が35歳のときに伴侶として選んだのは50代になろうかという未亡人。
Mary Anne Evans

もちろん、「財産目当て」でした。
※ディズレーリはその時々に応じて、必要なものを与えてくれる女性たちと
 付き合ってきました。「交友関係の広さ」とか「知性」とか「快楽」とか。

そんな彼が恋愛のために結婚するわけはなく・・・彼の政治家生活を支える
ためにメアリー・アンの持つ財産が必要だったわけです。
(子供はどうするんだ?という疑問はありますけど)

もちろん、メアリー・アン自身も、ディズレーリが財産目当てなのはわかって
いました。自分は若くもなく、美しくもなく、賢くもない・・・むしろ、おバカ系。
ところが誰も予期しなかったこの結婚、思いもかけず大成功を収めました。

ディズレーリは夫を常に尊敬し、褒め、愛する妻により、家庭を大事にする
献身的な夫へと変貌します。
メアリー・アンは才気煥発ではなかったものの、まろやかな女性らしい
包容力のある人だったようです。
外にストレスを抱える夫を支えるのに、これほどぴったりの資質はない
でしょう。

そんなわけで、外野がなんと言おうとディズレーリ家は幸せな家庭でした。

111110-11.jpg

2階にある寝室。

111110-13.jpg

洗面道具にビデ。

111110-12.jpg

椅子トイレ。

111110-14.jpg

机には会葬通知文。

111110-15.jpg

2階から見下ろす、庭。

111110-16.jpg

廊下の電気のスイッチ。
これだけあると、どれがどこの電気のスイッチだかわからなくない?!

地下には珍しいビールセラーやら、【The strong room】なる貴重品用の金庫
もあり、

111110-28.jpg

そこにはメアリー・アンのダイヤモンドリストが・・・。

         1858年3月 ダイヤモンド

         ネックレスと十字架 1
         32粒のダイヤモンド・ネックレス 1
         大13粒・小28のダイヤモンドの十字架(留め金に小2粒) 1
         66粒のダイヤモンド・チェーン 1
         etc...


地下には他に、第2次世界大戦中の空軍の秘密基地の展示。
下士官の家族が戦時中、ここで過ごした居間なども残っています。

ちなみに、ナチスドイツの爆撃目標のトップリストにこのカントリーハウスが
挙げられていたそうです。
空軍の基地があるのがバレていたせいか、ユダヤ系の屋敷だからかは不明。

111110-17.jpg

庭から屋敷を望んで。

111110-18.jpg

蔦の紅葉もいまひとつ・・・。
まだまだ冷え込みが来てないからな~~。

111110-19.jpg

お待たせしました~!
日陰でまったりの3人と合流して、いざ、リンゴ会場へ!

111110-20.jpg

これはリンゴではありませぬ、Yewの実。
光に中身が透けて、きれいです♪

111110-23.jpg

この木はRさん、いちおしの・・・

111110-24.jpg

"Medlar"(リンゴとナシの掛け合わせみたいな?)です。
すかさず、落ちた実をいくつかゲット。

111110-21.jpg

さて、こちらが"Apple Festival"会場です。
子供向け、リンゴハンコ作成やら、リンゴジュース絞り機やらいろいろあります。

111110-22.jpg

たくさんの種類のリンゴがあって、試食が出来ました!!
ここで気に入ったものは後で買うことも出来ます。一袋1ポンドという破格値です。

111110-25.jpg

↑私たちが選んだリンゴ。

111110-26.jpg

会場の一隅には"Mulled Cider"(ホット・アップル・サイダー)があったので
ためしに一杯飲んで見ます。

111110-27.jpg

うわ、スパイスきっつぅ~~!!(×。×)
しかもこのクソ暑いのにホットかい!!>自分

いや、寒い日なら美味しいかもしれない・・・ごにょごにょ。
でも30度にもなろうかというこんな暑い日にはキンキンに冷えたサイダーか、
レモネードが飲みたいわっ!この際、コーラでもいいっ!
そんな気の利いた発想がナショナルトラストにあるわけもなく・・・・・・・・・。

気の利くnaokoさんが売店で缶コーラを買って振舞ってくれました!んまー!!

もう少しいたかったけれど、Rシェフの夕食の仕込みもあるので一同帰路へ。
Sushiが寂しがってるだろうとの声もあり。笑 ←誰でしょう?

| UK_2011 | 19:09 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いちにちめ

2011/10月の英国旅行記より。

灼熱のヒースロー到着後、無事にN子さまと合流。
目指すはロンドン近郊、naokoさん宅最寄り駅!
仕事帰りのnaokoさんをピックアップする予定。

今年の春に購入したTOMTOM (KIYOSHI,I love you!) のおかげで、
道中はN子さんと楽しく会話する余裕あり。
ただ、なーぜーか、最寄り駅を目的地と認識してくれなかったので、高速を
降りた後はN子ナビに頼ることになりました。

       だ、だいじょうぶなのか・・・・?(--;<N子ナビ性能

と、ちょっぴり不安に思ったのはナイショ。
案の定、多少迷ったものの、到着できたのでヨシです!!笑
すでに電車が着いていて、naokoさんとはすぐに合流できました♪

1年ぶりにお邪魔するnaokoさんとRさんのお宅。
いろいろ変わっていた中でも、最大の変化にして最強のアイドル

               Sushiたん。

111101-5.jpg

 ぎゃ~~~わ~~~え~~~~え~~~っ!(悶死)

111109-3.jpg

N子さんから、そのかわいさを聞いてはいたものの、ここまで華奢で
愛想良しで、おとなしくて、誘惑的だとは思わなかったわーーー。
なんなの、その誘う目は~~っ!!

