2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■BeaumarisのB&B(2)

2010/6の旅行記より。

前回の続き。
北西WalesのBeaumarisで泊まったB&Bについて。

夕方、ぶらぶらと町へ観光しに行き、帰って来ると家の扉が開けられず
(イギリスには多いのよ!玄関錠が激しく開けにくいのが!!)
居間にいた他のゲストが開けてくれました。

中部Walesからやって来たという、JohnとLin夫妻。Linの姉のEleanor。
年の頃は70~80代といったところ。
しかし、元気元気!!
矍鑠としてる・・・。

特にEleanor(長姉)とLin(その2人下の妹)姉妹。
Eleanorは長く、学校で教師を勤めたそうで、知識欲は旺盛だし、
口癖は「~~教えてくださらない?」だ。
妹のLinは農家に嫁ぎ、家政を取り仕切り子育てをし、今は夫や孫の
世話で手一杯だそうな。

なぜにこの3人がアングルシー島に来たかというと、親戚(姉妹の妹)の
お見舞いなんですって。

ぴーちくぱーちくやかましい(笑)姉妹とは反対に、Johnはおっとり、
我関せずではないけれど、求められた時にだけ口を挟むという夫ぶり。
・・・逆に言うと、求められてもいないのに口を挟んではいけないのかも
しれない・・・。^^;
※あ・・・今考えると、この人も「John」だわ。「John」は私の守護天使。笑

このおばあちゃまたちとの会話がおもしろくて。
Eleanorは生涯独身で、学校の先生。
妹は農家の嫁。子供の頃入れられたボーディングスクールを含めて、勉強が
大嫌いだったそうな。
逆にEleanorは勉強好き。「あなたったら、あんないい学校に入れてもらった
くせに、キライだったの?!」と驚いてましたけど・・・。

Eleanorの名前を聞いたとき、「あ、Eléanor d'AquitaineのEleanorね」と
言ったら、「なんでそんな古い英国史を知ってるの?!」と驚かれてしまい
ました。
いや、普通知ってるでしょ。れ、歴女だからじゃないわよっ!
日本で習う「世界史」って、西洋中心主義だし。ぶつぶつ。

面白いことに、LinとJohn夫妻の苗字が「Tudor」。
チューダー朝のファミリーネームですわ。
しかも、彼らが住んでる住所が「Hampton Close」。
テューダー朝のヘンリー8世が居城とした宮殿と同じ名前。笑
Eleanorによると、Tudorというのは元々ウェールズ人の名前なんですって。

宿のご主人のだんな様がカーディフまでスポーツ観戦に行き、今夜はマダム
だけという話が出た際。

私が「男はしょせん、いつまでも子供。私は女子大学で学んだけれど、女子は
まじめに勉強するコツコツ型が多く、男子は怠け者が多いけれど閃きは彼らの
方が上だった。でも少なくとも中学くらいまでは男子は女子の足を引っ張る存在
だから、男女別学が良い」という話をしたら、学校の教師だったEleanorは
「たしかに男子は落ち着きがない。性差は大きく、影響する。私も男女別学が
いいと思う」と同意してくれました。
Linは「それじゃあ、出会いがないじゃない!」と大反対でしたけど。^^;

楽しく歓談し、それぞれの部屋へと下がりました。

ここでちょっとした英国式悲劇が・・・。
わたくし、お風呂に入ろうと思いましたの。
立派なタブもありますし、シャワーは別に付いているので、まずは
シャワーを浴びて、それからゆっくり浸かろうと。

101112.jpg

こういうクラシカルなカランってかわいいですよね。
この家ではトイレタリーはすべてRHSと提携の【BRONNLEY】で統一
していました。
ハンドソープはハイビスカス、

101112-3.jpg

バスフォームは時計草。

101112-2.jpg

んで、じゃぶじゃぶとお湯を溜めてる間にシャワーを浴びませう。

101111-13.jpg

クローゼット型のシャワーブース。

101111-14.jpg

扉を開くと、プラスチックガラス戸があります。
入って、給湯器を捻る・・・・ひね・・・る?(点かない)

えっ、なんで?(゚д゚;)
タブにお湯を溜めてると、こちらのお湯が出ないとか??
あわててお湯を止めて、再度シャワーを捻る。出ない。

ええっ、なんでなんで?! エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

半裸でウロウロ。
あーでもない、こーでもないといろいろ手を尽くすもわからず。

仕方がないので、意を決してバスローブを羽織り、階下のマダムに
聞きに行こうとそろそろ階段を下りるも、人の気配がしない。。。
あ・・・もう寝てるのね・・・。<23時頃

ど、どうしやう?
あわてちゃだめ、冷静に考えるのよっ!!
今までも何度か、こんな目に遭ったことあったよーな・・・。


           ピンッ

101112-17.jpg

これ、コレ!!<緑の枠線内のヒモ

これ(=換気扇のヒモ)を引かないから、給湯器が稼動しないのよっ!!
大当たり。
これにてようやくお湯が出ました・・・。(;´Д`)ホッ

あー疲れた。
あーしんど。
こういうトラップ(罠)があるから、英国って奥深いわ・・・。

明けて翌朝。

101112-6.jpg

そんなもろもろがあったなんて、ちらとも見せずに(笑)朝食室へ!
朝が早い老人たちはすでに半分食事を終えてます。

101112-7.jpg

かーわいいカラフルな食器!

101112-9.jpg
101112-10.jpg

この絵はなんでも前の持ち主が描いたもので、有名な女流画家さんらしいです。

101112-8.jpg

シリアル類、ヨーグルト類、フルーツ。好きなだけ取って。

101112-11.jpg

席に着くと、おばあちゃまたちの会話攻撃。^^;
いい人たちなんだけど、食べる暇がなくてよっ

101112-12.jpg
101112-13.jpg

イングリッシュ・ブレックファストも飽きるだろうと言って、マダムが
サーモンクリーム&ベーグルにしてくれました。
おいしいけど、スモークトサーモン、ちょっち苦手・・・。

ちなみに、これが翌日のイングリッシュブレックファスト。

101112-14.jpg

・・・ま、フツー。笑

最終日の朝食後はみんなで写真を撮りました。
仲良くなった記念に。

101112-15.jpg

この2階が私の部屋。

101112-16.jpg

現在、Linとは文通友達です。笑
Eleanorとはメール友達!

私が中部Walesで泊まった宿と同じ村近くにみんな、住んでるのですって。
ドびっくり。
次回はぜひ、うちに泊まりに来なさいと姉妹に両腕を引っ張られました。
「ベッドは売るほどあるわよ!」とはLinの弁。
うう・・・。

みなさん、お元気で!
スポンサーサイト

| UK_2010 | 19:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■BeaumarisのB&B

2010/6月の旅行記より。

いよいよ、北Wales本土を立ち、北西Walesの島Angleseyへ。



これより2日間お世話になるBeaumarisのB&Bです。
ここ!!
本当に良かった~!!(^▽^)

101111.jpg

目の前は海!
でも、塩分濃度の関係か、潮の匂いはさほどではありません。
パステルカラーのおうち。
一見、【Georgian様式】?と思って聞いたらなんとなんと。
ずっと古くて、【Jacobean様式】なんですってー。
1610年築。
古いっ!!

元々は修道僧運営のホスピスで、そのときの名残のラテン語のモットー、

   “ここに入りたる者へ平和を ここを去る者に健康を”

が残されてます。
後に税関になったり、海峡を繋ぐサスペンションブリッジである
Menai Bridge建設時には設計者のThomas Telfordが滞在した
そうな。

101111-2.jpg

天気がいまひとつで残念。
庭も小さいけれど、とても良い感じです。
好きなものだけ、植えまくった素直な感じが良い。笑

感じの良いオーナーのLizさんに招き入れられ、さっそく私の部屋へ。
2階の、海に面した[TAPESTRY]というお部屋です。
ちなみにシングルユースで一泊65.00GBP(≒9,500円/宿泊時レート)。
ダブルユースだと95.00GBP(≒15,000円)。

101111-3.jpg

広いッ!!!
今まで泊まった中で、最高に広いです。。。
こ、ここに一人?

101111-4.jpg

巨大なひと部屋(25畳くらい?)はダブルベッド、ソファセット、
巨大なクローゼットなどが置いてあっても、スーツケースを広げるのに
困らないほど。
冬場は寒いかもですね・・・。

101111-5.jpg

ベッドサイドの鏡台も使いやすいし、かわいい!

101111-6.jpg

窓からは海。
そして、その背後には北Walesの雄大な山々。
この窓の手前がすべて、ウィンドウシートになっているのです。
ここもまた、すごく気に入りのポイント!
※だがしかし。夜になると、シェードを一つ一つ手動で下ろして回るのが
 面倒くさかった・・・。何しろ窓は5つもあるので!

101111-8.jpg

暖炉前には定番のスタッフォドーシャー・ドッグたち。
おお、赤毛のアンだわ。
火の粉避けもかわいい犬の刺繍。
難を言えば、巨大クローゼットが部屋に合わせてペパミントグリーン
に色を塗り替えたばかりらしく、ペンキ臭が残っていて頭が痛くなった
ことくらいかしら?

101111-9.jpg

ベッドリネンも完璧。
清潔でクラシカルで、文句のつけようがないわ・・・。

101111-7.jpg

コージーな一角にはお茶セット。
もう、もう、何も言うことはないよ・・・。
一人だとちょっと寂しいのが難点(?)なくらいだーっ
※今気付きましたが、バスケットの右隅に日本の茶缶がありますね?!

そうそう。
ここはバスルームも紹介しなくては。

101111-10.jpg

部屋とバスルームの間は分厚い壁廊下になっていて、この壁が1m
くらいあります。

101111-11.jpg

これが、この家の古さを端的に表していると思いますね。
城壁並だわ。
ここを抜けた先がバスルーム。

101111-12.jpg

バスタブ、洗面台、トイレ。
あれ、シャワーは?(キョロキョロ)

101111-13.jpg

む・・・これか!!

101111-14.jpg

バーンと開くと、シャワーブースになっています。
そして、これが後にイギリス式悲劇(後述)を巻き起こすのであった・・・。

荷物を置いて、部屋の探検をして、洗面手洗いを済ませると
階下からマダムがお茶が入ったわよ~と呼んでくださる。

101111-15.jpg

こちらが客用の居間。廊下の反対側がオーナーのプライベートな居間。

101111-17.jpg
101111-16.jpg

なんというか、とっても落ち着く~!!
モダンでアーティスティックなんだけど、ノスタルジックな匂いが
するの・・・。
上品な老婦人の感じがするの。←じぃちゃま・ばぁちゃま好き
(※マダムは50代そこそこの若い方)

101111-18.jpg

私の部屋の真下なので、当然正面は海!(と庭も見えます)

101111-19.jpg

二人でお茶しながら、Beaumaris観光について、また宿の歴史について
お話を聞く。
ここのマダムもとってもいい人!
博学ではないけど、一生懸命あれこれ考えて教えてくれるのよ。

笑えたのがだんな様の話。
この日、彼は不在で。
なんと、カーディフまでサッカーだかラグビーだかの応援で遠征
だそうで。
奥様、大呆れ。
「ばっかじゃないのぉ」てなもんです・・・。

101111-20.jpg

庭に出ると、この景色。

101111-21.jpg

ヨットにディンギー、クルーザー。
なんて優雅なのぉおおおお!

101111-22.jpg

とりあえず、私のB&B選択眼に誤りはないのだわ!(確信)

| UK_2010 | 19:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Television

唐突ですが、渋谷を通りすがる途中で突然思い立ってTVを買った。
自分の部屋用。

101105.jpg

我が家の家電はパ●ソニックが多いのだけれど(当然、リビングの
大型TVもP社のプラズマTV)、これは●ャープ。

101105-2.jpg

ジャケ買いならぬ、デザイン買いですわ・・・。
白のフレームの、シンプルな形態の、日本のメーカーの商品が欲し
かったの。
最近、家電売り場では怪しげな中●製やら韓●製のが多いけれど、
先祖代々右派なわたくしの家ではそれは不可なので。

で、結果はと言うと。
外見はいいけど、性能は今ひとつ~。
よくスペックを見ないで買ったけれど、これ、IPSパネル使用の液晶
じゃなくて、TN方式の液晶パネルなんだね。。。

どうでもいいけど、それってTV用かい!?
PC用の間違いじゃーないのーーーぉ???
視野角的にはマズイの一言だわ。

でもいいの。
自分が座る真正面に据えつけたから。どうせ私一人しか見ないし。

やっぱり、筐体はダサいけど●ナソニックにすべきだったかしらん?
ううー。

ちなみに、

≫ Read More

| UK_2010 | 01:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。