| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

■Eremo di Santa Caterina del Sasso

2011/4のイタリア旅行より。
本日はマッジョーレ湖に面したLeggiunoという町の近くの、
Santa Caterina del Sasso】という庵へ。
こちらはB&Bのマダム、一押しの物件。



110711-2.jpg

こちらの創建は、Alberto Besozziという富裕な商人が湖を渡っている最中に
嵐に見舞われ、この湖岸で一命を取り留め、以来、こちらに庵を結んで生活を
始めたことに由来しているそうです。(12世紀ごろ)

110711-3.jpg

彼はエジプトの聖カタリナに捧げる教会を建築し、直後に聖ニコラス、聖マリアの
教会も建てさせています。

110711.jpg
※一人で写真を撮っていると、頼まないのに撮影を申し出てくれる人多数。<さすがイタリア!

その後、ドメニコ会修道院、その後はカルメル会修道院となったそうな。

18世紀の初めには、5つの巨石が教会の天井に落ちてきたものの、奇跡的に
さほどのダメージを与えず、1910年まで崩落した石をそのままにしていたんですって。
まさにおおらか(?)な、イタリア的エピソード・・・。

このエピソードがゆえに、<del Sasso>という名が付いたそうです。
その意味は、「踊る石」。まんま、ですね・・・。ひねりナシ!

110711-4.jpg

この回廊の右上方に【Memento mori】を表したフレスコ画があります。

110711-5.jpg

<司教と死神>
聖職者といえども、死は免れない。

110711-6.jpg

<学者と死神>
賢者であっても、永遠の命はムリ。

110711-7.jpg

<兵士と娼婦と死神>
いい気になっていると、すぐそこには死の鎌首が待っている。

110711-8.jpg

<修道僧と死神?>
ちょっとわかりづらいなぁー。

110711-9.jpg

これはなんの職業の人かしらねぇ?
女の人に・・・赤ん坊に・・・男性・・・医師?
わからないけど、思い切り首絞められてますなぁ。

110711-19.jpg

中庭には大きな木製の機械。

110711-20.jpg

ワインやオリーブを絞ったものだそうです。

110711-10.jpg

奥の礼拝堂へ進みます。ミサの準備中。邪魔しないようにそっと見物。

110711-11.jpg

天井に穴が開いているのが見えますか?
あれが例の、巨石で壊れた部分じゃないかしらね?

110711-12.jpg

こちらが、創健者のAlberto Besozzi氏です。

110711-14.jpg

こういうフレスコ画って、まるで日本の寺社仏閣の縁起絵巻みたいですね。

110711-1.jpg

110711-15.jpg

110711-16.jpg
110711-17.jpg
110711-18.jpg

ここから、再び300段の階段を登って駐車場へ・・・・・・・・・・。
足弱の方のためには、エレベーターがありますよ~!

110711-21.jpg

カフェで水分補給。
暑いわ、しんどいわ。

ふーっ

ちなみに、こちらは現在ヴァレーゼ市の運営でして、見物料はゼロ円なり!!

| ITALY_2011 | 19:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥深きイタリア

イタリアで見かけた、「?!」なモノ。

110626.jpg

すごい色合わせだ・・・。
これはイタリア・・・っちゅーか、国外の観光客かもね?

110626-2.jpg

豪雨と信号で渋滞中に見掛けたもの。

110626-3.jpg

2回目をこすったけど、クマさんは消えなかったわ・・・。

| ITALY_2011 | 01:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■イタリア湖水地方のB&B(3)

2011/5のイタリア旅行記より。

最初のB&Bの話題が続く・・・。
恒例の(?)、朝食紹介シリーズです!

110625-2.jpg

朝食室。
このお宅、なにげに古いのです。
18世紀の町屋で、この朝食室はいにしえには「キッチン」でした。
天井はヴォールトになっていて、古色蒼然としています。床石も古い。

110625-3.jpg

つまり、この暖炉で煮炊きしたわけです。

110625-4.jpg

このサイズの暖炉は古い家特有ですね。
時代と共に、暖炉はどんどん小型化していきます。
燃料も薪ではなく、石炭へ変化していきますから。

110625-5.jpg

でも、なんと言っても薪の暖炉が一番好き!!
わくわくしますよね?
火を見ているだけで・・・。

110625.jpg

壁をくりぬいたところは一方はシンク風に使用したもの。水抜き穴が開いていました。
壁にはマンドリンやリュートなど、古楽器が飾られています。

110625-6.jpg

白猫Mimiのご飯も暖炉の脇に用意してありました。
マダムによると、男の子たちがMimiのエサも食べてしまうので、彼女の分だけ
みんなとは場所を違えてあるそうです。
(それでも後で、別のオスが食べに来ていましたが・・・)

110625-7.jpg
110625-8.jpg
110625-9.jpg
110625-10.jpg
110625-11.jpg

この子、かわいい~!!
なつこい~!

110625-16.jpg

こいつ。
こいつはハイエナボーイ。Mimiのエサを横取りに来ています!

110625-17.jpg
110625-18.jpg

でもこの子もなつこくてめんこい~~!!

ひとしきり猫と遊んで。
まずはパン。

110625-12.jpg

山盛り。
コーヒーやミルクはステンレスポットに入っておいてあります。

110625-13.jpg

ハムやらチーズやら。

110625-14.jpg

それにマダムお手製のタルト。

110625-15.jpg

お腹いっぱいだって!!(×_×)

こんな朝食を食べていたら、とてもじゃないけれどランチなんて入りません・・・。
ましてや、日中は暑いし・・・。

続いて、2日目。

110625-20.jpg

お約束のパン盛り合わせ。

110625-21.jpg

ヨーグルトも食べちゃう?

110625-22.jpg

お、多い・・・。これ、一人分なの?!

110625-23.jpg

ケーキを食べると、夕方まで何も入りません・・・。

110625-19.jpg

マダムのコレクションの瓶。
私もボトル好き。

この、ゲスト用のダイニングの横に、マダムたちのキッチンがあるのですが、
ここに入れ替わり立ち代り、朝ごはんを食べに寄って来る友人知人が多い!!

私もコーヒーを手に参加させていただきましたが、哀しいかな、語学力の不足
ゆえ、なぜ村人がこんなにも朝っぱらから立ち寄るのか、その理由がわからない。

まさか、朝食を提供するBAR代わりになってるとか?!
B&B兼、朝食サービス業??
それとも、まったくの好意で朝ごはん食べさせてるの?
この土地の風習?

・・・あああ、まったくわからない。(もやもや)

1日目はお留守だった、マダムのダンナ様にも会いました。
山男だった・・・。アルムのおんじ、みたい。
その英語はドイツ語訛りがきつくて、なんだかよくわかりませんでした。笑

でも、みなさん、日本の地震や津波、原発問題を心配してくれてました。
なんでも、イタリアで近々、原発の是非を問う国民投票があるらしいのです。
彼ら曰く、「あの日本で、あれほど制御不能になるものを、このイタリアで維持管理
なんてできるわけがない!」という意見が多数のようです・・・。
ここでもベルルスコーニはものすごい不人気でした。彼の地元、ミラノにも
程近いのに。

TVで「フクシーマ」と聞くとちょっとドキッとする、そんな日々でした。

≫ Read More

| ITALY_2011 | 19:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■イタリア湖水地方のB&B(2)

2011/5のイタリア旅行記より。

Brissago ValtravagliaにあるB&Bのお庭をご紹介します。

110623.jpg

鉄の門扉の先に、庭はあります。

110623-3.jpg

椿。

110623-2.jpg

納屋には薔薇が這い、左手に伸びる緑が何かわかりますか?
なんと、キウイ棚です。
死ぬほどたくさん実がなるそうですが、マダムはお好きじゃないらしく、ほとんど食べない
そうです。じゃあ、なぜ植えたのだ・・・??

110623-4.jpg

ガゼボ。

110623-5.jpg
110623-6.jpg

日本庭園を意識した池。
・・・子供さんにはちょっと危険かも。一面を水藻が覆ってるので、池と地面の
見分けがむずかしい。

110623-7.jpg

アザレア。

110623-8.jpg

これは勿忘草。
マダムの説明によると、イタリアでは(この地方では?)「私を忘れないで」という名前
ではなくて、「私を忘れてください」というらしいです。←ホントか?!

110623-9.jpg

野菜畑。
おしゃれポタジェではなく、本当に実用的な野菜畑です。
田舎のおばあちゃまの家のような雰囲気。

そして思ったのは、イタリア人って日本の植物が好きなのね、ってこと。
(このお宅の庭だけではなく)
名札が付いているものには「~~ジャッポーネ」的なものが多いです。
感性が近いのかしらん?

おまけ。

≫ Read More

| ITALY_2011 | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■イタリア湖水地方のB&B

2011/5の旅行記より。

マッジョーレ湖東側の山にある小村、【Brissago Valtravaglia】のB&B



Laveno観光を終えてB&Bに戻ると、宿のマダムがいました。(やっと)
彼女曰く、英語を話すムスメがBFとイースター休暇でパリへ行ってしまったそうで、
カタコト英語同士で和やかに(?)意思の疎通を行う我々。

110622.jpg

建物は18世紀のもので、とても大きいです。

110622-2.jpg

門扉から急勾配の小道を上がったところ。

110622-3.jpg

藤棚の下にはブランコ式のベンチ。

110622-4.jpg

最盛期を過ぎてしまい、藤の落花がすごいことに。
藤の良い匂いがします。

110622-5.jpg

この左の扉の区画がB&Bになっています。

110622-6.jpg

村は建物が立て込んでいて、遠くに山が見えますね・・・天気がよければ。

110622-7.jpg

このお宅の【Persiana】(よろい戸)。

110622-8.jpg

「おっさん」の「マドモワゼル」。←誰か正式名称を教えてください!!

110622-9.jpg

奥が裏庭へ続くアーチ、左手がお庭。
バルコニーがロメオとジュリエット風。

110622-18.jpg

こういう雰囲気、イタリアっぽいですよねぇ。

110622-10.jpg

私の部屋は2階。
ここがベッドルーム。

110622-11.jpg

古めかしいキャビネット。

110622-13.jpg

2階の窓下には裏庭のこでまりが見えます。

110622-12.jpg

それから、バスルーム。
そして・・・

110622-14.jpg

じゃじゃーーん!!

110622-15.jpg

なんと、キッチン兼ダイニング兼リヴィング。

110622-16.jpg

ここも独り占めしていいって・・・。
どんだけ、太っ腹なの?!

ウェルカム・ティーを用意してくれるというので、階下のマダムのキッチンへ。
非常に雑然としつつも、落ち着く空間でした。手製のクッキーも素朴で美味しい。
HPの写真にも出ていますが、こちらのマダム、たいへんシャイな感じでとつとつと
お話になる。
猫が3匹も4匹も現れ、猫好きの私は狂喜!!
猫とマダムと私でまったりんこ。

その間にも近所の人と思しき方々が入れ替わり訪れてきます。

110622-17.jpg

夜はここでお湯を沸かしてカップめんで済ますことに。
だって、お腹空かないのですもん。。。

ちなみに。

≫ Read More

| ITALY_2011 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT