| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■Canons Ashby

2010/5~6月の旅行記より。

View map of NN11 3SD on Multimap.com
Get directions to or from NN11 3SD


妖怪雨女、もとい、優しいnobukoさんとドライブがてら、【Canons Ashby】へ。

見る見る、雨雲が・・・!!
そして思わぬ障害あり。

通常、naokoさん宅からだと1時間強で着くはずなのですが、この日は
高速道路がたいへんな大渋滞!!
まぁ、5月末の週末。
しかもBank Holiday(≒日本で言う祝日)で3連休。
学生のハーフタームも関係していたのかもしれません。

1時間10分くらいの旅路のハズが、2時間強かかりました・・・。

      ありえないって!!(ーー;

しかもお天気が今ひとつ。

でも車内ではおしゃべりに花が咲き、わたし的にはちっとも退屈せず。
nobukoさんは思ったより遠くてしんどかったかもしれない・・・。
なにせ彼女はシティーガール(@死語)なので。

そんなわけで、たどり着いたらすでにお昼はとっぷり過ぎておりまして。
まずは小腹を満たそうと、カフェへ。

100714.jpg

ええと、今になっては何のスープだったらか・・・?豆、かな?
寒かったので、温まった記憶があります。
しかも、チーズスコーン付き。
ちゃっかりnobukoさんに奢っていただいたりして

お腹を満たして、いざ、John Drydenゆかりの屋敷へ!!

100714-2.jpg

屋敷はNorthamptonshireにあり、ドライデンが妻Elizabeth Copeを通して
手に入れたもので、16世紀のエリザベス朝およびジャコビアン様式です。
拙いながらも味のある壁絵とか、ジャコビアン風の漆喰天井とか。
階下の生活(台所など)も垣間見られてなかなか面白かったです。

残念ながら、今手元に資料が何も無いんですよねー。
購入したガイドブック含め、本の類を船便で5袋(!)送りましたが、
いずれも未着なのです。
いったい、いつ届くのさ?!<Royal Mail

とりあえず、イギリスの一時代を代表する作家の居宅という観点からも
歴史的建築物という観点からも、何より庭好きにとっても興味深い
屋敷です。

100714-3.jpg

さて、内部の見学を終えて庭へ。
花壇に咲けるは・・・・・・・・・・・・・・チューリップ?!
しかも、最盛期をちょっと超えた程度の生きの良さ。

えっと~~~・・・。
もう6月なんですけどぉおおおお。

100714-5.jpg

このトピアリーはなんだか、日本の石灯籠のようだわ。
絶対、ジャポニスムの影響を受けてるよねっ?

100714-4.jpg

こちらは巻きみたいじゃないですか?!
・・・なんて、おバカなことは置いておいて。

100714-24.jpg

偶然だけど、nobukoさんのネックレスと同色~!色?
紫色の、リラの花。

100714-30.jpg

小山のようなデカさ。

100714-11.jpg

白いリラ。
他にも薄ピンクだったり、モーヴ色だったり。
リラってたくさんの種類があるのですねぇ。
そしてみんな、大きい。。。
広大な庭を持ってないとムリっぽ。

100714-6.jpg

庭の前に広がるのは牧草地。
牛さんが放牧されていて、ハーハーで仕切られています。

100714-7.jpg

塀の上から眺めていると、逆に仔牛にジーーーっとガンつけられました。
な、なによっ?

100714-12.jpg

牧草地と屋敷の間の門の前にも牛さんがわらわらと。
オジさんと牛の交流。ほほえましい。

100714-13.jpg

知ってます?
牛が3頭で、「ひしめく」(=犇く)っていうんですよー。
まさにそんな感じ。

100714-14.jpg

裏庭に回ると、彫像あり。

100714-15.jpg

不思議な形のトピアリーあり。
これっていったい何の形なの・・・?
私にはドングリに見えますが。
或いはコマ、とか?

100714-16.jpg

さて、ここで屋敷を出て、今度はドライデン一族のプライベートな教会へ。
ここは元々、Augustinian修道会系の小修道院だったんですって。
HenryⅧの修道院解散令のせいで、極一部分しか残存していませんが。

それはともかく、御大であるジョン・ドライデンは有名人の墓所たるロンドンの
Westminster Abbeyに埋葬されております。
ここにはその他の一族の方が埋葬されているに違いない。(けど、誰が?)

100714-17.jpg

うーむ。
Sir Robert Drydenとありますねぇ・・・。
「1703年8月に76歳でこの世を去る」。
ということは、1627年頃の生まれ。
ジョン・ドライデンは1631年生まれだし、彼は長男だから兄弟ではないわね?
誰だろ?従兄とか?

100714-18.jpg

これはドライデン家の紋章。
左の掌を見せてるところと、ヒトデっぽいのが面白い。

100714-19.jpg

こちらのブラスには碑文がなかったよーな?
誰なんでしょ?

100714-20.jpg

しかも、紋章に掌が追加されてない。
ドライデン家の誰かであることは間違いないけれど・・・。

うーむ。こんなとき、ガイドブックが手元にあれば!!

天気も悪いし、寄り道しないで帰ることに。(←正解)
行きはひどい渋滞でしたが、帰りは大雨に悩まされました。
高速道路走行中に、突然の土砂降り。
前の車の車輪も見えないわ、白線も見えないわ、そりゃもー怖い怖い。
減速の指示が出たって、周りの車はなかなか守らないし。
みんながスピードを出してる中、減速スピードを守るのは却って危ないし。
でもスピード違反取られるのはイヤだ。
TomTomのキヨシが「スピード出しすぎ!」だと警告しまくる。

なんとかnaokoさん宅へたどり着き、みんなでR-sanの美味しい夕食を
堪能!!

100714-21.jpg

まずはビール&エールね。

100714-22.jpg

なんていうソースなんだっけ、これ?
伝統的なお料理らしいです。
お肉もよーく煮てあって柔らかく、ソースはカリフラワーがあっさりと。
いくらでも入っちゃうのよ。怖いわ。。。

100714-23.jpg

デザートはアイスとブルベリー!

美味しくて、お肉はいくらでも入ってしまうし。
もちろん、エールも飲んじゃうよね。
んで、デザートも当然食べるでしょ?!

この食生活でスリムさを維持するんだから、すごいわぁ。<naokoさん
それだけ、ヘアドレッサーという仕事が気を張る証拠だとも言えるのかも。
ちゃんとした食事でパワーを付けないと、人と相対することはできないです
よね・・・。

食後、就寝部長のR-sanを横目に、翌日のランチパーティの仕込を女3人で
しました。明朝はR-sanに厨房に入れてもらえまいとのことで。
私とnobukoさんでみょうがサラダ作成、naokoさんはケーキ作成。

お庭が見えるキッチンは環境最高!<R-sanの陣地?

nobukoさんと仲良く枕を並べて眠る。
翌日はR-sanのサンデーローストや!!楽しみ~
スポンサーサイト

| UK_2009 | 20:08 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

十字架

今年のイギリスも、【Virgin Atlantic(VS)】航空で。

100713.jpg

5年くらい乗った【British Airways(BA)】の質の悪さ、サービスの無さに辟易して以来、
この航空会社一辺倒です。
その甲斐あって?、来年と再来年は無料でイギリスへ行けます♪うふ。

VSは路線は限られているし、近年では安いとは言えないんですけどね・・・。
それでもBAに乗るくらいなら、VSに乗るわ!

※実際、BAは同時期にストを行っていて大変だったみたい。
 選ばなくてよかったー!

直行便だと2度寝すれば着いちゃう距離です。<11時間くらい
激マズの機内食と、楽しくない機内エンタメを楽しむべし。

100713-2.jpg

通路側が空いてなくて、やむなく選んだ窓際。
たまにはこんなのもいいかもしれません。

≫ Read More

| UK_2009 | 20:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歩こ~ 歩こ~♪

2010年5月の旅行記より。

本日はお昼前に駅でnobukoさんを拾う約束。
それまでのフリーな時間に、naokoさんRさんの住む町の散策へ!
Rさんとnaokoさん合作のあやしげな・・・立派な地図を持って。

昨日の晴天とは打って変わり、雨雲、もといnobukoさんが近付いて来るのを
予感させるような曇り空。。。しかも寒い!!

下は長靴、上はしっかり着込み、傘まで持って出発。

100705-2.jpg

麦畑。
その脇にはこんな小道。

100705.jpg

ネトルの花も(見てる分には)かわいい。

100705-3.jpg

左に折れると【Footpath】の表示が。
迷ったけれど、この日は天気も悪いので市道を行くことに。。。

100705-4.jpg

なんちゅうか、立派なお宅にはもれなく立派なお庭が付いているものね。

100705-5.jpg

高そうな木が植わってます。笑

100705-9.jpg

黄色いのはLaburnum anagyroides。
別名、Golden rainともGolden chainとも言います。日本名はキバナフジ?

100705-8.jpg

それにモンタナ系のクレマチスをクライミングさせてる。珍しい組み合わせ。

100705-7.jpg

今回の旅行中、とてもよく見かけたのは上記ラバーナムとこれ。ライラックです。
私の旅行シーズンではいつも終わり近くになってるハズの2種なんですが、今年は
春が遅かったみたいで、軒並み開花時期が1ヶ月遅れてる感じ。

100705-6.jpg

こでまり。
葉っぱが斑入りなのが変わってるかなぁ。

100705-10.jpg

送電所か何かの標識。怖すぎ。

100705-11.jpg

Commonと呼ばれる原っぱの広場の一角にある、Parish church。
※場所は伏せますが、こちらは地名にもある通り国王の直轄地だったそう。
 国王RichardⅢが近くにある宮殿に滞在し、狩に使っていたそうな。

100705-16.jpg

なんていう石なのかな。イギリスでは比較的あちらこちらで見かける、このスタイル。
こういうちょっと装飾的な(脆そうだけど)石を壁にみっちり使ってます。
この教会はVictorianなので、あんまり古くはなさそう(せいぜい150年くらい)。

100705-12.jpg

中もアッサリした感じ。
公民館的な使い方もしてるようです。

ちょっと面白いなーと思ったのはこちらのステンドグラス。

100705-13.jpg

よーっく見ると。

100705-15.jpg

エロイカ(c)池田理代子。っぽい。

100705-14.jpg

こっちのはアラベスクのミロノフ先生(c)山岸涼子。っぽくない?

なんか、人物が少女漫画っぽい。(^^;
イケメンすぎるでしょ、これ・・・。

100705-17.jpg

墓地に回ると、(<墓碑を読むのが趣味の一つなもので・・・)

100705-18.jpg

なんとBluebellが群生してました!!(@@;
驚いたのは墓場に・・・ってとこじゃなくて、もう6月にもなろうというの
花盛りだってことに、です。
本来、これって春の花だから。
どんだけ遅れてるんだ、春が?!

イヤーな予感・・・。
私のお目当ての、薔薇はもっと春が進んでないと咲いてないもの・・・。
イギリスでは初夏の花なんだから。
ということは、今回は薔薇の蕾とばかり出会うのか?!
一番キライなパターン!!(><)

100705-19.jpg

き、気を取り直してVictorianの元小学校。
ここの壁もあの石だわ。
ヴィクトリア女王のジュビリーを記念して作られたとかなんとか書いてあったかも。

100705-20.jpg

その横にはすてきな感じのPub。
naokoさん曰く、味はいまひとつらしい。。。残念!

100705-21.jpg

キジの風見鶏。

100705-22.jpg

Royal CipherがGR、すなわち国王George V(1910-1936)。古い方ですね。

100705-23.jpg
100705-24.jpg

煉瓦屋敷。
坂を下っていくと右手にPubとCafe。

100705-26.jpg

その斜向かいに中古車屋さん。

100705-25.jpg

KIA・・・?
聞いた事のないブランド。
これってどこの国の車?
なんか、ローバーと日本車をパクったような車体が多いこと。
※W杯の広告に出てましたねー。お隣のS●uth K●reaかぁー。

100705-30.jpg

そうそう、この木も満開でしたわ。どこもかしこも。

100705-31.jpg

Chestnut Tree、セイヨウトチノキ。
馬栗とも呼ばれる、美味しくない実が生る木です。
イギリスでは子供の遊びで【Conker】というのがありますね。
日本だと掃除がたいへんだけど、こちらの人は落ち葉や実を掃除する文化がない
から、そんなこと気にしないであちこちに植わってるのかもしれない。

そろそろ散歩も出発点に戻りつつあります。

100705-28.jpg

naokoさんが「小さい方のガーデンセンター」と呼ぶ園芸店へ。

100705-29.jpg

おお、やっぱりGunnera Manicataは売ってるのね。(^^;
なぜか知らないけど、イギリス人はこのエキゾチックな植物がお好きよね。
他にもモミジとか、珍しいPhotiniaとか売っていたっけ。。。
日本で売ってるのより、相対的に値段は高いような気がする。

100705-27.jpg

2時間近くうろついて、出発点のクレセントロッジングに戻る。
不思議なカタチの建物よねぇ。
外側は通りに合わせて円形で裏側は直線なのだった。

ここの右端にお肉屋さんがあって、Rさんはそこで立派な牛ブロックを
買ってきたらしいですよ。
すごい人気店で、ちょっと突っ立って見てる間にも続々と人がやって来る。
土曜だってのに。

これは明日のランチ、期待できるなぁー!!
食材良し、シェフの腕良し、ですからね。


雨がぽつり、ポツリ・・・。
きっと、御大(=nobukoさん)が近付いたのね!!
お迎えに行かなくては。

| UK_2009 | 23:23 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Rさんの手料理(チキン!)

2010年5月の旅行記より。

Heathrow空港から小1時間のドライブ。
今晩から3日間お世話になるnaokoさんRさんご夫婦のお宅へ到着!
いま時分のイギリスは日が長く、19時を回っても昼のように明るい。

シャイなRさんとシャイなワタクシ。
お互い、微妙に間合いを計りつする・・・笑。

naokoさんはお仕事だったため、お帰りになるまでRさんが接待役という因果を
背負わされてお気の毒でした。

とりあえず(?)、引越されたばかりの今年1年目のお庭を見せていただいて。
順調なキッチンガーデンの仕上がりと、これから期待されるお花の鉢植とか
隣家のライラックとか、ふだんblogで見せていただいてる写真の現物を今、
目にしている不思議とかを感じつつ・・・言葉(英語)にならない。笑

100704-2.jpg

料理がお上手なRさんからの餌付け第一弾はチキン!
私、チキンって脂っこいイメージがあってやや苦手だったのですが、このチキン
の煮込みはすごーーーーくすごーーーく淡白であっさりしていて、それでいて、
肉の旨味が含まれていて、とてもとても好み!!でした。トマトが効いてる。

100704.jpg

おかわりしちゃったもん。笑
美味しくて。
美味しい料理が作れる人は奥深い人だと思う。
尊敬するわ、本当に。
エールも美味しかったですよぅ。
(後で飲んだnaokoさんには不評?だったみたいですが・・・)

ご飯食べて小1時間くらいする頃、naokoさんを迎えに駅まで。

100704-3.jpg

21時前くらい?だったかなぁ。
ようやく薄暮が迫ったプラットホーム。
何本か通り過ぎたり停まったりする電車。
ロンドン方面からやって来た電車が停まり、吐き出される乗客。
けっこう降りる人、多いのね。と、そこへ、背の高いあのシルエット・・・。

        naokoさんだ!!(^▽^)/ヤホー☆

キャーっ!!
1年ぶりですが、あいかわらずおしゃれでスラっとされてることよ。。。
アシンメトリーなボブが似合ってる!

きゅいーんとおうちへ取って返し、naokoさんもRさんの美味しい晩御飯を
もりもり食べる。naokoさんって、ご飯を食べるのが男子並にスピーディ。
マジックみたいよ。早業すぎて。

以下3点は知らぬ間に(?)私のカメラで撮影されていた写真群。

100704-4.jpg
100704-6.jpg
100704-5.jpg

にゃおこさぁん・・・・(;一_一)

翌日はnaokoさんはお仕事。
Rさんは日曜のガーデンパーティの仕込み、nobukoさんが私のお相手をしに
ロンドンからやって来てくれることに。
天気だけが心配・・・。
晴れておくれ~~っ

| UK_2009 | 23:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新車!

2010年5月の英国旅行記。

そろそろ始めましょうか。

20100703.jpg

今回はレンタカー見比べサイトで最安値だった、【Europcar】にてレンタル。

100703-2.jpg

私の大嫌いなアメ車、FORDのZOTEC1.6。

    「えっ、アメリカ車?!
     これじゃイヤだ、もっと小さな車がいい!
     (だって私一人しか乗らない)
     日本車もしくはドイツ車のコンパクトタイプにして~!」

と言い張ったが、レンタカーオフィスの姐さんは、

    「ぜったいいい車だから!
     あなた、郊外じゃなくてウェールズの山に行くんでしょ?!
     だったらこれくらいパワーがあるのがいいから!!」

と押し切りました。
思うにEuropcarには日本車は少ないと見た・・・。
安いレンタカー会社だもんね。ちっ、アメ車か・・・。燃費悪いわ、パワーも疑問よ。
しかも、姐さんに免責0にする保険をゴリ押しされ、いつもは入らないんだけど
これほど勧めるには何か理由があるのだろうと思い、渋々入りましたよ。
1日8ポンドもよぶんにかかるのよ?ぷんぷん。

100703-3.jpg

ぶつぶつ文句を抑えつつ、車を見てみると。
なんと新車!!
なるほど、それでか!!<保険のゴリ押し
(※結果的には入ってて正解。・・・後日レポりますが、事故ったもんで・・・)

100703-4.jpg

8mls(≒13km)しか走ってないんですよ?!
すばらしい。
車内も臭くない。
シートもきれい。
(もちろん、外装の傷はちゃんと確認しましたが)

100703-5.jpg

今回、GPSもオプションで付けてもらいました。
TOMTOMくん。
これが賢くて、役に立ちましたよ~~。
もう、こいつが居ないと運転できない身体に・・・。

日本と違って、よほどの都会でもない限り、道はシンプルで本来こんなGPSは
要らないんですがね。
やっぱり一人旅の場合、運転しながら地図を見るわけにもいかないから。
これは本当に助かるアイテムです。
しかも、携帯型なので、町の散策の時でも使えますし。

し・か・も。

日本語選択も可能なんですよぅ!!
naokoさんの旦那様、Rさんが日本語設定にしてくれて気付きました。
(それまでは欧州語しか使えないと思い込んでました)
Rさん、さんきゅー!

語学選択オプションは多彩で、例えば英語だとしても、UK英語、アメリカ英語、
アイルランド英語、ニュージランド英語、オーストラリア英語なんかがあり、
それぞれ男女の声質が選べます。

日本語は残念ながら、男性ヴォイスのみでしたが・・・。
名前も付いててね、彼の名前はキヨシ
メガネをかけて七三サラリーマン風プロフィール。

運転中、キヨシと会話する怪しい日本女子。
キヨシはシャイなので、なかなか写真を撮らせてくれず。
(・・・ぶっちゃけ、撮り忘れたんす)

ざんねん。

100703-6.jpg

キヨシは撮り忘れたけど、最終的な走行距離はご覧の通り。

     1331mls-8mls=1323mls(≒2117km)

2000km超え~~!(@@;
けっこう移動したなぁ。実質10日間なのにね。

と、いうわけで、naokoさん宅へれっつらご!
雲は多いけれど、お天気最高な5/28なのでした。

下りの高速、すごい混んでた~~。
イギリスの高速で渋滞って、私はあんまり経験ないのでびっくり。
Rさんとの摺り合わせの時間もあったので、ちょっとビビったですよ。

| UK_2009 | 22:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。