111109-4.jpg

このポッテリしたシルエット!
まだまだ子猫(生後半年)だから、3頭身あるかないか。
この丸さは今だけ・・・。かわゆす・・・。
毛足が長くてふさふさしてるからホワッと見えますが、骨格は華奢!
ルックスもいいのですが、性格がまたかわいいのです・・・。
どこかのあみっぺとは大違いだわぁ・・・<あっ、子供を比べる悪い親のようなことを。笑

ひとしきりあそんでもらって、Rさんが丁寧に用意してくれた夕食をいただき
ました。

111109-2.jpg

チリが効いていて、ものすごくHOTな一品!!
ヨーグルトのソースで辛さが緩和されて、ほどよきバランスに。
naokoさんがよいだんな様をゲットしたおかげで、おこぼれに預かれて私は幸せ
です。笑
やっぱり料理が出来ない男子はダメっす!!

就寝時、Sushi嬢はN子さまの足元へ。
く~~~~っ(><)ジェラジェラっ笑

| UK_2011 | 01:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

UK2011

2011/10月の英国旅行記より。

今年は5月のイタリア旅行にてちょっとばかり傷心な出来事があり
(まだ記事にしてないけど)
ゲン直しを兼ね高校からの友人Miriam(仮名)が行きたがっていた秋のイギリス旅行へ
旅立ちました!ひゃっほぅ!

飛行機のチケットを取ったのが8月くらい?
毎度おなじみのVirgin Atlantic Airways(略してVS)。
長いこと、英国航空(BA)でひどい目に遭った私が10年位前に鞍替えした航空会社です。

N●TよりはKD●I、J●LよりはA●A、という志向のわたくし。

当初はけっこう気に入っていましたが。
今回はひどい目に遭いましたヨ!!

出発の3週間前にいきなり、英文のメールがポイっと送られてきて。

    「アナタのフライトはキャンセルされました。確認してね」

ぽか~~ん。(゚д゚)
えっ?

オンラインで確認してみると、なんと勝手に帰国便が翌日に振り替えられていました。
慌てて日本代理店に電話しても、

    「突然、フライトが50便以上キャンセルになりました。
    翌日便は押さえてありますから。」

との一点張り・・・。

ううう。
友人MiriamはBAなので、このキャンセルとは関係ありません。
彼女は予定通りの便(私の一日前の便)で帰ることに。
私は勤め先に頭を下げて、もう一日追加で休ませてもらうことになりました・・・。

    なんたること!!┐('~`;)┌

外国人なら1日や2日の遅延なんてどーでもいいでしょうけどね。
日本企業はケチなのよ。同僚たちの心証が悪くなるのよっ!!

と、当初にケチがついたんです。はぁ。
そんなわけで、

    前半2日:naokoさん宅にお世話になる

    3日目から~帰国の1日前まで:Miriamと旅行

    最終日:一人ぽっち

という、変則的旅程に。とほほ。

111101.jpg

機内食はどんどん不味くなりますね・・・。
でもコレ(=日本発便のエサ)はマシな方です。量が少ないのが致命的ですが。

111101-2.jpg

到着前に出るランチも(見た目は不味いが)まぁまぁ。
帰国便の食事は本当にひどくて、何も飲み下せないくらいですから・・・。

111101-3.jpg

ところで。
これ、いいですよね?<ミルク
なんでこういうのって日本ではないのかなぁ?

私はコーヒー紅茶にクリームを入れるのって苦手です。
なんで日本の喫茶店はもれなく、あれなの?!
牛乳がいいのに!!
百歩譲って、コーヒーはともかく、紅茶はミルクでしょう?!

機内はほぼ満席。
隣に座ったイタリア人男性(中年)と仲良くおしゃべりして時間つぶしをしました。

イタリアはボローニャの出身で、3人兄弟の上二人(自分と弟)はイギリスと
オランダに移住、妹だけが母親のそば(ボローニャ在)だそうです。
日本へは出張で、名古屋でコンフェランスがあり、接待されまくったそうな・・・。
うらやましい!

     「しゃぶしゃぶ? あれ、美味しいねぇ」

     「お刺身も美味しかったよ~!本物の寿司も美味しいね」

     「温泉も気持ちよかったよ~!着物の女性もきれいだったー」

う~む、正統派の接待だのぅ。主催者はオッサンだろうな・・・。(--;
イタリア人なのにイギリス居住で食生活はどうですか?と聞くと、「無問題!」
ですって。・・・へぇー・・・。
イタリアの地元のワインとか、懐かしくならないのか?との疑問にも、「いや
ビールあるし!」とのこと。イ、イギリスナイズド(←ん?)されすぎ?!

ただ、クリスマスだけは母上の元で集まるのは避けられないらしいです。
しかし、今や教会へは母親以外は行かないそうです。カトリックの総本山なのにねぇ・・・。

このおぢさん、歴史と建築に詳しくて、ヴィンチェンツアのパッラーディオ様式の話とか
トリノのバロック建築についてとか・・・ヲタク話で盛り上がりました。笑


映画もロクなのやってなくて、眠ったりしてる間にHeathrow空港に着いて。

機長アナウンスで、地上の気温が29度と知り、あぜんぼーぜん。。。。。。。。。
ま、寒いよりはマシなんですけどね。

暑い中、お待たせしちゃったN子さまと合流して、レンタカーを借り出しに。
レンタカー屋が一日10ポンドの追加でフォルクスワーゲンをBMWに替えてくれると
申し出て来て。
N子さんが8ポンドに負けて!と値切ってくれたので、BMW(スポーツ仕様)です♪

111101-6.jpg

なっかなか、ハンサムな子ぉでしょ?!
名前はBillyです。Miriamと私の命名です。笑

さーて、一路、naokoさん宅へ!!

| UK_2011 | 01:35 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |